カテゴリー別アーカイブ: ナマズが釣れるルアー  トップウォータールアー編

Hand craft  釣行編

DSCF5473

さて、早いもので前回の釣行から1ケ月。

 

やっぱり子供たちが夏休みに入ると、なかなか自分の時間というものが取れませんね。友人や仕事のお付き合いもあるし…。

 

「あのさー、ぶっちゃげ、この部屋チョー臭いから、辞めてくんない!」

 

アラフォーをとっくに過ぎた中年男の私にとって、ハンドクラフトは、ささやかな楽しみだった。

 

そんな、私に、「そうよ!  そうよ!  お父さん、臭いわよ! 」 家内と娘たちが容赦のない口調で、まくし立てる。

 

酷い、酷すぎる…。

 

部屋が、ほんの少しシンナー臭いだけじゃないか…。

 

オヤジ臭と同じ、雑な扱い。

 

毎日がとても辛かった。

 

そんな肩身のせまい思いをしながら、ひるむことなく、信念だけは、決して曲げなかった。
家族が寝静まったころに、ひとり妄想に耽ることが何よりの幸せ。

 

DSCF5685Hand craft:       Metal wings Black &Red

 

そして、ようやく新たな自作ルアーが完成する。
ただ、ひとつ問題なのは、休日は、家族サービスに追われ、それを試す機会がなかなか設けられないということ。

 

だが、その日は、ある日突然訪れた。

 

家内も娘たちも、一緒に買い物へ出かけたのだ。こんな日が来ることをずっと願っていた。

 

神様! ありがとう!!

 

感謝の気持ちで心が満たされた。こんな日は、本当に久しぶりだった。

 

でも現地に着くなり、どしゃぶりの雨…。

 

あれれ…。神様はどこへ行った??

 

どれだけ、日頃の行いが悪いのでしょうか。

 

準備をしている間に、みるみる雨足が酷くなり、撤収しようかどうかずいぶんと迷う。
ただ、水面下でナマズの姿がチラホラ見えるのを指を加えて帰るのは辛すぎる。

 

せっかくの機会、見つかれば、家内に怒られるのも覚悟の上、ずぶ濡れになり、景色も見えないくらい、泣きじゃくりながら撃ち続けた。

 

男泣きしたのはこれが初めてだった(笑)

 

結果を出すという己自身にかせた重圧が、時の流れを変えた。

 

DSCF5695

DSCF5699

DSCF5702

 

これでようやく、

市販のルアーだけでナマズを釣るという概念がなくなり、自作ルアーという楽しみが新たに付加され、マンネリズムを打破できる気がしてきた。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

 

Hand craft

DSCF5685 Hand craft:       Metal wings Black &Red

  さて、ようやく完成しましたナマズ用ルアー。 ナマズ釣りと言えば、ノイジー。辞書で調べてみるとノイジーとは、騒々しい、やかましい、 ざわついたなどの意味と、色・服装が目立つ,派手なという意味があるそうです。

今回は、そのあたりの意味を踏まえながらルアーを制作。

原色となる黒と赤の2タイプを作ってみました。

それぞれタイプ別に金属のウィングとブレード、それにフェザー、スイッシャーのペラを加えることで、対ナマズへの波動によるアピール度を上げるよう工夫しています。

 

最後の仕上げに、ホワイトペンでボディにネームを入れてみましたが、少しは手作り感が出たかな。

 

次の釣行がいつになるのかは分かりませんけど、次は、このルアーを使って、ナマズを狙ってみたいと思います。

 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

 

妄想の世界

DSCF4429

去年は、ハンドクラフトのルアーで鯰を狙いました。

まぁ、ナマズという魚は、ある程度のシチュエーションさえ揃えば、どんなルアーを使っても結構よく釣れる魚。

DSCF4490

DSCF4538

DSCF4496

なのでブログをはじめた頃は、いろんなメーカーのルアーを使ってナマズを釣ることをテーマにしてはじめたんだけれども、最近は、結構、同じようなスタイルでナマズ釣りを楽しむ人も増えて来たので、時には、ブログ内容がバッティングしてしまったり、かぶったりする感じが否めない気がします。

 

せっかく読んでもらうなら、やっぱり違う内容を書いた方がいいんじゃないかと思い、大した物は作れないけれど、少し自作ルアーの製作を増やして、時々、それを使ったオリジナル感のある釣行レポートを書いて行こうと思います。

 

なので、釣行自体は、今よりも更に減るのかな(笑)

 

ルアーを作るの時間かかるしね。

 

あーでもない、こーでもないと、妄想の世界へと、どっぷり浸かりながら、

 
でも、のんびり、楽しみながらやっていこうと思います。

 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

そろそろ

DSCF3663

しかしまぁ、今年最大級の台風が上陸! なんてニュースで繰り返し流すもんだから、こりゃ大変だ。用心しとかなきゃって、思っていたら、ぜんぜん影響なく終わっちゃった。

完全に肩すかし、くらった感じ。

 

DSCF2539

 

DSCF2537

DSCF2575

でもまぁまぁな感じで、河川も濁っている。

ナマズ、結構いたし。

いい感じで遡上してきた。

DSCF2752

 

そろそろ期待できるかな。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

のんびりな一日

DSCF5435

台風接近に伴い、しばらく釣りはお預け。

 

なので、今回は、前回作りかけていたバルサにエアブラシで着色。     ようやくふたつ完成した。

DSCF5452Handcraft :     Popper&Propbait:  Black

 
釣りに行けない休日は、のんびりな時間を過ごすのもいいもんです。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

充実した休日!?

a0003_ki_0095_m

ここ九州も、久々にまとまった雨が降りました。NEWSを見ると、長崎県内では、50年に1度の記録的雨量とか。

 

活発な梅雨前線の影響で、九州各地 では猛烈な雨が降り続いたようです。

 

仕事も休みだったので、出撃しようと思っていましたが、このあり様ではぜんぜん外には出られません。

 

以前は、どんなに雨が降ってもカッパを着て出かけるくらい、熱心にやってましたけど、実は去年、コイ釣りに行った際、雨で増水した川に転落。

それからというもの、大雨が降る日は、家内から「釣り禁止令」が下り、無理して釣りに出かけることも無くなりました。

 

家族もいる事だし、あんまり好き勝手にやってると、そのうちまた痛い思いをすると思って、今は涙をこらえて我慢しております(笑)

 

さて、そんな具合で、なんかやることないかなぁ…。と考えていたところ…。

DSCF3732

以前、ルアーを作ろうとバルサを魚の形に削ったまま、そのまま放置していたものがあったので、これを完成させようと思い立ち、木片を手に取り、いろいろ妄想を膨らませながら考えていたら…。

 

結局、疲れてしまい、そのまま机の上でお昼寝Zzzzzz。

 

気が付けばもう夕方。

 

明日からは仕事がスタート。

 

ふぅ~

 

でも結構、体の疲れが取れたみたい。

 

とっても充実した休日だったな!?  (笑)
 
 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ミニ・フロッグによるポカン釣り

a0001_011361_m

今年も田ぼに水が入り、田植えが始まりました。

 

フィールドに立つと、田ぼの至るところでカエルの鳴き声が大音声で聞こえて参ります。

 

この時期、田ぼのカエルが、ナマズの主食と言っても、おかしくはないくらい、沢山のカエルたちが、おたまじゃくしから卒業して、水路や河川へと旅だって行く。

 

さて、そんなカエルですが、ナマズ釣りでは、昔から「ポカン釣り」と言われる釣法があります。

 

ナマズのその貪欲な性質を利用した「ぽかん釣り」は、その昔、多摩川の中・下流の支流や農業用水路などで,ナマズの生息している水域で行った漁法だと伝えられています。

 

カエルの足に釣り糸を結び、そのまま針は尻から背中にかけて通し、水面をカエルが跳ね泳ぐように、ポチャン、ポチャンと音を立てて誘う釣り。

 

img345

釣りキチ三平の「ペンペン釣りとポカン釣り」でも、この釣り方が紹介されています。

 

けれども、今の時代、ルアーという便利なものがありますから、わざわざ生き物を捕まえて「ポカン釣り」をするのはナンセンス。

 

殺生をしてまで、釣りを楽しむには、ちとカエルには気の毒のような気がします。

 

もともと、雷魚やバス釣りなどに使われるフロッグ。ウィードポケットやブッシュの奥に潜むターゲットを狙うために開発されたものなので、フックが上向きで、ほぼどれもがウィードレス仕様。

 

捕食ベタなナマズには、通常のサイズで、且つフックが標準仕様のものはミスバイトが多く、総じてナマズ釣りには向いていない。

 

ノーマルタイプで使用するなら、口に収まる小サイズが断然いい。

 

そんなことで、アマガエルくらいのサイズで、カエルの疑似餌ルアーはないかと、釣り具屋で、いろいろ商品を物色していたら…。

 

ひとくちサイズがありました。

DSCF5315

Lure       GELLOG                全長:約4㎝

 

ポカン釣りは、古くから伝わる漁法であり、ナマズの習性を利用したナマズ釣り最強のメソッド。

 

次の釣行では、田んぼの水路を中心に、このルアーを使った、このポカン釣りを紹介したいと思います。

 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

 
 

開放感 ナマズ釣り

a0960_005103_m

昨日の福岡の気温は、30℃。

 

7月に入るというだけに、ほんと蒸し暑い一日でした。

 

翌日は、お休み。

 

自宅に帰ったら、早速、冷蔵庫から、キンキンに冷えたビールを取り出しクビグビ♪

 

 

 

カァー!  この為に生きてる。

 

 

乾いた喉を潤す快感と、ほろ酔い気分に浸りながら、リビングでゴロゴロ♪

 

 

 

この休みの前日っていうのは、いつも思うことなんだけど、休み当日よりもウキウキしちゃうのは、なぜでしょうかね。

 

 

このまま家でじっとしているのも、なんだか勿体ない気がして…。

 

 

そのまま、ちどり足で、裏の川へ

 

 

久々の酔拳を使ってナマズを狙います。

 

 

普段より、ルアーがふにゃふにゃと不規則に動いて、いい感じの仕上がり(笑)

 

DSCF3125

小型のナマズが釣れました。

 

でも、もうこれだけで十分♪

 

休みの前日は、何もかも忘れさせてくれる。

 

この開放感が堪らない。

 

至福のひとときです。

 
 
 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

 

ケミホルダー

DSCF5312

今日は久しぶりに釣具屋さんへ立ち寄りました。

 

買い物は、ケミホタルの補充。

 

夜の鯰釣りには、欠かせないものですね。でも知らない人もいるかもしれないので、少し解説を。

 

*ケミホタルとは…化学発光体と呼ばれるもので釣具のひとつ。夜釣りに使われ、糸の位置を判別させたり、光で魚を寄せ付けるもの。実は、コンサートのペンライトでおなじみの(株)ルミカが作っている。

 

*科学発光体とは…

化学反応を起こすことで 光を発生する化学発光体と呼ばれるものです。 軽く折り曲げると「パチっ」と音がして、光を放ち始めます。 これは中に入っているガラス製の筒が割れ、それぞれの筒に入っていた2種類の液が 混ざりあい、化学反応を起こすことで 光を発生する仕組みになっています。 
ナマズ釣りは、ナイトゲームに人気が集中していることから、夜間におけるキャストしたルアーの位置を目視で確認できるよう、この発光体をルアーのボディに装着します。

 

ナマズ釣りでルアーに装着する発光体には、他にもウミホタルやピタホタルなどを使用しています。

 

item129770p1m

例えば、このピタホタルは、ケミホタルに比べて面積も大きく明るいのがウリ。けれども背中部分が曲線を帯びたルアーだと、ぴったり粘着しないので、使っていると徐々に粘着部分に水が浸透してしまい、ハガレてしまうケースがよくあります。

DSCF2055

時には、ピタホタルだけが、ぷかぷかと川を流れていく光景を悲しく眺めていたことも…(笑)

 

そんな蛍光商品ですが、特に一番使い勝手がいいのは、ケミホタル標準装備のルアーですね。

 

DSCF2185

 

ナマズ釣りにおける定番ルアーのジッターバグのトワイライトチューンやキャタピー、ナマジーなどのケミホタルが標準装備できるルアーは重宝しますが、そういった純正ルアーは、そんなにたくさんある訳でもなく、ケミを装着できるルアーが一部に限られてくるのが難点。

 

 

他にも何か買うものはないかと、いろいろ物色していたら、こんなのがありました。

 

DSCF5309

「ケミホルダー本体」

 

この本体を両面テープで取り付け、別売りのケミホタル25を装着して使用する。

 

ルアーに取りつける面積が少ない分、水に対する抵抗力も少なくて済むので、一端貼り付けると剥がれにくく、何よりルアーの動きを妨げないのがとても助かる。

 

DSCF5310

たとえば小生が、よく使うこのフラホッパー。

 

 

背中部分が曲線を帯びて丸まっていますけど、ケミホルダーを付けるとこんな感じ。ぴったりフィットしています。

 

コンパクトな為、ルアーアクションを妨げることがありません。

 

ジッターバグ用のスプリングケミホルダーとか付けられないタイプや、アクション重視のルアーへ装着するのであれば、個人的には、とても使い勝手がいい商品だと思います。

 

 
 
 
 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
 

 

RUN&GUN

DSCF3915

今日の福岡は、朝から少々、ぐづついた天気。

 

 

昼ごろからようやく、晴れ間が広がりました。

 

 

せっかく晴れたことですし、最近は、運動不足が気になっていたので、ホントに久しぶりですけど、すぐ裏の川へ、釣り竿を持って、テクテク出かけてきました。

 

 

よくよく考えると、釣りだけに限らず、100mくらい先にある、すぐそばのスーパーなんかに買い物へ行く時でも、ほとんどが車での移動。

 

 

そして、仕事が終わり帰って来てから、必ず500mlの缶ビール2本をグビグビ。

 

 

これでは、お腹がメタボになっても仕方ありません。

 

「ほぉ~、このナマズ、腹がパンパンや~」なんて

 

釣り上げたナマズのお腹を見て感心している場合ではありませんよホント(笑)

 

DSCF5286

河川は、往復でだいたい3キロ弱の距離。

 

遊歩道も整備されていて、散歩をする人も多い。

 

 

まぁ取りあえず、このくらいの距離からスタート。

 

 

でも、結局のところ、バイトがあるところでは立ち止まり、しばらくの間は、そこでルアーを投げてやってる訳ですから、これでも運動している! なんて、おくびにも出せやしません(笑)

 

 

真夏の炎天下だと、効果は絶大でしょうけど。

 

 

①    歩く

②    キャストする

③    釣り上げる

 

 

さて、トータルの消費カロリーは一体どのくらいなんでしょう??

DSCF5303

最近の携帯のアプリって、とっても便利ですよね。

DSCF5300

DSCF5305

 

簡単にデータが取れちゃいます。

 

 

 

結局のところ、バイトがあればあるほど、期待しておりました運動不足解消には、だんだん遠のいてくような感じです。

 

だって、あんまり動いてない訳ですから(笑)

 

帰宅してパソコンの前でふぅ~と一息。

DSCF4326

「プシュー」

 

また、いつものやつ(笑)

 

 

結論から言うと、ランガンとは、バイトが多ければ多いほど、その場所に留まる時間も長くなるので、運動レベルに達することはない(笑)

 

DSCF5294

そんなことを、いま頃、悟ることが出来たって、ホント幸せな人間であり、幸せな一日であります(笑)

 

めでたし、めでたし。

 
 
 
 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村