「ブログ」カテゴリーアーカイブ

どうしようかお悩み中です。

当方、水槽で魚を飼っております。

 

近所の川で採ってきたメダカとカゼトゲタナゴ、それからモツゴ。

 

エサを上げる時に、袋のガサガサという音が聞こえたら、クチをパクパクさせながら、慌ただしく動きまわります。

 

 

とても可愛い魚たち。このブログにも載せてますけど数年前にガサガサで採取した魚です。

 

周りからは、ナマズは飼ってないの?? といつも聞かれますがまだ飼っていません。

 

もう何年も前から、ナマズを飼いたいと思っていますが、やっぱり、すぐに大きくなることが分かっているから、なかなか飼うことをためらってしまいます。

 

子供のころ、釣ってきたナマズを飼うつもりで持って帰るも、水槽に収まりきれず、すぐに元の川へ戻しに。

 

完璧にアホですよね。水槽より大きな奴を持って帰って買えるなんて。サイズも分からない、あんぽんたんな少年時代(笑)

 

 

 

楽天ショップを眺めていたら、5~10cmほどの小さな子供が販売されています。

 

かわいいサイズです。

 

やっぱりナマズ欲しくなりますね。

 

うーん

 

どうしようかお悩み中です。

 


ナマズ釣り ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村

今年も遅ればせながら

4月4日 水曜日

九州は、ここしばらく晴天に恵まれ、ぽかぽか日和でしたが、昼の3時過ぎでしょうか、見る見るうちに雨雲が押し寄せ、一時の間、激しい雨が降り出しました。

 

近くの川を散策した時、直近までナマズの姿を見かけなかったのですが、今日の雨によって恐らく、遡上が始まると思われたので、久々にカッパを着て出撃して参りました。

 

数か所、ポイントを回ってみましたが、流れの強い場所には、まだ居付いておらず、緩やかな排水溝の真下や、ドン付きでのバイトがいくつかありましたが、なかなか、ショボいバイトばかり。

 

日中は、温かくなったものの、追い食いなど勢いは見られず。

 

シーズンに比べ、まだまだ活性が高いとは言えない様子。

 

昼間は、分からないけれど、やっぱり夜になると、急に冷え込んで来るので、ナマズのスイッチが50%くらいしか入っていないのかもしれない。でも、あとちょっと言うところでしょうか。

ヒットルアー: REAPER TYPE   J

雨、風により手がかじかんで大変でしたが、まあ、それでも1か所だけ、しっかり喰ってくれたので、今年の初ナマズをゲット出来ました。

 

地域にもよるとは思いますが、九州だと田植えのシーズンが一番、水がまんべんなく循環し、ナマズが移動しやすくなる。それに加え、梅雨によって水中内の酸素の供給量が上がるせいか、例年、この時期にナマズの活性が軒並み上がってくる。

 

それはそれで、また別の楽しみで取っておいて、来週くらいから、県外のクリークを回る予定です。

 

ナマズ釣り ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村

釣りブログ 書き手と読み手

 

当方、現在、「ブログ村」というブログのコミュニティ・ランキングサイトに登録しておりますが、ここに登録されているナマズ釣りのブログは、現在102サイト。

登録して、もうかれこれ7年くらい月日が経っておりますが、最近、思うことがあります。

 

それは、書く手と読み手のこと。

 

まず読み手、つまりサイト閲覧者は、ブローガーの釣行記事を参考にしながら、情報収集をし、自分なりの釣り方を見つけていくものと思われます。

 

これは、特定の地域の情報を得たい者にとっては、役に立つ情報が集まっているため、読んでいて楽しく、とても参考になります。

閲覧者は、ブログで、情報を拾っていくのが一般的ですから、それを意識してブローガーも記事を書いている人もいれば、無意識に日記的な要素で、気随気儘に書き綴っている。そんな人も少なからずいると思います。

 

私は、書く側の人間でもあるので、ブログ村サイト内のほとんどが釣行記録メインに偏っている中、同じルアー、同じシチュエーションで釣行を繰り返していくと、どうしても内容が類似してバッティングしてしまい自身の記事が埋もれてしまう気がしています。

また、釣行回数も少ないので記事も少なく、読み手が飽きてしまうのではないかと考えてしまいます。

 

これはコメントの数に顕著に現れています。

 

海釣りなどの他の釣りカテゴリーで多くみられることですが、たくさんコメントの書き込みがあるサイトは、やはり読み手のことを考えて、有益な情報や読んでいて楽しくなる要素が盛り沢山です。

 

以前から、釣行以外に、もっと何かしら違う良い情報を提供する工夫が必要だと思っていましたが、やはり今はまだまだ難しい。

 

今年は釣りというものを考える時間から、ずいぶんと遠のいていたので、驚きや発見など釣り人にとって有益な情報がさっぱり出てこない。

 

やっぱり釣りを考える時間に埋没しないと、良い情報を発信できる要素はまったく、机上であれこれ考えても、なかなか思い浮びませんよね。

 

ブログの必要性を考えてみると

 

例えば、当方の自宅近くの釣具屋さんでは

 

「今は●●の場所でアジが釣れているよ」なんて、買い物中に色々、情報を提供してくれます。

 

つまり情報を提供することで、信用が生まれ、お店の商品を購入して頂き売上げにつながっていく。お店とお客様の双方に良好な関係が成り立っているようです。

 

ただ、海釣りではなく川釣り、特に雷魚、ナマズなんかの狭いカテになると、アンダーグランド的な位置付けもあり、あんまり、お店では、そういったポイントの㊙情報は無いように思います。

 

恐らくは、海に比べて狭い範囲の為、知らないのか、もし知ってても釣り場が荒れる為、教えてはくれない気がします。

 

ですから、お店で得られない情報が得られるブログ村などのコミュニティサイトは貴重な情報源。

 

釣りのブログって、釣り場の場所なんかの情報発信は、色々と問題があるので、回りの景色を隠した写真しか掲載できないから、表現範囲が狭められ面白さに欠けてしまうけれども、ただ、それに拘らなければ、もっと幅広い内容が書けるのではないかと思う。

(*ここでは、他の方の釣行記事を否定しているのではなく、あくまで自分のブログが当初から情報発信をテーマにしている為、テーマに沿って現在、記事が書けていない事への自身への再確認ですので誤解なきように。)

 

だから、せっかくブログを読んで頂いているからには、少しでも読み手の方々に、釣行以外でも、良い情報が提供ができて、コメントを下さった方と情報共有できるようにしないといけないと感じています。

 

ブログ記事については、つたない文章ではありますが、もう少しその辺りのことを頭に入れながら、書いていきたいと思います。

 


ナマズ釣り ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村