カバーにつくナマズ


釣りは、「季節」「天候」「場所」というのが魚を釣り上げる為の3大要因じゃないかと思っていますが、ことナマズ釣りに関しては、中でもこの「場所」が大きなウェイトを占めるのではないかと思っています。

堰下なんかは、ナマズの付き場としては、鉄板ポイントですけど、時には、ライギョ釣りにも被りますが、カバーに覆われた場所についているやつがいます。

これをトップで狙うとなるとウィードレスフックやフロッグフックなどを使用する以外、まったく手が出せないんですね。

ただフロッグフックの場合、最大のネックは、フックの先端が上向きの為、カバーなどに引っ掛かることを大幅に軽減していますが、それがもろ刃の剣で、同時にナマズのフッキング低下の大きな原因に繋がっています。

仮にバイトがあったとしても、小・中型のナマズだとミスバイトの連発にいささか嫌気がさしてストレスが溜まるかもしれません。

ただ、多少なりともメリットがあって、エリアによっては、このフロッグをしっかり呑みこんで、フッキングまで持ち込めるナマズは、必然的に大型のタイプに限られてくるケースが経験上多かったように思います。

鯰人の中には、カバーを避けて通る人が圧倒的に多い中、その裏をかいてカバー下についている、ナマズをメインで狙うのも、季節柄、楽しいかもしれませんね。

ひょっとしたら、ビッグナマズを手に出来るかも。

ただし、ミスバイトによるイライラとの戦いですけどね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です