いい時代になりました

logo

image

今回、雷魚用のロッドを新調しました。

 

テイルウォークのC80XH ロングキャスト&スーパーヘビーカバーモデル。

 

同メーカーでライギョ用のMUddyを使っていたけれど、今回は遠投向けのロッドを探していました。

 

最近、釣り具店で陳列してあったのを見て、デザインが気に入り、ネットでポチリ。

 

最近の世間の傾向としては、まずは、ウィンドショッピングで、お店にある商品を実際に手で触ってみて、それを確認した後に、価格ドットコムなどで調べて、ネットで安いお店を見つけて購入するのが賢い買い物方法だとか。

 

やはりカタログだけでは、手にとった時の感触や質感までは分りませんしね。

 

それに、今回購入するロッドも、実際の釣り具屋さんの店頭価格と、送料無料のネットショップとの価格差が4000~5000円近くあるんだから、当然、そうなっちゃいます。

 

良い品物をより安く。

 

いや~近頃は、本当にいい時代になりました。

 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

思い描いている間が一番面白い

DSCF2347

先日行ったクリークで再び雷魚釣り。

 

80くらいのやつを立て続けに2本もバラす。

 

で、釣れたのがコレ。

 

DSCF5281

次は、絶対にデカイの仕留めたる!

 

 

 

どんな釣りもそうだけど、逃した魚は大きい。

 

 

 

だから

 

 

釣るためにはどうすればいいのか。

 

 

みんな創意工夫をしながら、次回の釣りに頭を巡らす。

 

 

やっぱり釣りって、どんな釣りでもそうだけど

 

 

ターゲットを釣り上げることを思い描いている間が一番楽しいんですよね。

 

 
 
 
 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
 

ライギョ

a0960_004495_m

最近、子供の頃を思い出し再び、雷魚に熱を上げてきた。

日本に生息しているライギョには、3種類あって、カムルチーの他に限られた地域に生息するライヒー(タイワンドジョウ)、コウタイという3種類のライギョが生息しています。

 

釣れるライギョは、すべてカムルチー。日本全国に生息しているほとんどがこの種。

 

 

ちょうど、小生が小・中学生の頃、近くの野池や河川には、あたり前のように生息していて、メーター級のカムルチーなど、そんなに珍しいものでもなかった。

 

あれから、約30年。

 

 

ここ福岡のエリアで雷魚が釣れる場所と言えば、ほんの一握りしか思い浮かばない。

 

というのも、

福岡ライオンズクラブが発足して以来、25年記念事業として、1980年代初頭に、4河川にコイを放流。

(*ライオンズクラブとは社会奉仕を目的とする国際ボランティア団体)

 

この4河川のどこかは、全ては分かりませんが、そのうちひとつ、那珂川だけは記憶に残っている。

 

当時、そのコイの放流を始めたのをきっかけに外来魚の駆除が盛んになった。

 

雷魚が、せっかくライオンズクラブが放流した、このコイの稚魚を食べると新聞に報じたものだから、放流した稚魚を守る為に、市民がいっせいに雷魚駆除に乗り出したのだ。

 

 

 

当時は、付近の河川で、バスが生息している話しなどない。つまり、駆除の対象魚は、すべて雷魚に絞られる。

 

 

 

 

コイやフナを釣りに来ていた人の竿にライギョがかかれば、頭を叩いて、陸地に上げ放置するなどの殺傷処分がはじまる。

 

福岡県下では、市を上げて撲滅キャンペーンを行う役所もあったとか。

 

古くから日本に生息する、コイ、フナ、ドジョウ、オイカワ、タナゴetc…

 

そういった日本古来の魚を守る為に、釣り人の間でもライギョを駆除することが正当な理由として位置づけられる。

河川や野池の釣りの場では、海釣りで釣れる外道のフグと同じような扱いで、雷魚を陸に打ち上げるそういった光景が日常茶飯事となった。

 

小生、生まれも育ちも福岡。長年この福岡に住んでいますが、他県に比べて、ライギョの個体数は軒並み少ないと思っています。

 

特に、福岡市近郊の河川に個体数が極端に少ないのは、恐らく当時の影響が大きく関係しているのではないか。

 

 

そう感じています。

 

 

食物連鎖の頂点に立つ、ライギョが、どんな河川でも、普通に釣れるようになると、恐らくその地域の生態系は壊れているだろう。

 

結局のところ

 

すべての魚たちの共存を考えるとなると、個体数が少ない、人の手によって無益な殺生も行われていない今が、一番バランスが取れている時なのかもしれません。

 

DSCF5154

 
 
 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

雷魚&ナマズ カバーゲーム

DSCF4280

ナマズ釣りをする場合は比較的、釣りやすい場所が多く、ほとんどの人がオープンウォーターでの釣りになる。

 

ただ、オープンウォーター以外にも、ナマズが着いている場所があって、そんな中のひとつに、水面がびっしりとカバーで覆われた所が挙げられる。

DSCF4282

地域環境の違いから、カバーでナマズ釣りをやったことがない人も多いだろうが、九州の場合は、クリークがかなり沢山あって、水面を覆うカバーの真下についているナマズが結構いる。

恐らく、雷魚マンが雷魚を狙った拍子に、フロッグでナマズが釣れることはあるだろうが、カバー下のナマズをメインにわさわざ狙う鯰屋さんはいない。ノイジー系ルアーをまったく使えないから、ほとんど敬遠してしまうんじゃないかな。

DSCF4284

王道をゆくジッターバグさえ、ここででは、まったく通用しない。

DSCF4287

逆に言えば、普段やらない釣りだけに、面白いナマズ釣りの体験が出来る訳だ。

frogバリスター バリフロッグ  

 

まず、使うルアーは、フロッグだが、カバー攻略はスケーティング。

 

ウィードレスフックは、上向きなので、カバーの上を滑らせながら、リトリーブを行う。

 

やっぱり、真下から食いついてくる時は、「ハブッ!!」と捕食音を立てて食いついてくるのだが、フッキングは、通常のシチュエーションより、かなり難しい。

 

ここで、丸呑みしてくれるナマズなら、大半が大きめのサイズになってくることだろう。

DSCF4289

雷魚とナマズが同時に楽しめるカバー狙い。

 

これは、かなり楽しめます。

 

namazu1

DSCF4275

今年のシーズンは、雷魚&ナマズのカバーゲームがマイブームになりそうです。