濁流のナマズを狙う 其の壱 


昨日の九州は、午後からどしゃぶり。
激しい音を立てて、雨が降り続け、茶色に濁った水が流れ、全てを呑みこんでしまいました。

さて、こんな悪条件の中でも、「ナマズがよく釣れる」というと、釣りをしない人には理解されないようです。
世間の常識からすると、まったく釣れそうにありませんが、魚からすると当てハマらない事も多い気がします。

今回は、そんな茶色に濁った濁流の場所を3箇所回ってきました。
まずひとつ目の場所は、ここ。

この段差のある所。ここに目が止まりました。

ここが波だっているの分かるでしょうか。写真ではイマイチ分かりにくいですが流れはかなり早い。キャストし、しゃくりながら流すという動きを連続で続けることで、何度もバイトがありました。日中なのでアタックしてきた瞬間に尻尾をハッキリと確認。


やはりココに数匹ついていました。

流れが強い場所では、カップ系では、引き波も起こせず、ルアーが立ち上がるなどしてしまいほとんど機能しません。


今回使ったルアーは、フラホッパー 1/4oz。こういった場所にはうってつけのルアーです。
流しながらシャクルというアクションでナマズを狙います。

流れが早い場所は、乗せる事が普段の時よりもかなり難しくなります。
どうも川の流れに阻まれナマズが標的となる獲物を捉えられ切れないようです。

 

ではどうすれば、ミスバイトを少なくすることが出来るのか…。

 

①フロントフックも必須
流れの早い段差のある場所についているナマズを狙った場合、半分割以上がフロントフックにも喰いついています。これは落ちてきた餌を待っている、つまり真下から喰い上げているためではないかと推測できます。

 

②ルアーのサイズ
流れが早い場所で乗せられないのは、色々試した結果、実はルアーのサイズも大きく関係している事に気がつかされます。

例えば今回使用したフラホッパーには、3/16, 1/4ozの小サイズや5/8oz、3/4ozの大サイズなどがあります。

自分は、大サイズを使いません。

なぜフラホッパーを1/4ozの小サイズ限定にしているのかというと、何よりナマズが呑みこみやすいサイズだからです。

 

③喰わせるタイミング
これは重要な要因のひとつです。
シャクってポーズ。このポーズの間を作ることで、食べるタイミングを与えて上げます。時にはロッドを動かさず、波に逆らって一定場所からルアーを動かさないようにする事も効果的です。

 

乗りにくい場所だからこそ、ナマズに獲物を捉える時間を与え、丸呑みを誘うことでストライク率を上げる必要があります。



バイトは、雨の降る量に合わせて、ますます増えていきます。

日頃、バイトがない場所も、大雨で増水すると顕かに一変します。

文面が少し長くなったので、次の更新で、2つ目の更に激しい河川で見たナマズの生態を紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です