カテゴリー別アーカイブ: コイ釣り

つがい

川

昨日は、少し時間が取れたので、裏の川へコイ釣りに。

当方、以前から腰の具合があまり良くない。

ルアー釣りをするより、椅子に腰かけてのんびり釣りをする方が楽チンなのであります。

なので、今しばらくは、このスタイルで楽しむつもり。

 

さて、昨日は、午後から気温も軒並み上昇。ただ、日差しは強いけれど、少し風が強いせいか、そんなに暑く感じません。とても釣りやすい釣り日和です。

 

ぽかぽか陽気に包まれて、しばらくうたたね。

気がつけば、1時間ほど、眠っておりました(笑)

 

川2

チリン! チリン! チリン!

 

沈黙を破り、いきなり竿先に付けていた鈴が鳴り響きます。竿を立てると、グイグイと強い力で、ラインを引っ張ってゆきます。

 

んん!?

 

しばらくすると、黄色い魚体が水面付近に現れてきました。

 

間違いありません。 コイです。60cmはあります。

 

ところが、その直後、ちょっと異様な光景が目に写りました。

 

必死にもがいているコイの傍らで、同じ大きさくらいのコイがもう1匹、河川中央から、足元まで引き寄せる間、ずっと、そのコイの周りをグルグルと周り続けます。

 

なぜか、その傍から離れないのです。

 

ひょっとして、つがい!?

 

つがいと言えば、仲のよい夫婦をおしどり夫婦などと例えられますが、

 

正直、驚きました。

 

なんと! 足元まで来て、タモで引き上げる段階なのに、その傍らのコイは、逃げようとしない。

 

まさか、野生のコイが人の姿を見ても逃げないことがあるなんて…。

 

コイ

人間や哺乳類のような夫婦愛があるとは、到底思えませんが、罪悪感のような、何か申し訳ないような気持ちが込み上げてまいります。

 

そそくさと針を外し、すぐさま、このコイを逃がしてあげました。

 

家に帰ってネットで調べてみると

 

蛇のつがいは、屋敷守りと言われ、「つがい」は、夫婦の絆的な、意味合いで語られることも多いようです。

 

魚などでも、子育てをする性質のもの、例えば、エンゼルフィッシュのようにペアを作って、他の異性を寄せ付けない、強い夫婦愛を感じる魚もいますが、コイの場合は、そんな記述が見当たりません。

 

長い間、釣りをしてきましたが、こんな経験は初めてでした。

 

不思議なことがあるものです。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村