地獄の釜の蓋もあく

a0006_002386_m

お盆の季節ですね。

 

お盆に釣へ行くと言うと、おじいちゃん、おばあちゃんからは、【地獄の釜の蓋もあく】じごくのかまのふたもあく から行っちゃいかんよ。なんてよく言われていました。

 

川や海に近づくと「あの世に引きずり込まれるよ」と言うのです。

 

地獄の釜??  なんだそりゃ??  子供心に思ってたんですけど…。

 

その意味を調べて見ると…

 

盆と正月の16日は地獄の鬼でさえも罪人を責めるのをやめて休息するそうだから,この世でも仕事をやめて休むのが当然であるの意。

 

この世でも仕事をやめて休むって…(笑)

 

ちょっと、今まで自分が思っていた言葉の意味というか認識がなんだか違うようです(笑)

 

お盆は、亡くなった霊が戻ってくるだけでなく、いろんな霊があの世とこの世を行き来するとも言われています。

 

よく知られる精霊流し。この精霊流しを行う川や海などは、あの世とこの世の通路と言われているんですね。

 

「お盆に釣りをしてはいけない」というのは、殺生云々というより、お盆に川や海に近づくとあの世に引きずり込まれるから、川や海で遊んではいけないというところからきているんじゃないでしょうか。私は、そんな風に教わりました。

 

でも、せっかくのお盆休みですから~

 

当然、お墓参りもしますけど~

 

早朝から散歩がてら~

 

撃ってきました。

DSCF5706

 

おじいちゃん、おばあちゃん、ごめんなさい。

 

好きな釣りだけに、川へ近づかないなんて、それは土台無理みたい(笑)

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

 

「地獄の釜の蓋もあく」への2件のフィードバック

  1. 自分の地元は海に囲まれた小さな離島なのですが、5月に父が釣りの最中に海で亡くなりましたが僕は海が怖いとは嫌いにはなれずに週末帰るときには釣りをしようかなと思ってます。(彼女には大反対それましたが…)

    もちろん、ライフジャケットは着けようと思ってます!

    自分も釣りが好きなだけに、やっぱり釣りがしたくなりますね(笑)
    なんか、変な話をしてしまってスイマセン。汗

    1. にしたく様

      いつもコメントありがとうございます!

      釣りって、夢中になると、何もかも忘れさせてくれます。日頃のストレスなんか、釣りをすることで、吹っ飛んでしまいます。

      それが釣りの面白さであり、魅力じゃないかなって思うんです。

      けれど、時として、夢中になるあまり、危険なことも背中合わせ。だから、何かしら余裕を持ちつつ、楽しむってことが、とっても大切なんだなぁって、にしたくさんのコメントを拝見して今、そう感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です