Paste your Google Webmaster Tools verification code here
福岡 川釣り日和

九州のフィールドを通して、ナマズ釣りの情報を発信します

春分の日

久々の投稿ですが、今日は少し真面目な話しをしたいと思います。

 

ニュースでは、連日、「コロナウィルス」の報道一色で、世界中では、とうとうコロナウィルスの感染者が23万人、死亡者が、本日で1万人を超えた。

 

確かに感染者の増加は、我々市民にとっては大変な死活問題なのだが、しかし、本当に心配なことは、この不安を引き起こしたことによって、世界的な金融クラッシュに繋がっていくかもしれない不安が世界中で拡がっていることだ。

 

もう数年前から、経済や研究者などの有識者の間では、Nダウや日経平均の株価が実態経済から大きく乖離しており、リーマンショックを超える市場崩壊が起こるのは、時間の問題だと警鐘を鳴らされていた。

 

米・中の貿易戦争を皮切りに、経済が冷え込みはじめ、ドイツ銀行をはじめ、国内でも農林中金、ゆうちょ、みずほ、などのメガバンクをはじめ、身近な地方銀行まで低格付け社債、ハイイールド債、CDS、CLOなどのジャンク債を大量に抱える。

調べてみれば、恐ろしいことに世界の3分の2は日本が保有している危険な状態。

 

 

国内メガバンクを筆頭に、地方銀行までもが自社存続の為、格付けの低い商品に投資運用している。これから本格的に暴落していくかもしれないという国民の不安指数が最大値に達している中で、今のところ、これらの不安要因に対して明るいニュースは一切聞かれない。国内の地方銀行は、すでにいくつか事実上の破綻をしている事が、より一層、国民の不安に拍車をかけている。

 

米国のFRBや日銀などは、市場危機を延命させるため、連日の異常な資金投入による金融緩和政策。中国経済も明るいニュースは、一切聞かれず、コロナウィルスがトリガーとなって、世界経済の崩壊に向けて、ゆっくりと歩みを進めてゆく。

 

一昨年くらい前だろうか、身近な人たちには

 

『数年うちに社会経済が悪くなってくるから、早い時期から会社依存の体質から脱却して、これからの人生や生き方を考え、自立していく必要があるよ』

 

と伝えていたけれども、ほとんどの人は、正常化バイアスが働き、今まで通りの生活を続けている。

 

「自分には関係ない」

 

日々の生活に追われ、今までゆっくり考える余裕さえ与えられず、働かせられてきたバブル時代の弊害に他ならない。

 

長い間、会社に依存してきた自分もそうだったが、特に私の回りにいるサラリーマンやサービス業に従事する人たちは、会社・人への『依存体質』の人が多く、「会社が何とかしてくれるだろう」という考え方が根強く、起業家に比べ自立した人が極端に少ない。

 

「言われないと分からない」

 

「自分で考えられない」

 

自分の人生なのに、自ら考えようとせず、すぐに他人へ相談し答えを求めようとするのは、戦後のGHQ教育や、メディア洗脳により、思考や想像力が失われた影響だと主張する専門家も少なくない。

 

衰退していく、日本。。

 

これらの事象に興味がある方は、是非、『シオンの議定書』を読んでみて欲しい。

 

 

 

なぜ世界中で戦争が無くならないのか。

 

なぜ、一部の人達たちだけが裕福で

 

なぜ貧困が無くならないのか。

 

真実は分からないが、それを裏付けするかのように世の中が、この本の内容通り進んでいる事が何とも恐ろしい。

 

タルムードを経典にし、世界を動かす闇の勢力が存在し、、

 

そして我々は、ゴイムと呼ばれる。。。本にはそう書かれている。

 

ゴイムである一般庶民は「人間ではない家畜の群れ」と位置づけている。

 

 

 

メディアの情報だけを信じている人は、世間の常識を疑って、今一度考えてみて欲しい。

 

 

毎日、朝早くから行列でドラックストアに並ぶ人たち。

 

マスメディアの情報に流され、マスクを手に入れる事だけが、唯一、不安を解消できると妄信する、行列で並ぶ大勢の人々。

 

今、私たちは、自分の意志で調べ、考え、行動をしなければいけない大変な時代に入っている。

 

これから1~2週間で恐らく、日本でもオリンピック中止か延期を皮切りに、非常事態宣言によって生活がさらに制限されると容易に想像できる。

 

各国の利権が絡んでいるだけに延期、中止の結論が遅れているようだが、恐らく、今後、ロックダウンされ、多くの企業が倒産し、失業者が増えるだろう。

 

これからの人生をどう生きるべきか。。。

 

待機期間中は、我々にとって、最も大切な時間になるだろう。

 

 

破壊と再生。

 

この世の中の社会構造は一旦、崩壊され、順次再生されるだろうというのが、一部の有識者の見解だ。

 

近い将来、金本位制になり、日銀やFRBなどの通貨発行権を持つ世界中の中央銀行が国有化され、デジタル通貨の発行、ベーシックインカムの導入、ブロックチェーン、AI、IOT、6G、ニコラテスラのフリーエネルギーなどが全て実現する、我々が想像もしない世界が訪れるかもしれない。

 

NWOの未来は、我々にとって素晴らしい世界となるのか、生き辛い世界となるのか。。

 

はたして。。。

今日は春分の日。

 

ぽかぽか陽気に誘われ久々に散歩に出かけた。

 

空を見上げると、ここ最近、頻繁に撒かれていたケムトレイルが無くなっていて綺麗な青空が拡がっている。

 

 

近くの小川には、ナマズが数匹、日向ぼっこをしている姿、土手には満開の菜の花が咲き乱れ、いよいよ春の訪れを告げているのが感じられる。

 

菜の花

 

未曾有の危機がいよいよ始まる。。

 

破壊と再生、、、

 

吹き荒れる嵐が早く収まり、今日のような温かい長閑な一日がいつまでも続いて欲しいと切に願う。

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


ナマズ釣りランキング

Total Views: 317 ,

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© 2021 福岡 川釣り日和

テーマの著者 Anders Norén