晩秋


11月に入った。

 

付近の山々を見上げれば、紅葉はあざやかに色づき、晩秋の季節へと移り変わっていく様がよく分かる。

 

この辺りでは毎年のことですが、田んぼの収穫に合わせて、ホームの水が干上がってしまい、そのせいで、釣りの出来る場所が限られ、この時期いつも頭を悩ませる。

 

それに加え、今年は、秋に入ってから、雨がほとんど降っていない。秋の荒食いはいつも「雨」によってもたらされていましたが、大型河川で一極集中を狙う荒食いも、これでは成す術もない。

 

一端、河川の水が干上がると来春までは元に戻らない。一部のナマズたちは、水位があるいくつもの支流となる水路や小川へと潜り込み、それ以外の大半のナマズたちは、無くなっていく川の流れと共に下流へと下っていくようだ。

つまりは、今、釣りの出来るポイントとしては、一部に限られてくる。

 

 

11月ともなると、ナマズの活性もいよいよ下がり、何にもないオープンウォターで、やみくもに狙ってもかすりもしない。いままで釣れていた鉄板である流れ込みでさえ、今やもぬけの殻状態。

 

 

 

土地勘がない場所だと、鉄板ポイントにいない以上、一体何処で釣れるのかが、まったく想像できなくなる。幸いにも、足で稼いだ分、釣り場の地理にはかなり詳しくなったので、ナマズの居場所を探す上でイメージだけは膨らむ。

 

 

 

数日前、下見にいった時に、一箇所に沢山溜まっているナマズを発見。

流れのヨレに、冷たい水の流れを避けるようなナマズたちが集まっている。ベイトフィッシュも水の深みに溜まっていた。近づくと、気配を感じたのか、水面にたくさんのもじりが出て、あたふたと逃げ回るナマズたち。

確実に10匹以上はいる。やはり、こんな場所にいた。

小さな川のメリットは、ナマズの居場所を見つけやすく、結果が早いところに尽きる。

 

その場は狙わずに、時間を変え、夜出撃することに。

 

夜は、吐く息も白く、さすがにジャンパーを羽織って、完全武装で挑んだ。

 

ここ数日の冷え込みはきつく、恐らくは単発バイトだけで終わるのは目に見えているので、取りこぼしをしないようにルアーは、フラホッパーとジッターで、フックは新しいものに交換、サイズは、飲み込みやすいように、#6のサイズダウンにした。

 

バフッ!!

 

キャスト一発目からヒット!!

 

その後、たて続きにバイトラッシュ!!







今宵は、ラッキーなことにミスバイト0。全7匹

 

 

恐らく、これからますます寒さも一段と厳しくなり、そろそろフィナーレを迎える頃。

 

真冬でも釣れないこともないけど、やっぱり寒いからね。

 

今のうちに楽しんでおきたいものです☆彡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です