田舎

今年も早いもので、GWに突入。

この大型連休の間は、何処へ行っても釣り人が多く、ゆっくり釣りが楽しめませんから、今回は、ドがつくほどの田舎へ出撃して参りました。

 

舗装もされていない田舎の農道をガタゴトと車を揺らしながら、ポイントへ向かいます。

田んぼが一面に広がり、自然の景色を眺めることができるなんて、日本って国はなんていい国なんだろう! って思わずにはいられません。

 

沈む夕日を眺めながら、物思いにふけり、気がつけば出発して2時間が経過。家内からすると、「あんたも好きね~。そんな遠くまで出かけてナマズ釣りをするなんて!」とよく言われます。
釣りをしない人には、まったく理解できない話しのようです。

 

鯰人は、どんなに遠くても、その1匹を拝む為なら、努力は惜しみません(笑)


さて、車を降りて、ざっと河川を見渡すと、ナマズが好んでつく流れ込みと堰があります。最初は、ここをトップで狙いました。

 

 

水が流れ込む場所というのは、落ちパクのケースも多く、穴場中の穴場。

 

カップ系だと、流れが早すぎる所は、ルアーが立ち上がり、うまく泳いでくれないこともあるので、そんな場所では、ポッパー系が効果を発揮します。基本は、しゃくりながら捕食音を立てるやり方。

 

今回は、このポッパー系、3つのルアーを使用してみました。

川上から川下へキャストするパターン(ダウンストリームキャスト)
川下から川上へキャストするパターン(アップストリームキャスト)ではどう違うか試してみます。

 

普段は、川上から川下へとルアーを流すことが多いのですが、ナマズは、このような場所で落ちてくる餌を待ち構えています。

このパターンだとルアーを巻いては流し、巻いては流すという一連の動作によって、何度も同じ場所へ通すことができるメリットがあります。

 

また、水の音がうるさくて、人の気配に気がつきにくいので、遠からず近からずキャストできるような立つ位置が確保できるのなら、かなり有効だと思います。

 

川下から川上へ狙う場合は、流れの両脇にピンポインで落すか、川の流れに任せて流すやり方があります。これはあまり流れが早すぎる場所だと、ルアーに大したアクションがつけられないまま流されてしまうので、多少、ゆるやかな感じの場所がいいようです。

 

あとクロスキャストというやり方で、川を斜めに横切るやり方。これだと川の流れにすべて任せる訳ではないので、ルアーにアクションをつけることが可能です。

さて今回の場所は、排水口付近は、緩やかな流れなので川下に立ってキャスト。

捕食音を立てて、ナマズを誘い出します。

最初は、探りを入れる為にフラホッパーを投入。流れ込みの脇まで来ると、

ルアーを引きづり込み、1匹目がヒット!ガッツリ呑みこんでいました。



お次は、ルアーをチェンジ。ヘドンのチャガースクープを使用。新品で400円でしたから、確実に元はとれた(笑)


そして、ダブルダンサーで1匹。
次は、ナマズがつきそうな、これといったポイントがなさそうだったので、ジッターバグでローラーを掛けます。

ランガンです。

 

前半で6匹。出だし快調です。

 

後半は、別の場所へ移動して、再びナマズ狙いです。筑紫釣りブログ

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です