躍動


昨日の福岡の最高気温は、21℃。久々にポカポカとした温かい陽気に、春らしい季節を肌で感じた。
時折、激しい風が吹いて、春一番が新しい季節の始まりを告げる。
この間まで、寒さで鯰の喰いも悪かったが、さて夜はどうだろう。

夜、仕事帰りに一時間だけ出撃することに。
この時期は、気温が大きく上がったり下がったり、朝晩の温度差が10℃以上と激しく、夜、鯰を狙うには、日によっては難しい季節かもしれない。河川のどの辺りを狙うとよいのか、正直分かり辛い時がある。

今年は、昨年に比べ、2~3週間遅れてのスロースタートのようです。
シーズン中は、流れ込みや堰などの両脇について流れてくる餌を狙って、ついていることが多いのだが、この辺りではまだ堰付近の場所にはまったくついていない。

しばらく探りながらキャスティングを続けた所、流れのきつい所よりも、ほとんど流れのないようなゆるやかな場所、特に護岸の際や、ゴミ、水草、葦の下などに、ついていることが判明。
姿見えなくとも耳を澄ませば、バフバフ聞こえてくるからなんとも愛らしい。

朝晩の寒暖の影響のせいで、流れがある所は、鯰たちには少々涼しすぎるのか!?これが正解かどうかは定かではないが、シーズン中によく釣れる流れ込みは、いまだに、もぬけの殻という状況が続いている。

そして、釣行の結果は…

バイトは、8回、そのうちバラシが4回、1キャッチ。

今回は、摩耗しているフックの交換を怠ったのが痛かった。

ナマズたちの多くがそろそろ流れ込みなどへ移動し、活発に動き始めることだろう。来週くらいから、気温も上昇か!?

 

春欄満

青々とした新緑が芽生え

桜が咲き乱れる頃、人も魚も植物も

すべてのいきものたちは勇躍歓喜し

躍動をしはじめる。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です