「九州」カテゴリーアーカイブ

県外のポイント探索

 

昨日の4月16日 月曜日

出撃の予定にしていたのは先週。

 

長女の就職やら、次女の高校入学準備で、制服合わせやら、備品の購入やら、その他、もろもろの手続き等が重なり、なかなか遠方へ出かける時間が取れませんでしたが、昨日、ようやく、すべてが完了し、自分の時間が取れたので、朝から、予定にしていた県外へ出かけて来ました。

 

少し朝から肌寒く、こういった日は、だいたい日中くらいから徐々に気温が上昇して、夕方から気温が下がるパターンだと思っていましたが、予想通り、日中はポカポカ陽気で、窓を開けて車を走らせていると、心地よい風が車内を吹き抜けて、なんとも言えない高揚感が込み上げてきます。

 

釣り人は、ポイントへ向かっているときが、1番ワクワク感があって楽しいかもしれない。

釣れないことは、まったく考えていませんからね(笑)

 

さて、今回は、グーグルアースで目星をつけていたライギョの釣れそうな雰囲気のポインへ車を走らせ、集中的に佐賀平野のクリークを探索。

 

 

だいたい、どのエリアでもそうですけど、あたたかい時期になると日差しによって水温が上昇し、プカプカと雷魚が水面に浮いている光景が良く見られます。

 

地元ではないので、ポイントの詳しい状況が分かりませんから、私の場合は、まずは、ローラーをかけて生息エリアか否かを目視によって判断して、あとは、拾い集めたスポットを集中してピンポイントで廻ります。

 

 

色々、ポイントを回って10匹程、雷魚がいる場所を発見しました。

 

だいたい50~60cmサイズでしたが、2か所に90くらいのデカいやつがいる場所も発見。

 

ヒシなどの水生植物がまだ成長前のところは、ゴミがあるところや特に、こういった岸際の草の下辺りの場所に隠れていました。

 

それから、こういったオーバーハングなど。

 

ただね、見つけるのは、そんなに難しいことではないのかもしれませんが、実際、ルアーを投げて喰ってくれるか否かは別問題(笑)

 

 

それはそうでしょう。

 

それだけでっかく成長している訳ですから、大型の魚や、鳥や人間に至る様々な天敵の攻撃から攻撃をかわしながら生き抜いてきた経験値があります。

 

 

警戒心が半端ないです。ルアーを投入しても、ターンをして完全に見切っています。

 

 

恐らく、フロッグは、ほとんどの人が投げ倒しているだろうから、ちょっとや、そっとでは、とても釣れる気がしません。

 

朝から1日中回って、やっと1匹。正直、くたびれました。

 

なかなか厳しい釣りを強いられます。

 

活性の上がる夏に向けて、いろいろ、考えないといけません。

 

 

 
 


ナマズ釣り ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村
 

 

どうしようかお悩み中です。

当方、水槽で魚を飼っております。

 

近所の川で採ってきたメダカとカゼトゲタナゴ、それからモツゴ。

 

エサを上げる時に、袋のガサガサという音が聞こえたら、クチをパクパクさせながら、慌ただしく動きまわります。

 

 

とても可愛い魚たち。このブログにも載せてますけど数年前にガサガサで採取した魚です。

 

周りからは、ナマズは飼ってないの?? といつも聞かれますがまだ飼っていません。

 

もう何年も前から、ナマズを飼いたいと思っていますが、やっぱり、すぐに大きくなることが分かっているから、なかなか飼うことをためらってしまいます。

 

子供のころ、釣ってきたナマズを飼うつもりで持って帰るも、水槽に収まりきれず、すぐに元の川へ戻しに。

 

完璧にアホですよね。水槽より大きな奴を持って帰って買えるなんて。サイズも分からない、あんぽんたんな少年時代(笑)

 

 

 

楽天ショップを眺めていたら、5~10cmほどの小さな子供が販売されています。

 

かわいいサイズです。

 

やっぱりナマズ欲しくなりますね。

 

うーん

 

どうしようかお悩み中です。

 


ナマズ釣り ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村

地元の情報に勝るものはない

当方、県外の新しいポイントを開拓する際は、グーグルアースをよく使っている。

これは、衛星から撮影したカラー写真で、これにより、地図ではよく分からない、その地域一帯の状況が手に取るように分かる。

これである程度、精査した後に、よさげな場所へ実際に出かけるようにしている。

こういった文明の利器を使えば、ぐるぐると当てもなく車を走らせるような無駄な時間を極力省ける。

さて、そんな新規開拓で県外へ出かけた折り

 

とある午後の日。

 

ライギョの生息する某エリアの探索をおこなっていたところ、いきなり金髪の若い青年に声をかけられた。

 

自転車に乗った、、歳の頃、20歳くらいの子。

 

私が、ちょうど車を停めて、クリークをのぞき込んでいたところ、突然、背後から

 

「あの~、雷魚釣りですか?」

いきなり金髪の青年に声をかけられたので、おやじ狩りかと思い、びっくり仰天(笑)

 

よく見れば、とてもかわいい好青年。

 

 

「えっ!あっ!そうそう!」

「ライギョがいるところを探してるんだけど、この辺り、ライギョいるの??」

 

と尋ねると、どうやら地元の子らしく、年間100本くらい釣りあげるという、凄腕の雷魚アングラー。

 

地元の子だけに、それはもう、どの場所にライギョが生息しているのか、ルアーは何がいいのか、どういったポイントを狙ったらいいのか、地元ならではの細かい情報を持っていて、色々、教えてくれました。

 

目がキラキラ輝いています。本当に、こよなく釣りを日々楽しんでいるようです。

会話を交わしているうちに、臨場感あふれる情景が浮かんで、こちらまで楽しく感じてしまいます。

 

今まで、ひとりで黙々と釣り歩いていたので、このエリアでアングラーと出会ったことがなかっただけに、とても新鮮な感じがした。

 

1番の収穫は、今まで、ここはいないだろうとスルーしてきた場所にこそ、実は、居着いていたことなど。地域の特性や詳細を教えてくれたのは、とても有難い事だった。

 

今までの先入観を排除することは、釣りをする上で、とても大事な事のように感じる。

 

わずかな時間でしたが、やはり地元の方しか知らない情報は、釣り人にとっては、とても貴重なもの。

 

今年は、ポイントへのアプローチ、釣りの楽しみ方が、またひとつ増えたような気がします。

 


ナマズ釣り ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村

今年も遅ればせながら

4月4日 水曜日

九州は、ここしばらく晴天に恵まれ、ぽかぽか日和でしたが、昼の3時過ぎでしょうか、見る見るうちに雨雲が押し寄せ、一時の間、激しい雨が降り出しました。

 

近くの川を散策した時、直近までナマズの姿を見かけなかったのですが、今日の雨によって恐らく、遡上が始まると思われたので、久々にカッパを着て出撃して参りました。

 

数か所、ポイントを回ってみましたが、流れの強い場所には、まだ居付いておらず、緩やかな排水溝の真下や、ドン付きでのバイトがいくつかありましたが、なかなか、ショボいバイトばかり。

 

日中は、温かくなったものの、追い食いなど勢いは見られず。

 

シーズンに比べ、まだまだ活性が高いとは言えない様子。

 

昼間は、分からないけれど、やっぱり夜になると、急に冷え込んで来るので、ナマズのスイッチが50%くらいしか入っていないのかもしれない。でも、あとちょっと言うところでしょうか。

ヒットルアー: REAPER TYPE   J

雨、風により手がかじかんで大変でしたが、まあ、それでも1か所だけ、しっかり喰ってくれたので、今年の初ナマズをゲット出来ました。

 

地域にもよるとは思いますが、九州だと田植えのシーズンが一番、水がまんべんなく循環し、ナマズが移動しやすくなる。それに加え、梅雨によって水中内の酸素の供給量が上がるせいか、例年、この時期にナマズの活性が軒並み上がってくる。

 

それはそれで、また別の楽しみで取っておいて、来週くらいから、県外のクリークを回る予定です。

 

ナマズ釣り ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村

ナマズ釣り フックについて

前回の続きです。

まずは、フックについての考察です。

ナマズは、ルアーにヒットした際、後退しながらヘッドシェイクと言われる激しい『首振り』でフックを外そうとする動きが特徴です。

この時、トレブルフック(いかり型のハリ形状)を使用すると、上顎と下顎を同時に貫通させた状態で、ヘッドシェイクやローリングを繰り返した場合、ナマズの貫通した顎へ大きな負荷をかけ、時には、個体へ相当なダメージをかけてしまいます。

 

フッキング下手なナマズを釣るには、トレブルフックでヒット率を上げるという点で、利点ですが、時に、魚に深いダメージを与えてしまうかもしれないというマイナス部分も共存しています。

鯰人 ナマジー/SMITH

 

キャタピー/SMITH

 

もう何年も前に登場したナマズ専用ルアーの『ナマジー』『キャタピー』くらいから、その辺りの状況をメーカーも加味して、上向きのダブルフックが純正仕様で装備されるようになったのが記憶に新しいところです。

 

ただ、実際、使用してみて分かったことですが、この上向きのダブルフックは、どういう訳か、私の場合、かなりの確率でバラしてしまいます。

 

フックが上向き故に、下顎を捉えられない為なのか、定かではありませんが、とにかく何度、チャレンジしても乗せられなかった苦い経験があります。

 

人によっては、そんなことのないと言われる方もいるかもしれませんが、私には、乗せるにはかなり難しいテクニックです。

理屈では、構造上、シングルよりダブル、ダブルよりトレブルと針先の数が増えるほど、フッキング率が上がりそうですが、トレブルは別にして、シングルが思いのほか、ダブルより好ましい結果が出ているのが何とも理解し難いところです。

 

実際、スピナベやスプーンなんかでもそうですけど、早いリトリーブでもシングル仕様で難なく乗せることは可能ですし、現時点でも、トップ縛りの方で、シングルフックでしかやらない人もいて、結構な本数の成果を上げておられるので、十分な結果が出ている事がツイッターやブログを見ても理解できます。

 

なぜダブルの方が乗りが悪いのか?…。今でも明確な理由は、正直分からないところです。

 

ですので、ここでは、ダブルフックは省いてシングルで進めていきます。

 

シングル派の方々は、チューニングの手間暇をかけても、ナマズを大切に扱いたいという気持ちの現れから、自主的にそうされているようです。

 

ただ、一部では「シングルフックにしないならナマズ釣り師ではない…」的な半ば押しつけ的な考えを持った方も中にはいるようですが、これは、もっぱら釣り人の考え方に委ねられているのが現状であり、こういった一方的な論調は、せっかく魚の事を大切に考えているのに、人の気持ちはあまり考えていない個人の偏った考えであり、読み手からすると好ましい印象は受けません。

 

ですので、『ダメージ軽減』と『釣果UP』 双方のバランスを取りながら、実釣を通して配慮をしつつ、自分流のスタイルを見つけられるのが宜しいかと思います。

 

さて前置きはこれくらいにして。

ダブルフックを取り外し、シングルフックを取り付けます。

 

シングルフックは、ライトシェアジギフックを使用。

 

これは、ラメ入りのZappuティンセルフック

 

このルアーは、カップ型でボディ内にはラトルが内蔵されているため、音の対策は十分なので、フェザーフックのみの装着で完成。

 

 

 

 

次のルアーには、フックに加え、コロラドブレードを取り付けます。後ろには、スウィッシャーがついているため、フロントのみ装着。

 

シングルフックには、ゴムチューブが標準装備されており、しっかり補強されています。

写真では、フックの『かえし』が映っていますが、魚のダメージ軽減には、バーブレスは必須ですので、『かえし』はペンチで潰します。

 
ここ数日、またまた腰痛が出てきたので、本日の記事はここまで(笑)

 

つづく
 


ナマズ釣り ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村
 

鯰ルアー 物色中

今日は、今季のナマズ狙い用に新しいルアーを追加購入しようと思い立ち、大宰府にある釣具屋さん『キャスティング』へ行ってきました。

 

どこのチェーン店も一緒でしょうけど、店内はやっぱりソルトルアーの取り扱いが多いですね。

 

まあ、海釣りの方が対象となる魚の種類が豊富ですから、当然と言えば当然ですけど、それでも、淡水ルアーのコーナーも負けず劣らず結構、充実しております。

 

中でも定番のバス用ルアーは、ほぼ淡水ルアーの大半を占めており、ハード、ソフトともに様々なルアーが陳列されていて、一時期のバスブームが衰退した現在に至っても尚、相変わらずの根強い人気を誇っています。

これらの豊富な商品数を見れば、おのずとニーズが高いことが容易に想像つくと思われます。

 

そんな中、ほんのちょっとの角スペースに「ナマズ」のルアーが陳列されておりました

 

定番ルアー除いたら、ここの店舗で新しめの鯰ルアーこのくらい。

コレ、絶対、人気ないでしょ! 少なっ!(笑)

NOI-Z ナマズSP 85mm/ DUEL

NOI-Z ナマズSP 105mm/ DUEL

Sammy Bug75 Tonetatsu Tune / LUCY CRAFT

ジョインテッド ウェイクベイト HIGE PRIMA /  JACKAL

 

 

しばらくブランクがあったので、いつも出撃している人からすれば、そんなのもう新商品じゃないよ!って突っ込まれそうですが、何か文句でも(笑)

また他の店舗も物色して回りますが、取り合えず、次回は、このルアーのフックチューニングをアップしたいと思います。

 


ナマズ釣り ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村

そろそろ

3月に入り、ポカポカ陽気もチラホラ。そろそろ釣りに出かけようと思います。

ツイッターを覗くと、もう結構、ナマズを釣りあげている方もおられる様子。

中には暑さ寒さ関係なく1年通して通い詰めの猛者も。。

ほんとに皆さんお元気で頭が下がります。

 

暑さ、寒さ、関係なく釣りをする人は、根っからの釣り好きだと思います。

 

そう考えると、まだまだ小生、釣り好きのレベルではないなぁと改めて感じておりますが、それでも今年こそは、定期的にブログ更新できるくらいの熱量を上げ、県外のフィールド釣行を充実させたいと考えております。

コレ毎年言っていますが…。何か?(笑)

 

なので、まずは手始めに釣具屋さんへ出かけることに。

もうここ3年ほど、スローペースでやってきましたので、釣具の新調もしていませんでしたから、ちょっと衝動買いをしてみたところです。

お店の中をうろうろと物色するだけでもテンションはかなり上がるもの。

 

今回は、佐賀県のボンバーさん。雷魚ショップの専門店。

ルアーは、店長さんのお薦めでRodio Craftとボンバーさんのオリジナルのフロッグ軍。それからチューニングブレードをいくつか購入。これはクリークの雷魚狙い用に購入。

それから、鳥栖のキャスティングに寄って、ナマズルアーを購入。

 

トップは、『REAPER TYPE   J』と『Jointed Jeffrey』

どちらも、表層狙いのカップ系ルアー。

 

アンダー系は、いくつか購入しましたが、特に活性が低いエリアでの、ラトルインサートチューブワーム+カバージグのコラボで、底釣りを考えて購入。

 

まぁ、ルアーは、どれもチューニングが必要ですが、もう少しあったかくなるまでの間、フィールドに想いを馳せながら、工作するには、ちょうどいい時間かもしれません。

 

その後、ネットを物色してロッドを2本購入。

マグナムハスキーMHN-74H/ SMITH

Weedbed Monster “Trekker 76 Ⅱ”/おおの

 

それからリール

今更ながら、Shimano カルカッタコンクエスト18 400。

あとは、来週配達予定のTIEMCO  VJ440 LA RED

雷魚とナマズどちらも使えるタックル仕様で準備万端。

これで釣りへ出かけないと、もうおしまい(笑)

 

桜の華は、もうすぐそこです。

 


ナマズ釣り ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村

ナマズ釣り ワーム釣行

 

DSCF3592

今年、初めてのナマズ釣りです。蜘蛛の巣までいかないけれど、ナマズロッドも埃まみれ。

ここ2年くらいの間に、大規模な改修工事が行われた影響で、近くの河川で、まったく釣れなくなりました。

頑張って遠方に出かければ、釣れないこともないのでしょうが、気軽に出来るのがナマズ釣りの面白さ。ローカルエリアでさえ、都心と同じように、徐々に人の手によって生態系が崩れてゆき、魚たちが消え去っていく姿に何ともやるせない気がしています。

そんな感じで、釣行回数も軒並み減ったのは、そんな理由が大きな原因なのかもしれません。

まぁ、それでも、たまには、是が非でもナマズを釣りたい衝動に駆られる訳で。年中、ナマズ釣りに出かけている方のブログを拝見すると頭が下がります。5年ほど前までは、負けじと、週に4~5回は行ってたのに。やっぱり、ちょっと歳とったのかなぁ(笑)

dscf9978

さて、先日、久しぶりにここ福岡でもまとまった雨が降り続いた。河川では、コーヒー色に染まった濁流が流れ、水位も1mくらい上昇。

田んぼには、季節の風物詩であるトンボやカエルの姿があちこちでたくさんいる。

まだなんとか救われてる、そんな安堵感を感じています。

 

DSCF9631

今回は、小さな支流を狙う。

 

DSCF9615

ここでも川はコーヒー色。写真で見ると分かりづらいが雨水の勢いで、川の流れも結構速い。こんな濁った川でナマズは釣れるのか?と釣りをはじめた人なら、だれでもそう思うに違いない。
ただ、たとえ濁流であっても、水が動かない時より、遥かに活性は高い。

さて、この濁流の時の狙う方法だが、こういった状況だと大抵、流されまいとしてナマズは流れに逆らい上流へ向かって泳いでいるケースが多い。なので当然、ナマズの頭は、上流へと向いている。ルアーをキャスとする場合は、川上から川下へとキャストする方がいい。

やり方としては、しゃくっては流す、しゃくっては流すという一連の動作を続けることで、早い流れの中の場合、ナマズに一瞬一瞬、ルアーにポーズを作り食わせのタイミングを与えることが出来るからだ。

 

DSCF9613

それで、反応がないい場合、次に狙う場所は、水草のキワ。特に、水の勢いが失速している場所は、身を休めるにはもってこい隠れ場所であり、比較的、ナマズが着きやすい。長い時間、急流が続いている場合は、やっぱりここが狙うべき所。

 

今回のルアーは、この2つ。

DSCF9626SAWAMURA    ONE UP SHAD   REAL 4

なぜこの2つタイプかというと、それには理由がある。

 

DSCF9627DAIWA   HYDRO  SHOT    4inch

この時期は、ご存じのように田んぼへと供給された水が、雨により満杯になり、大量の水が排出される。このとき同時に、ミミズが大量に出て来る。ミミズが川へと流されると、そこへ、それを狙ってまた小魚が集まってくるしくみ。

いづれもナマズの捕食になるため、シャッドタイプとワームタイプは、この時期の餌としては、まったく違和感がない。

DSCF9619

 

IMAG0014

雨の中での釣行のため、写真がうまく撮れなっかたのがちょっと残念でしたが、思った通り、水の流れが止まっている、場所に2匹付いていました。

この後、雨あしと雷が酷くなり、終了。

当方のブログ、人気記事がランキングで表示されていますが、トップウォーターのルアー釣行より、ワーム釣行の方が人気があるようです。

 

恐らく、ナマズカテで、トップ縛りのブロガーが多く、アンダー系の記事を書いているブローガーが極端に少ないからなのでしょう。

 

以前、書いていました 「筑紫釣りブログ

 

つたないブログではありますが、アンダー系を中心にナマズ釣行を書いておりました。釣りに行く時間がなくて、ブログは、こちらのブログと一本化しましたが、初心者の方でップ系以外が好きな方は、何かの参考になれば幸いです。

 

今年は、あと何回、ナマズを狙いにいくか分かりませんが、こちらのブログで、アンダーウォーターの釣行も紹介していきたいと思います。

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村
 

 

九州のフィールドを巡る旅 佐賀県

久々のブログ更新です。今日の釣行先は、佐賀県。

dscf9994

佐賀県と言えば、広大に広がる佐賀平野が有名。

この佐賀平原ですが、田畑に引水する為に縦横無尽に張り巡らされたクリークが存在しています。

dscf9982

そもそも、このクリークとは人口水路のことで、地域の農業を支える大切な役割を果たしています。 一番大きな役割は、なんといっても稲を育てるための水を確保すること。

平野を流れている河川だけでは農業用水としての水の量が足りないため、雨が多い時期に余った水をクリークに貯め込んで、雨が少ない時期に使います。

また、もうひとつの大きな役割は、洪水の時に、農地や集落が浸かってしまわないように、あふれる水を溜め込むこと。こうして、安定した農業を営むため、縦横に掘り進められ、結び合わせたのがクリークです。

dscf9975

そんな、この佐賀クリーク。長く釣りをされている方や地元の方はご存じの通り、実は、数十年ほど前から、こと雷魚釣りに関しては、聖地と言われるほど、全国に轟く有名な場所。

それもその筈。クリーク総距離、なんと1500km。写真を見て頂くと分かると思いますが、色鮮やかなグリーンに埋め尽くされた、釣り人には何とも堪らないロケーションが至る所の点在する。ヨダレものです。ホント、たまりませんね(笑)

dscf9990

1500㎞という途方もないこれだけの距離がある訳ですから、雷魚もかなりの数、生息していており、聖地として人気があったことも頷けます。

ところが、ここ2~3年、やっと見つけたポイントが護岸工事で悉く消滅。なんで、こんなにまで工事が行われているのか、ネットで調べてみたところ…。

 

32

実は、2012年度から約12年をかけ、クリークの法面(のりめん)崩壊が深刻な佐賀平野で、大掛かりな補修工事が始まったという。

県によると、佐賀平野のクリークは総延長約1500キロで、現在、補修が必要なのは、そのうち幹線430キロ、支線320キロの計750キロ。県は国の補助を受けて1999年度から補修をしているというではありませんか。

1500kmの半分、約750kmが補修工事の対象になっていた訳なんです。

これが、ちょっと不思議なことに釣れる場所ばっか(笑)

完全に日頃の行いです。(笑)

そんな訳で、ここ2~3年で開拓した場所、そのほとんどが壊滅してしまったこともあり、新たに新規ポイントを開拓開始。

まだまだ途方もないくらいのクリークが存在している訳ですから、今からでもきっと見つけられる筈。

 

dscf9985

dscf9986

dscf9983

 

ただ、こんな感じで、草が茂り過ぎたり、水が腐って魚が死んでしまうような酷い水質の場所も多々あり…。

 

何時間も車を走らせ…。

そして、とうとう見つけました。

 

dscf9977

 

dscf9980

マジ感動です。

ボフボフやっています。

捕食音がこだましているんです((笑)

コイかもしれない。投げてみないと分からないけれど、恐らく、コイに交じって、雷魚がいる!そんな期待をマックスで感じさせてくれる場所を発見。

 

俺は、水たまりでも投げる! そんな人をSNSでお見掛けしましたが、今なら、その心境が良く分かります。(笑)

そして…

dscf9990

何度もバイトがあるけれど、乗らないポイント。

絶対いる!

こういった場所は、時間差で狙うと、案外、簡単に釣れることがある。

他のポイントを散策し2時間後に再度、キャスト。

 

dfPranadesign / FROG LURE RED        weight 13g   SIZE:  60mm

 

そして、ようやく、ちょっと小ぶりですが、ライギョをゲット。

img_0262-2

今日は1日で数か所、ポイントを発見。

佐賀県のクリーク。まだまだ開拓の余地がありそうです。

 
dscf9987
 

 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村
 

 

 

九州のフィールドを巡る旅  大分県

 

DSCF5818

久々の九州のフィールドを巡る旅。今回は、大分県。

前回のブログでも書きましたが近年多くの野池で、バス駆除のため、水抜きをおこなっており、釣り禁止も含めポイントを見つけることが容易ではなくなった。

九州圏では水面にハスが生い茂る、アングラーにとっては、ヨダレが出る美味しい場所であっても、水抜きが理由で魚1匹いないなんてことがザラにある。

ロケーションがいいからといって、正直、地元の人間でない限り、竿を振ってみないことには、魚が生息しているかどうかは判断できない。

だから、遠征先での釣行は、情報も乏しく非常に難しいけれど、苦心の末、釣れた時の喜びもひとしおなのだ。

 

さて今回の遠征先は、大分県のN市。福岡から車で2時間半くらいの場所にある。隣接する隣町Y市との間には昔から、田畑の貯水用として、至る所に野池が点在しており、いまでもローカルな田舎町だ。

DSCF5819

 

もうずいぶん昔、もうかれこれ30年くらい前になるでしょうか、釣りの雑誌にも掲載されるくらい、一時期は、ライギョ釣りで賑わっていた。とにかく、当時のアングラーからすると、そそられるポイントだらけ。
ただ、当方は福岡在住のため、どちらかというと佐賀のクリークの方が近く、こちらの方には行く機会がほとんどなかった。

DSCF5874

そんな場所であるが故に、近年の状況がさっぱり分からずにおりました。ところが、ラッキ―なことに、昨年、仕事帰りにたまたまライギョが生息している場所を発見。今年は、時間が取れたら、必ず行こうと決めていた場所があったのであります。

DSCF5880

今回の大分県、遠征といっても、もっぱら地元に知り合いもいませんから、唯々、釣り歩いて確かめるだけ。水抜きされていないことを祈りつつ、現地へ赴く。

水面を眺める。昨年と変わらぬロケーション。青々と生い茂る水性植物の姿に心が躍る。

 

近頃は、歳のせいか、やっぱりオープンウォーターより、水面をぎっしりと覆いつくされたリリーパッドを眺める方が、圧倒的に癒される。緑は、目に良いといいますが、植物の息吹、新緑の美しさにしばし心を奪われる。若い時は、花や植物なんて全然、興味なかったのに…。

見つめる姿は、まるで夢見る乙女であります。おえっ(笑)

DSCF5829

よくよく目を凝らしてみると…

水面から、時折、気泡が浮かび上がってくる。だいたい、コイや雷魚がいると、何かしら水面に変化がある。

早速、準備を整え、そこにターゲットがいるであろう、そんな場所に妄想を膨らませながら、期待を込めて第一投目をキャスト。

DSCF9595LURE:Finesse/フィネス 黒魚 Jr. (フゴ ジュニア)  ( white)

実はライギョという魚、見た目とは裏腹にとても素早い動きが取れる。大きなものだと、とても警戒心が強い。

ルアーには、とにかくゆっくりゆっくり一定距離で近づいてきて、鼻っ面までの超至近距離まで近づいておきながら何分間も動かない事が度々ある。

ただ、じっとルアーを射程距離にいながら食わないといった状態だ。

その間、長い沈黙が続く。そしてほんの少し、プルプルとルアーへ振動を伝わらせた瞬間、

ロックオン!

DSCF5851

 

いままでのスローな動きがうってかわり、今度は、激しい捕食音を立て凄まじい勢いで、フロッグを水中へ引きずり込む。

水中へ深く潜り込むだけではなく、時にはバスがエラ洗いするように、高く飛び上がり、水面を割りハイパワー、猛スピードで抵抗する。

ナマズの動きとは全く異なった面白さだ。

そんな姿にいつもしびれる。

 

今回は、激しい格闘の末、ようやくゲット。

unspecified9VR6WQFC - コピー

リトリーブに息を呑み、沈黙を破り、ハスの合間から突如、出現する瞬間が堪らなく楽しい。

DSCF5841

遠征には、のどかな田園風景、自然の景色を眺める楽しみや、普段の釣り場とは違うワクワク感を存分に堪能できる気がします。

 

ナマズ釣り ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
 
にほんブログ村