水路の雷魚

DSCF4834

今回も再び、雷魚の生息するクリークに遠征。

 

 

やっぱり、カバーや水草が生い茂る場所というものは、見てるだけでも飽きませんね。

DSCF4831

 

なんでしょうかね。このワクワク感。

 

DSCF4835

何がいるか、何が釣れるか分からない、そんな期待感が込み上げてくる不思議な雰囲気を醸し出しています。

 

ただ、縦横無尽に広がるクリークから、雷魚が生息している場所をピンで探し出すのは、かなり骨が折れる。

 

う~ん、あれはコイだろうか…。

 

DSCF4836

 

水草のあたりから「ボシュッ、ボシュッ」と捕食音が聞こえるが、その辺りを凝視すると…。

 

でっかい背びれが見え隠れしている。   あ~、やっぱりコイだ…。

 

そんな事を繰り返しながら、2時間以上もこの付近一体を隈なく探索し続ける。

 

そしてようやく…。

 

どうも今までのものとは、あきらかに体つきが違う魚影を発見する。

 

DSCF4821

よくよく目を凝らしてみると…

 

水面下に浮いている魚は待望の雷魚!

 

よし、いたいた。

 

褪せる気持ちを抑えながら、足音を立てず、ゆっくりと身を屈めながら、一投目を投入。

 

DSCF4833

着水と同時に波紋が幾重にも広がり、それがおさまるまで、じっと待ち続ける。   着水の波動が伝わったのか…。

 

さっきまで向いていた方向とは真逆の進路を取り、水面に浮ぶフロッグに気づき徐々に近づきはじめる。

 

偏光のサングラスは、水面下のギラツキ感を抑えられるので、雷魚がルアーに近づいてくる一部始終が手に取るように分かる。

 

5m、3m、2m、1m…     ゆーっくりと、フロッグの目前まで魚影が近づいて来た。     食わせのタイミングを与えるよう、時折ポーズをとる。

 

 

喰え!   喰え!

 

 

いつもながら緊張する、息を呑む瞬間…。

 

 

…。

 

 

ボフッッッッー!!!!

 

 

 

今までの 沈黙を破り、激しい水しぶきを上げながら、ハイパワーでグイグイとラインを引き込んでいく。

 

 

弓なりにしなったロッドと格闘しながら、魚体に絡みついた水草と一緒に、一気に引き上げる!

 

 

よっしゃっー!!

 

 

陸へ上げた途端、激しく暴れた際に、ルアーが外れる…。

 

DSCF雷魚

ふぅ~   危ない、危ない。

 

強烈なバイトとは裏腹に、思ったほどデッカくなかったけれど

 

いつもと違うロケーション

 

 

水路での雷魚釣り

 

 

何とも言えない達成感があります。

DSCF4870

 
 
 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

「水路の雷魚」への6件のフィードバック

  1. やっぱり、雷魚はカッコいいですね!(笑)

    僕の実家は海しかないのでブラックバスや、雷魚は釣ったことないので憧れます(о´∀`о)

    その位のカバーでもやはり、雷魚ロッドを使ってますか?

    1. にしたく様

      いつもコメントありがとうございます(^^)

      近頃は、雷魚は当然の事ですが、バスもめっきり少なくなったように思います。
      休日の釣り人の多さときたら…。魚より多いくらいです(笑)

      あと、このくらいの手狭な場所なら、雷魚ロッドじゃなくとも十分イケますけど、目的がはっきりしているのなら、ヘビータックルをおすすめします(^^)

  2. こんばんわ。kzです。
    じつに臨場感ある記事解説だと。
    雷魚はドキドキしますよね!
    九州水路、素敵ですね。

    あっそうそう、ナマズ本?立ち読みしました。九州記事著者だったとは失礼しました。すげ〜

    埼玉、宮城は遠征圏内っすけどどうしても効率考えると秋田86潟かなあ^_^;

    1. kzさま

      いつもコメントありがとうございます!

      九州のフィールドは、ロケーションだけ見れば抜群にいいと思います。その景色を生で見たら、きっとよだれが出ると思います。
      でもあんまり期待しすぎると痛い目に合います(笑)

      埼玉あたりは、結構、アングラーが多いみたいですね。秋田も時々話しを聞きます。それぞれのフィールドもだいぶ違うんでしょうし。その辺りの情報があったら、また是非教えて下さいね~(^^)/

      1. こんばんわ。
        早速のレスありがとうございます。
        86はかれこれ15年くらいになります。っていうか、雷魚マンもどき時代からの通算ですが。
        秋田鯰人もいるみたく河川にはかなり魚影濃いらしいですが未経験です。限られた時間での遠征と現地天気の気まぐれが頭痛いとこ。家族でキャンプしながら例年でしたがバス釣りに集中できません。^_^;
        最後の楽園と86は言われた時代ははるか昔ですが、今だ連休は超満員です。新潟からはナマズ遠征者は皆無の感がありますな。埼玉川越は有名みたいですね。ダービーとかあるし。私は関東方面は無知ですが。

        1. kzさま

          再コメありがとうございます(^^)

          家族でキャンプ! これから夏休みにかけてのシーズンよさそう♪
          キャンプしながらの釣りはとても楽しそうですが、あれこれしないといけない事が多いから、きっと釣り自体はぜんぜん楽しめないでしょうね(笑)

          そちらもいろいろ面白い場所がありそう。

          遠征先で、パラダイスを見つけられたらいいですね~(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です