価値観

もうかれこれ20年近く前、勤めていた会社のすぐ近くに二級河川が流れていて、仕事の帰りに、よく釣りをして帰っていました。

今、どうなってるだろう…。

先日、懐かしさも手伝って、いつの間にか車を走らせていた。

 

今と昔と変わらず、どの場所もロケーションだけは抜群。 ただし、釣れないことを除いては…。

 

近頃は、福岡市内でよく通った場所も、見かけ倒しで釣れない川に陥ってしまった。
それもその筈。一昔前にあった空前のバスブームで、あちこちのフィールドは、相当叩かれまくったから…。
私のブログでも、ブログ写真で何気なくポイントの雰囲気が分かるように載せたら、以前は、言葉を荒げて批判的なコメントが来ていました。

 

もう多くのアングラーに知れ渡った川でしたが、いまだに辛抱強くやってる人がいるからなのでしょう。
だいたいフナやコイ釣りだったら、ポイントを載せても問題は無いのに、なぜかナマズだったらあるのはなぜに(笑)

 

自分はここ数年、ポイントの開拓をどんどんやって、いつその場所で釣れなくなっても、別の場所で釣れるようにしているけど、これは「転ばぬ先の杖」。

 

先の九州を襲った自然災害のように、いつポイントが崩壊して釣れなくなるか分からない。それから釣りをする人は自分だけではない。ポイントの出入りは、管理釣り場ではない訳だから誰でも自由に出入りできるし規制もできない。モラルがある人もいれば、ない人もいるし千差万別。

 

この場所は、自分だけの場所にしておきたいなんて思いが、いつまでも叶えばいいけど、自分が釣りたい思いと同じように、釣り場所を求め、日々探し歩いている人も大勢いるから、そんな不安定なひとつの場所に固執して、いきりたって自分の願いだけを先行させてみようと考えても仕方がない気がしている。

 

もっと、羽を広げれば、ナマズが釣れる場所は、沢山あるんだけど、まぁ、それを察すると、家が近くだとか、移動手段がないとか色々な事情があるのでしょう。

 

誰もがよく釣れる場所を見つけたいというのが本音の所だろうが、釣れない川でこそ、釣れた時に値打ちがある! なんて価値観を持った者も仲間うちにはいるから世の中面白い。

 

みんな、いろいろな価値観をもって釣りをしている人が混じり合っているから、本音を語れば、ぶつかりあい衝突することもあるだろう。でも、そんな考えもあるんだなぁ…なんて、理解するしないは別にして、それに気づくことは、こんな混沌とした時代だからこそ、必要なことなのかもしれませんね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です