変わりゆく環境

Yabegawa2

先日、TVを見ていたら、九州、筑後地方にある矢部川の映像が流れておりました。

 

実はこの矢部川、ヤマメやアユ、オイカワ、コイなど様々な魚が生息し、ふだんは穏やかな流れの河川ですが、一昨年の北部九州を襲った記録的な豪雨で、その様相を一変させた映像が記憶に新しい。

 

付近の人たちは、その荒れ狂う河川の姿を見て恐怖を感じたという。

 

その時の水害で、地域に生息していた川魚のほとんどが激減する。

 

 

アユは、石についたコケを食べて成長するが、その石についたコケ自体が水害の影響を受け少なくなり、たとえ、稚魚を放流しても、餌が少ない故に、アユが育たないという。

 

また、アユと同じように、コイも激減しているため、地域の方々が放流しようと考えていたが、先のコイヘルペスの流行により、放流もままならず、漁業関係者が現状を嘆いている姿が映し出されていた。

 

この豪雨の被害は、この矢部川だけではなく、北部一帯の地域で起こっている。

 

DSCF3114

この辺りでも、一部の河川では、コンクリート護岸を破壊するほどの凄まじい勢いで押し流し、今でもその爪跡を残している。

 

あれから一年、いろんな場所で護岸工事が今も尚、続けられている。

 

工事がはじまっても、魚が保護されることはない。

 

残った魚を捕獲して、違う場所へ移す訳でもなく、魚たちが自ら居場所を探して移動するしか選択の余地はない。

 

先の豪雨でダメージを受け、さらに追い打ちをかけられるかのように護岸工事で居場所を失う魚たち…。

 

激減するのは当然の理。

 

わずが数年の間に、驚くほど変わりゆく環境。

 

自然災害に環境破壊が拍車をかける。

 

今年も梅雨に入りました。これからの気象状況がとても気になります。

当時の映像 ↑  2012年 九州北部豪雨

 
 
 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

「変わりゆく環境」への2件のフィードバック

  1. 初めまして。私は柳川に住み柳川で鯰を見つける日々を送ってます。いつも楽しみに読ませてもらってます。
    こちらは少しずつ復興してますがおっしゃる通りポイントが減ってきてます。が、釣り人の気持ちだけで復興を遅らせるわけにはいけません。複雑ですね。
    今後も楽しみに読ませていただきます。

    1. 鯰男さま

      はじめまして。コメントありがとうございます(^^)

      こちらの方も、今から10年以上前に、御笠川で河川の水が氾濫。博多駅周辺が1m以上浸かるような記録的な豪雨が発生し、その後、大規模な護岸工事が急ピッチで行われました。大雨に伴う増水時の水量を計算して川幅と深さが決まっているでしょうから、普段は場所によって、川の水が中央付近にちょろちょろとしか流れていないほど極浅になっているところもあります。

      「災害は忘れた頃にやってくる」とよく言われますが、先の災害を教訓に、今後は、同じような水量があっても想定内ですので、特に川の傍に住まわれている人々にとっては、安心した暮らしが出来ることと思います。

      人の生命や生活を守るか、生き物の生活環境を守るのか、どちらを優先すべきか…。
      自ずと答えは出ていますけど、やっぱり釣り人としては、複雑な心境ですよね

      鯰男さまの行かれる河川も早く復興して、魚がたくさん戻って来ることを願っております(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です