カバーゲーム ポカン釣り

カエル

明日は休み。仕事から戻り、室内の温度を計ると26℃。

あれれ??

 

ここ最近、外気温は、35℃を遥かに超え、不快指数は個人的には100%だったけれど、昨日はやけに涼しかった。

 

ここ九州へ台風が急接近するために、気温がかなり下がっていたようです。

やっぱり気温が10℃近く違うと、とても過ごしやすく感じられます。

 

 

好きな釣りに出かけるのでさえ、億劫なくらい厳しい暑さが続いていましたけど、これだけ涼しいと、元気さというか、残っている体力的な数値は、かなり違います。

 

テンションアゲアゲ。

そんな感じで、昨日、まだ雨も降らない、嵐が来る前に出撃してきました。

 

今回のポイントは、小さな水草の葉で覆われた水路。

 

 

前に紹介していましたポカン釣りの紹介です。ポカン釣りで使う本来の餌はカエルですが、今では、釣具屋さんに行けば、このカエルに似せたリアルなルアーがたくさん出でいます。

 

DSCF5315

一昔前だと、ヒックリージョーやハリソンスーパーフロッグ、ガルシアフロッグ、コーラモンのかえるくん、ダイワのブルフロッグetc…など色々ありましたが、近年では、中空フロッグによるカバーゲームが盛ん。

 

もともとフロッグのルアーは、ウィードにつくバスや雷魚など、通常のルアーでは手が出せない場所へ投入できるルアーとして開発され脚光を浴びたルアーですが、近年のナマズ釣りの傾向としては、その魅力に取り憑かれ、オープンウォーターでも使用する人たちがずいぶんと増えて来ているようです。

 

ただオープンウォーターなら、他のタイプのルアーで十分狙えるので、ここでは、通常のルアーでは手が出せない、カバーにつくナマズを限定に紹介したいと思います。

 

DSCF4870

フロッグ本来の真価を発揮するであろうポイントは、まさにカバー。

 

ただフロッグの欠点は、ウィード回避においては、とても優れていますが、それは諸刃の剣で、ターゲットのフッキングを低下させることにも同時につながっています。

 

特に捕食ベタなナマズには、ミスバイトが多発するので、フッキングだけ見ると使用するのは不向きなルアーですが、その反面、バイトだけ見ると、ナマズのルアーに対する感度は極めて高く、恐らく、対ナマズ用のルアーと言われるルアーと比べても群を抜いています。

DSCF4836

やはり、釣るためには、先にバイトありきじゃないでしょうかね。やっぱり反応があることが重要な訳ですから、カバーという閉ざされたエリアを狙う以上、ミスバイトは、やはり致し方ないような気がします。

 

さて、今回狙う場所は、とあるポイント。小さな水草の葉で覆われた場所です。水草の合間には、少々、隙間が空いています。

 

そんな場所へ、ポカン釣りの要領でフロッグを送り込み「ポチャン、ポチャン」と水音を立て、カエル特有のポーズを取りながら、ナマズにルアーの居所を伝えます。

 

最近、特に思うことですが、ラバースカートのあのヒラヒラ。

あれって、かなり優れもの。単なる飾りではないんですね。

ゆらゆらと水の加減で動き、ナマズの食の琴線に触れているのは確かなようです。

長く使っていくうちに、スカートをつけている、つけていないで、ルアーに対するナマズの感度が違ってくることを実感しています。

 

さて、そんな具合ですが、しょっぱなから、バイトのオンパレード。

どうやらルアーの繰り出す「音」と、カエルのシルエットがナマズの「食」の琴線に触れたようです。

manamazu1

manamazu2

manamazu3

manamazu4

 

manamazu6

manamazu7

manamazu8

manamazu9

manamazu10

manamazu11

フロッグは、フッキング率が極めて低いと言われるものの、スモールサイズのフロッグを使用すれば、丸呑みする分、フッキング率が若干上がる気がします。

 

ただ陸に上げた途端にルアーが何度もポロリと口から外れるケースがあったので、しっかりフッキングするのは、ナマズのコンディションとフッキングのタイミング、この二つが同時にうまく、かけ合わさった時のようです。

 

前の記事でも書いていますが、台風による気圧の変化は、ナマズの活性が軒並み上がります。フッキングミスを穴埋めするくらい、ストライク率を上げるなら、こういった日を選ぶといいかもしれませんね。

 

~Next  Time~

カバーの釣りに少々、くたびれたのもあって、次は、オープンウォーターへ移動。

自作ルアーは、ただただ引くだけのオートマチックルアー。

 

manamazu12

manamazu13

わすが2キャストで2キャッチ。

う~ん

こんなに簡単に釣れてしまうと、カバーなんて敢えて難しい釣りしなくてもいいんじゃないの?  と言われそうですが、

 

それでも、カバーゲームには、釣り人を虜にしてやまない魅力があると思うんです。

DSCF4833

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です