ナマズが釣れるルアー 其の五

ハトリーズ ダブルダンサー・メス

羽鳥静夫氏の手から生まれた「ハトリーズ」。名作と言われる様々なルアーを生み出し、オリジナル感が漂うデザインは、たくさんのルアーマンたちを魅了して止まない。でも一番の魅力は、ハトリーズ独特のこのフォルムとカラーリングではないだろうか。

ダブルダンサーは、なんといってもあの顔がたまりません。個人的にも、とても好きなルアーです。

湿った感じの重低音サウンド「ボワン…!」。このサウンドが、静まり返った闇の中でもナマズの高活性化を図る。

ロッドティップを軽くはじくように操作すれば、左右への移動距離の少ない左右の小刻みな首振り。連続リトリーブではその名の通り、水面下で泡を出しボディーをクネクネとローリングさせながら泳ぐ。

ナマズとハトリーズという組み合わせも、なかなか絵になります。

ヘドン チャガースクープ

 


トップウォーターの名品といわれる数々のルアーを生んできたヘドン。そのヘドン社の中で、1930年に登場して以来、今尚多くのアングラーに愛用され続けられているルアーが、このチャガースクープ。

実は、このポッパーと一括りにしているルアーの中には、2つの異なるタイプがあって、ポップRのような「スプラッシュ」とチャガーのような「捕食音」という音で大別できる。これらをまとめてポッパーと呼んでいるアングラーも少なくない。
ただ、この音の違いというものは、ナマズを狙う上で、反応にずいぶんと違いが出てくる。

実際の釣行では、仲間が発する捕食音と同じような音を立てるルアーの方が、水しぶきを上げて逃げ惑う小魚のスプラシュのルアーより、明らかにナマズの反応が上回っていた。


おやっ?仲間が餌を食べてる? 餌が近くにいる?

 

そんな仲間が発していると思わせる「捕食音」を奏でるルアーは、ナマズにはかなり効果的であり、ナマズの「食」の琴線に触れているのは確かなようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です