動きのパターン


ナマズを狙うルアーには、ペンシルベイト、ホッパー、スイッシャー、ノイージーなどのタイプがあるが、そのほとんどは、リーリングしただけでは動いてくれない。

そこで自分なりにアクションを演出することになるのだが、ペンシルベイトならお辞儀をしながら首を振るドッグウォーキング、ホッパーなら水泡とポップ音を出してスプラッシュ、というようにそれぞれのルアーの特有の動きを見せると効果がある。

動きのパターンは、十人十色でありケースバイケースでもある。広範囲をスピーディーにチェックしたり、一点集中的に狙うのもよし。

いずれにせよ、動きのパターンをいくつも持っているかで、ナマズゲームの幅は広がりもするし狭まりもする。

ひとつだけのパターンより、いろいろなルアーに挑戦する事で、魚の習性がよく分かってきて、ナマズ釣りが更に面白くなってきます。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です