鯰絵馬

 

少し前、5/12の西日本新聞の記事に

「鯰絵」奉納、最古の文書か 福岡市・賀茂神社 皮膚病治癒願う

という記事がありました。

 

「記事抜粋」
「ナマズの神様」として親しまれている福岡市早良区の賀茂神社に、国内最古となる「鯰(なまず)絵」奉納に関する文書が残っていることが研究者の調査で分かった。

 

江戸時代(1821年)の日付で、皮膚病の平癒を神社に祈願し、「成就したらナマズの絵馬をささげる」とする内容。

 

鯰絵は1850年代に頻発した大地震を受け、ナマズが起こすとされた地震を抑えようと全国的に流行した。近世の民間信仰の姿を示す貴重な資料として注目される。
 

とあります。

    

全国には「なまず神社」と言われる神社が数多くあるようですが、歴史資料を見ると主に「地震」「皮膚病の治癒」などの祈願が信仰対象のようです。

 

 

この「賀茂神社」は、福岡市早良区の賀茂に鎮座しており、その由来は、京都の賀茂神社の分霊社として創設されたと云われています。

建立は平安時代以前とのことで、非常に歴史がある神社です。

 

 

敷地は狭く、社殿も小さな神社ですが、地域の方々の参拝を集めており、当方も実際、この神社へ訪れたことがありますが、確かに社には、数点の鯰の絵馬がありました。

 

別ブログで以前記事を書いていた那珂川市にある「伏見神社」にもナマズの絵馬が奉納されていますが、恐らくは、この「賀茂神社」と同じように、村人たちの何らかのご利益によって、鯰の絵馬が奉納されたのだろうと推測されます。

 

川釣り日誌:那珂川町 伏見神社

 

 

ナマズは元々、遺跡などから西日本から全国に分布していった説があるようなので、鯰信仰が九州から始まったとしてもおかしい話ではない。

 

 

wikipedia参照
現代の日本ではマナマズは沖縄諸島などの離島を除く全国に分布しているが、本来の生息域は西日本に限定されていたとみられている。

 

縄文時代の貝塚など全国各地の遺跡から、ナマズ目魚類の骨格が出土しているものの、古い時代のものは滋賀県より西の地域に限られている。

 

一方で、『本朝食鑑』など複数の文献記録や、愛知県と東京都における江戸時代の遺跡から遺存体が見つかっていることなどから、マナマズは人為的な移植によって

 

江戸時代中期には関東地方に、後期には東北地方に順次分布を広げていったと推察されており、大正期に北海道にも移入された。

 

 

石造や狛犬、絵馬など、従来、神の遣いや神への献上とされた動物が、ナマズに置き換えらえ、庶民の信仰に深く浸透していった事を考えると、

 

 

ナマズという生き物が地震を予知できる特殊な能力を持っていることを古代人が知っていたとすれば、古(いにしえ)の時代から神秘的な存在であり続けた事も頷ける。

 

 

歴史を遡ると、私たち日本人の祖先とナマズとの関係は、思った以上に長い。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ


にほんブログ村


ナマズ釣りランキング PVアクセスランキング にほんブログ村

ナマズバーガー

MK4_5075

 

九州では、大川木工まつりでしか食べられない三川屋さんの ”ナマズバーガー

一度食べてみたけれど、想像していた以上に美味しい。   毎年、春と秋の大川木工まつりの時に出店されていけれど、今年の第64回大川木工まつりは、10月12(土)13(日)14(月祝)の予定だとか。

 

今年も出店してくれるのかな??     ナマズ好きなわたくし。仲間を連れて、もちろん、食べに行きます♫。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

 

納涼

a0960_004814_m

そろそろ小学校は、夏休みに入ります。

 

次女は、現在小学6年生。

 

例年、友達と一緒に市民プールへ連れて行って!  とせがまれ市民プールに連れては行きますが、一緒に泳ぐ訳でもなく、ただ見ているだけ。

 

 

大人が一緒に泳ぐには、浅すぎるので、いつも子供の安全を守る監視役。

 

 

ビキニ姿のかわいいギャルでも泳いでいたら、ずっと泳いでいるんだけど…。

 

 

小学生じゃ、ちと若すぎるし(笑)

 

 

 

そんな感じで、市民プールは退屈だからと、那珂川町にある「中ノ島公園」に一昨年から、連れて行くようになった。

DSCF3103

ここは、那珂川町にある南畑ダムに向かう途中にある、水公園。

 

DSCF3104

 

DSCF3089

DSCF3084

DSCF3085

小さな子供でも安心して遊べるように綺麗に整備されていている。

水が澄んでおり、冷たくてとても気持ちがいい。暑い季節に納涼感を味わうのなら、ここはおすすめスポット。

DSCF3071

ホタルやサワガニ、アユなども生息していて、生き物と戯れ、遊び疲れたら、セミの鳴き声と涼しい風に吹かれ、木漏れ日の中でお弁当を食べるという贅沢なスポット。

DSCF3057

 

 

DSCF3063

ターザンロープで、川に飛び込んだり。

 

駐車場もあり、すべて無料。

 

DSCF1582

DSCF1580

ナマズ釣りと関係ないじゃないかと言われそうですが、すぐ近くには、ナマズをお祀りしている、伏見神社もありますよ(笑)

伏見神社

 

福岡にお住まいの方、夏休みに、納涼を味わいたいなら、「中ノ島公園」は是非、おすすめしたいスポットのひとつです。

 

DSCF3097

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズ神社 美白の神様

DSCF0840

 

今年も、ナマズ釣りをするにあたって、手を合わせておかないと罰が当たる!?

 

そんな気持ちに駆られ、ここ佐賀県嬉野市にある豊玉姫神社に今年も参拝してきました。

 

DSCF0850

この嬉野をウィキペディアで調べてみると…

 

肥前国風土記』に、藤津郡の塩田川の東に温泉があると記述されており、これが嬉野温泉のことを指す可能性がある。「嬉野」とは、神功皇后三韓征伐のおり、温泉で疲れを癒した時に「うれしいのう」と言ったことに因むという言い伝えがある。が、「うれしの」の文献初出は中世に下る。江戸時代には長崎街道宿場町としても栄えた。

とある。

 

 

DSCF0852

とくにここは温泉が有名だが、ここの神社のナマズは、「美白の神様」

皮膚病や肌が綺麗になるなどのご利益がうたわれているから、恐らくは、温泉の効能といつしか言伝えが融合したのではないかと、素朴に感じてしまう。

 

これから夏に向かってどんどん暑くなる。

 

当然、釣りに出かければ肌が黒くなるし、紫外線で肌荒れやシミにも悩まされる。

DSCF0844

1.2mくらいの白ナマズ

この神社は、参拝すると、なまずさまの美白のご利益を頂けるというから、特に女性アングラーは、必見。

 

一度、お参りするといいかもしれませんね。