濁流のナマズを狙う 其の参


最後、3つ目のポイントは、昨年、ジッタースティックを使い、夜でしたが9本釣れた堰下。

雨脚が少し収まりましたので、ラストを飾ろうと立ち寄ってみました。

ここは、河川の規模が大きく、川の流れはいちだんと凄い。水面から4mほどある場所なので、足を踏み外したら、激流に呑まれ一貫の終わり。

恐怖と闘いながら、まさに命がけのナマズ釣りです(笑)
滑らないように、細心の注意を払いながら、激流の脇をピンポイントで狙い撃ち。

やはり、ここにもいました。

連続で7匹ゲット! 完全に入食いでした。

流れが早いのも手伝って、かなり強い引きで豪快な釣りが楽しめました。

しかも、ナナマルが1匹とそれに近いのが2匹も。
腹がデカくて重いので、抜き上げも大変でした。





さて、今回の釣行は、昼間だけの釣りでしたが、3ケ所合わせて全12匹ゲット。
茶色に濁った川では、ナマズにとって昼も夜と変わらない状態なのかもしれませんね。
恐らく、こういった天候の日を選んで、ナマズの付き場をピンで狙えば、昼夜合わせて、20の壁は越えられると思います。

 

今回は、この大雨でホームにナマズが戻ってきたことが、何よりも大きな収穫でした。

結論から言うと、やはり濁流の中でもナマズはよく釣れます。普段より釣れることが多いくらいです。

実際、一日に一体どのくらいナマズが釣れるのか、釣り師としては、気になるところではないでしょう。

 

機会があれば、こういったよく釣れる日だけを厳選して、昼と夜合わせた長時間の釣りにもチャレンジしてみたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です