生存競争


今回は、御笠川での釣行です。

 

仕事の帰りに、ふらっと寄ってみました。まだ明るいうちに車を走らせ、日没に狙える場所を何ケ所か発見。
最近は、この川で釣りをしている人を見かけなくなった。

 

それもその筈。平成11年に、1時間に77ミリの豪雨を記録し、この御笠川が氾濫。博多駅では、1mほどの浸水被害が発生し、地下に取り残されて死亡者が出たり、増水で付近の民家が浸水するほどの大変な被害が出て、その後、急ピッチで護岸の拡張工事が進められました。

 

そのお陰で、少々、大雨が降っても容量が大きくなり、水害が出ることはなくなりましたが、先の極地的豪雨を基準に、川幅も広く仕上がっているので、普段は、底が見えるほど浅い状態。

 

見える魚を釣るということは、裏を返せば、魚も人の気配を敏感にキャッチしてしまう難しい釣りになってしまいます。
全般的には、昼間狙うのは、かなり難しい気も致しますが、それでも色々物色して廻ると場所によっては、夜だと十分狙える場所があるんですよねぇ。

 

そんな具合で、日が暮れてから狙いましたが。 しょぼいバイトや無音バイトの連発。いささか、魚にからかわれているかのよう。
何度もスカを喰らうので、これは、きっと小ナマズだろうと思っていましたが、ヒットしたヤツを見て、ようやくその正体がわかりました。

バスが2匹です!

 

このサイズだと、ナマズの方が断然引きが上ですね。相変わらずどこにでもいるもんです。
バスとナマズの共存。どちらに軍配が上がるかは、繁殖力からすると、おのずと答えは顕か。

 

それでも、バスとの生存競争で、ナマズ君たちには、是非とも頑張って欲しいところです。

今回は、ナマズが2匹ヒット。

 

トップウォーターでは、日本を代表する魚と言っても決して過言ではない鯰。 外来魚の猛攻に負けて欲しくはないと思うのは私だけではない筈。

 

最後に釣れたナマズ君に思いを託し、水面に消えゆく姿を眺めながら御笠川を後にした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です