ナマズ料理 関東編 

IMAG0112

先日、東京に出張へ行った折りに、埼玉の吉川へ立ち寄りました。吉川と言えば、鯰がシンボルの街。

駅ターミナルには、黄金色の鯰モニュメントがあり、親子並んで温かく出迎えて頂きました(笑)

今回のプランは鯰料理がメイン。

せっかく来たんで遠征がてら鯰釣りも同時に楽しんでも良かったんですけど、やっぱり関東は、九州に比べ、とにかく人口密度が多くて移動だけで疲れるんですよね~。交通機関がすべて鉄道なもんだから歩く事ばっかりで(笑)

来る度に人酔いしてしまい、いつも気力が無くなってしまいます。やっぱり九州の田舎と比べると都会はこんなにも違うんだなぁと改めて感じております。

そんな感じで、今回は、無くした気力を養う為にどうしてもビタミンが必要でした(笑)

 

IMAG0110

さて、今回、お邪魔したのは、400年の歴史を持つ、川魚専門店の「糀家」さん。

吉川という街はさすがに鯰がシンボルの街だけあって、いくつも鯰料理を取り扱っているお店があります。

色々、調べてみるとこちらのお店が吉川の中でも1番の老舗のようです。食べるなら、ちょっと贅沢にしようとこちらのお店を選んだ次第。

外観からして、ちょっと敷居が高そうなイメージでしたので、一人で入るには、ちょっと不安でしたけど、案ずるより産むがやすし。

「あの~、一人なんですけど~、予約も入れてませんけど~、お食事頂けますか~?」

「はい、どうぞ~お上がり下さい」 こちらの不安も裏腹に、お店の方が親切に対応して下さいました。

IMAG0103

 

IMAG0105

IMAG0106

ロビーには、色々な展示物があり、もちろん鯰の置物も。廊下には、大きな鯰の絵がかけられています。でっかい絵です。墨で描いたような感じです。

IMAG0102

通されたお部屋は、和のテイスト満載で高級感漂う落ち着いた雰囲気です。なんとも心地よい空間です。

IMAG0080

IMAG0084

さて、今回、頂戴した料理は「なまずの天ぷら御膳」

内容は、小鉢、たたき揚げ、なまず天ぷら、ご飯、汁物、香物、デザート。

やっぱり、長い歴史があるからなのでしょう。1品1品の料理に洗練された趣があります。

IMAG0087

まずは、なまずの天ぷら。つゆに付け、サクサクのころもをかじると、「うまっ!!」何とも言えないジューシーな味わいが口の中に拡がります。

IMAG0088

お次は、たたき揚げ。ナマズの肉を団子にして、カラッと上げております。表面はパリッとしていますが、中は、旨みが凝縮していて濃厚なお味。天ぷらとは、またちょっと違った食感です。

IMAG0086

それから、コレ。何だと思います? 鯰の卵だそうです。結構、コクのある深い味。これはお酒にもあいそう。酒好きなら絶対クセになります。

IMAG0091

それから汁物。もちろん鯰が入っています。これは、ナマズって言わないと絶対分かりません。食が益々、進みます。

IMAG0100

最後はデザート。さすがにナマズは入ってません(笑)

料理は2200円なので、お昼にしては、ちょっと贅沢なランチでしたが、貴重なナマズ料理が堪能できて至福のひとときを過ごすことが出来ました。

まだ数軒、ナマズ料理を提供するお店があるようです。地元の人は、いつでも行けるから、かえって食べに行かないかもしれませんね。

出張で、また新たな楽しみが出来ました。

次回も機会があれば、訪れてみたいと思います。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です