Hand craft

DSCF5685 Hand craft:       Metal wings Black &Red

  さて、ようやく完成しましたナマズ用ルアー。 ナマズ釣りと言えば、ノイジー。辞書で調べてみるとノイジーとは、騒々しい、やかましい、 ざわついたなどの意味と、色・服装が目立つ,派手なという意味があるそうです。

今回は、そのあたりの意味を踏まえながらルアーを制作。

原色となる黒と赤の2タイプを作ってみました。

それぞれタイプ別に金属のウィングとブレード、それにフェザー、スイッシャーのペラを加えることで、対ナマズへの波動によるアピール度を上げるよう工夫しています。

 

最後の仕上げに、ホワイトペンでボディにネームを入れてみましたが、少しは手作り感が出たかな。

 

次の釣行がいつになるのかは分かりませんけど、次は、このルアーを使って、ナマズを狙ってみたいと思います。

 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

 

妄想の世界

DSCF4429

去年は、ハンドクラフトのルアーで鯰を狙いました。

まぁ、ナマズという魚は、ある程度のシチュエーションさえ揃えば、どんなルアーを使っても結構よく釣れる魚。

DSCF4490

DSCF4538

DSCF4496

なのでブログをはじめた頃は、いろんなメーカーのルアーを使ってナマズを釣ることをテーマにしてはじめたんだけれども、最近は、結構、同じようなスタイルでナマズ釣りを楽しむ人も増えて来たので、時には、ブログ内容がバッティングしてしまったり、かぶったりする感じが否めない気がします。

 

せっかく読んでもらうなら、やっぱり違う内容を書いた方がいいんじゃないかと思い、大した物は作れないけれど、少し自作ルアーの製作を増やして、時々、それを使ったオリジナル感のある釣行レポートを書いて行こうと思います。

 

なので、釣行自体は、今よりも更に減るのかな(笑)

 

ルアーを作るの時間かかるしね。

 

あーでもない、こーでもないと、妄想の世界へと、どっぷり浸かりながら、

 
でも、のんびり、楽しみながらやっていこうと思います。

 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

のんびりな一日

DSCF5435

台風接近に伴い、しばらく釣りはお預け。

 

なので、今回は、前回作りかけていたバルサにエアブラシで着色。     ようやくふたつ完成した。

DSCF5452Handcraft :     Popper&Propbait:  Black

 
釣りに行けない休日は、のんびりな時間を過ごすのもいいもんです。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

充実した休日!?

a0003_ki_0095_m

ここ九州も、久々にまとまった雨が降りました。NEWSを見ると、長崎県内では、50年に1度の記録的雨量とか。

 

活発な梅雨前線の影響で、九州各地 では猛烈な雨が降り続いたようです。

 

仕事も休みだったので、出撃しようと思っていましたが、このあり様ではぜんぜん外には出られません。

 

以前は、どんなに雨が降ってもカッパを着て出かけるくらい、熱心にやってましたけど、実は去年、コイ釣りに行った際、雨で増水した川に転落。

それからというもの、大雨が降る日は、家内から「釣り禁止令」が下り、無理して釣りに出かけることも無くなりました。

 

家族もいる事だし、あんまり好き勝手にやってると、そのうちまた痛い思いをすると思って、今は涙をこらえて我慢しております(笑)

 

さて、そんな具合で、なんかやることないかなぁ…。と考えていたところ…。

DSCF3732

以前、ルアーを作ろうとバルサを魚の形に削ったまま、そのまま放置していたものがあったので、これを完成させようと思い立ち、木片を手に取り、いろいろ妄想を膨らませながら考えていたら…。

 

結局、疲れてしまい、そのまま机の上でお昼寝Zzzzzz。

 

気が付けばもう夕方。

 

明日からは仕事がスタート。

 

ふぅ~

 

でも結構、体の疲れが取れたみたい。

 

とっても充実した休日だったな!?  (笑)
 
 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

2013年は

DSCF4198

あと、2日で今年も終わり。

 

振り返ると2013年は、例年に比べて、仕事に追われ、ほとんど出撃することは出来なかったけれど、まぁ少ないながらもそれはそれで、意義のある年となった。

 

普段の釣りのスタイルに飽き飽きして、カバーにつくナマズを敢えてフロッグで狙ってみたり、次世代メタルルアーやハンドメイドルアー、虫パターン、ライトリグなど様々なルアーを投入して、いつもと違う趣を見い出し、個人的な楽しみを追及した年だったとも言える。

 

それにナマズの雑誌にブローガーとして掲載されたのは、非常に嬉しい出来事だった。

DSCF3732DSCF4027

DSCF3980

DSCF4534

DSCF3976

DSCF3879

DSCF4163

DSCF4534

DSCF4271

DEKANAMAZU_[1]

DSCF4872

 

 

来年は、どんな年になるのやら…。

冬休みとなり、来春のナマズ釣りに想いを馳せながら、今は、釣り道具の手入れに余念がない(笑)

DSCF3836

今年も一年、ブログをご覧になって頂いてありがとうございました。

DSCF4546

皆様、良い年を迎えられますように

考察

DSCF4540

「暑さ寒さも彼岸まで」と世間でも言われる通り、最近では、窓を空けると、朝晩だけはカーテン越しに、ひんやりとした心地よい風が訪れ、ようやく秋へと向かう季節を肌で感じるようになった気がする。

今年は、記録的な猛烈な暑さに伴い、例年に比べ、釣りに出かける機会が極端に減り、アウトドア派から、いきなりインドア派に転身してしまったかのようだ(笑)

例年より、釣行回数が少なくなった分、最近では、あそこも、ここもと、足を運んでいないポイントの情景だけが頭に浮かぶ。

釣行回数は、例年の1/5くらいだろうか…。

今年の猛暑は、暑さばかりではなく、ゲリラ豪雨によって各地に大きな被害を齎した。
この辺りでも河川の護岸が破壊され、大規模な改修工事によって、ナマズたちは、住処を追いやられ、姿を消したところも案外多い。

そんな中でも、行けば十分楽しませてくれる鉄板ポイントもない訳ではないのだが…。

ただ、そんな事よりも、今ごろどうなっているのだろうか…

ずっと足を運んでいない所の環境や、そこに生息するナマズたちの方が、自然と気になってしまう。

 

あそこは、一体どうなっているのだろう…。

 

一年ものご無沙汰が続いたポイント…。

 

いつになく、気になるそのポイントが脳裏を霞む。

気が付けば、ハンドルを切り替えし、当初のルートを変え、目的のポイントへ向かって車を走らせていた。

現地に到着し、土手を登り、川を見渡してみると…

DSCF4541

長いこと来てない間にすっかり、雰囲気が変わっていた。

いつの間にか、河川の至るところに水草がうっそうと茂り、今までとはまったく違う雰囲気に変わっているではないか。

 

 

DSCF4100
やっぱり、何年釣りをやっていても、こういったロケーションには釣り人としは、そそられてしまう。

長いこと、来てないから、釣れるか、釣れないかは正直わからない。

ただ、この雰囲気にどっぷりと浸かるだけでも、ここに来た甲斐がある。

DSCF4539

水草の際に静かにルアーをキャスト。

拡がる波紋が消えるのを待ってから、ルアーに動きを与える。

しばらくすると、

 

 

「モワッ」

 

 

もじりが起こる。

 

 

おっ!

 

いるいる…。

 

 

息を呑みラインをゆっくり巻いていると、ルアーの後ろに、ぴったりとついて来ているのが見て取れる。

ルアーの動きを止めた瞬間!

 

「バフッ!!」

 

 

激しい捕食音を立てて、喰いついてきた。

ウネウネとローリングを繰り返しながら、動き回るこの感触は間違いなくナマズだ!

水草の下に潜り込もうとするところを、パワーで押切り、間髪入れず、一気に抜きあげる。

DSCF4564
DSCF4429

自作ルアーは、ナマズが捕食しやすくなるよう、後方部分に鉛を埋め込み、尻尾を沈ませることで、ルアーを斜めに浮かせている。

なぜ、そうしたかというとスイッシャー特有の水面に平行かつスクリュー形状では、バイト時に弾かれてしまうケースを誘発しているように感じたからだ。

なので、ルアーを水面に直立させるまではいかないが、ナマズの口に少しでも近づけるようあえて後方を沈め、斜め角度の体制を取ることで、フッキング効果を狙ってみる。

ペラの売りは、回転によって、水面上に、水しぶきをあげ、波動を起こすしくみだが、この場合は、ペラが水中内でスクリュー回転させる仕様なので、水の中だと、どれだけ波動による集魚効果があるのか正直分からない。

 

ただ、まぁこれが功を奏したかどうかは、定かでないが、フッキング自体は、一発で乗せられたので、集魚効果がどうであれ、ペラがあっても、ルアーの重心を後方に傾ける考え自体は、悪くはなさそうだ。

DSCF4328

 

面白い!

酔いちくれる程、フッキングに至るまでのシチュエーションを考察し、創意工夫に想いを巡らせるのも、最近では、ほぼインドア派!?  の自分にとっては、楽しいひとときかもしれない(笑)