雷魚&ナマズ カバーゲーム

DSCF4280

ナマズ釣りをする場合は比較的、釣りやすい場所が多く、ほとんどの人がオープンウォーターでの釣りになる。

 

ただ、オープンウォーター以外にも、ナマズが着いている場所があって、そんな中のひとつに、水面がびっしりとカバーで覆われた所が挙げられる。

DSCF4282

地域環境の違いから、カバーでナマズ釣りをやったことがない人も多いだろうが、九州の場合は、クリークがかなり沢山あって、水面を覆うカバーの真下についているナマズが結構いる。

恐らく、雷魚マンが雷魚を狙った拍子に、フロッグでナマズが釣れることはあるだろうが、カバー下のナマズをメインにわさわざ狙う鯰屋さんはいない。ノイジー系ルアーをまったく使えないから、ほとんど敬遠してしまうんじゃないかな。

DSCF4284

王道をゆくジッターバグさえ、ここででは、まったく通用しない。

DSCF4287

逆に言えば、普段やらない釣りだけに、面白いナマズ釣りの体験が出来る訳だ。

frogバリスター バリフロッグ  

 

まず、使うルアーは、フロッグだが、カバー攻略はスケーティング。

 

ウィードレスフックは、上向きなので、カバーの上を滑らせながら、リトリーブを行う。

 

やっぱり、真下から食いついてくる時は、「ハブッ!!」と捕食音を立てて食いついてくるのだが、フッキングは、通常のシチュエーションより、かなり難しい。

 

ここで、丸呑みしてくれるナマズなら、大半が大きめのサイズになってくることだろう。

DSCF4289

雷魚とナマズが同時に楽しめるカバー狙い。

 

これは、かなり楽しめます。

 

namazu1

DSCF4275

今年のシーズンは、雷魚&ナマズのカバーゲームがマイブームになりそうです。

 

「雷魚&ナマズ カバーゲーム」への2件のフィードバック

  1. ヨダレが止まらない程のクリークですねw
    そちらの方のクリークは有名ですもんね!
    何かの用事でそちらの方に行くときは、絶対にバズーカに愛用のウィードベッドモンスター入れて、ABU6000番持参で行くつもりですw
    写真見てるだけで幸せな気分になります!
    愛知県も西部にはオイシイクリークが沢山ありましたが、かなり潰れてしまってます。
    自転車に乗って、水路めぐりしてた中学生のころ(25年くらい前)がナツカシイですw

    1. naokingさま

      コメント有難うございます!

      こちらのクリーク、九州では、かなり知られていますが、そちらの方にまで知られているんですね。知らなかった(^^)

      こちらも雷魚は、少なくなりましたよ。自分が中学生の頃は、相当数、生息していて、ハリソンスーパーフロッグやガルシアフロッグ、ヒックリージョーなんかでよく釣れていました。同じようにチャリで仲間とつるんで、長旅していましたよ。本当に古き良き時代でした(笑)

      今年は、雷魚をどうしても釣りたい! という釣り仲間の方がおられるので、その方の為に、現在、雷魚の生息ポイントを探索している最中です。

      個体数が少ないので、ナマズのようにはいきませんけど、どこかにパラダイスはある! と確信しております(笑)

      機会があれば、是非、その愛用のタックルで!

      お待ち申し上げておりますよ(^0^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です