今年も遅ればせながら

a1380_001123_m

3月30日、月曜日。福岡の最高気温は、22℃。

 

朝は、放射冷却のせいで、まだ少し肌寒い感じもするけれど、日中は、ポカポカしていて、汗ばむくらいの陽気。川沿いに咲く、桜の花もほぼ満開。

 

菜の花は、絨毯のように、大地をびっしりと埋め尽くし、すべては春一色の装いです。春は、目に映る物、すべてが眩しくて、自然にテンションが上がって参ります。(笑)

 

それに加え、明日、明後日は、久々のお休み。
青空が拡がり、今年の初釣りを楽しむには、最高の釣り日和です。

 

今日こそは!

仕事を終えると、そそくさと私服に着替え、夜、久々に釣りへと出かけた。

 

約4か月ほど、ポイントを訪れていなっかった訳だが、車を走らせていると、あちらこちらの場所で護岸工事が行われていた。3月の年度末にもかかわらず、相変わらず、河川の工事は進行中のようだ。

 

思い浮かんだ場所を消去法で消し込んでいくと、やっぱり手っ取り早く釣れると思われるのは、ナマズ釣りの鉄板というべき堰下。

 

ところが、どういう訳か、どの場所にも、ナマズが付いていません。
1度だけ、しょぼいバイトがありましたけど、あとは沈黙。他の堰下も周りましたが、やはり反応はイマイチ。

 

通常、活性が上がってくれば、堰下に集まり、結構な割合で喰ってくるのですが、今は、そこまではない様子。流れがある分、多少、水温が関係しているのかもしれない。

 

選択を変え、今度は、ほとんど流れのない緩やかなポイントを狙ってみることに…。月明かりの中、水面には時折、小さな波紋が幾重にも拡がっている様子が目視で確認できる。

耳を澄ませば、バフバフ!!  なにやら捕食音が聞こえてきます。

 

いるいる!!

どうやら間違いはなそうです。

DSCF3573

HEDDON: CHUGGER  SPOOK

 

1投目。川の中央へ、チャガーをキャストし、捕食音を立てながら、リトリーブを始める。

 

すると、ルアー後方から、「モワッ」

 

もじりが起こったと同時にいきなり水面を割って、激しいバイトが炸裂。

バッシュ-!!!

高速でローリングしながら、必死で抵抗する。

 

岸際まで、寄せても、最後の悪あがきか、後ずさりするような、激しいヘッドシェイクを何度も繰り返す。ようやく、手元までたぐり寄せた後は、一気にごぼう抜き。

 

DSCF6318

今年の初釣りは、ポッコリとお腹が膨れた、50クラスのナマズくん。

DSCF6313

やっぱり餌は、しっかり食べているようですね(笑)

朝晩の冷え込みを考えると、今はまだ、こういった場所の方がいいのかもしれません。堰下に付近で釣れるようになれば、ハイシーズン到来でしょうか。キーは、遡上してくる、これからの雨。

 

今年も遅ればせながら、ナマズ釣りを再開します。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

「今年も遅ればせながら」への2件のフィードバック

  1. 今年の初ものおめでとうございます。
    私は先々週の暖かい日の夕方に行ってきました。
    その時もやはり活性が低かったので、1匹のみで
    終わってしまいましたが、今週当たりの雨上がり
    が本格シーズンの幕開けとなりそうです。

    1. iさま

      いつもコメントありがとうございます!

      ここ九州でも、朝晩の寒さが一気になくなりました、まとまった雨も降り、全国的にもナマズの活性は軒並み上がっているんじゃないでしょうか(^^)
      河川はどこも、いい感じで、コーヒー色に濁っております。デイゲームが楽しめそうです。

      川とみれば、電車の中でも、車の中でも、座席から身を乗り出して眺めようとする鯰屋たちの行為は、世間の人からすると変態だと思われるふしがあるので、この時期はお互い注意が必要です(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です