「九州のフィールドを巡る旅」カテゴリーアーカイブ

県外のポイント探索

 

昨日の4月16日 月曜日

出撃の予定にしていたのは先週。

 

長女の就職やら、次女の高校入学準備で、制服合わせやら、備品の購入やら、その他、もろもろの手続き等が重なり、なかなか遠方へ出かける時間が取れませんでしたが、昨日、ようやく、すべてが完了し、自分の時間が取れたので、朝から、予定にしていた県外へ出かけて来ました。

 

少し朝から肌寒く、こういった日は、だいたい日中くらいから徐々に気温が上昇して、夕方から気温が下がるパターンだと思っていましたが、予想通り、日中はポカポカ陽気で、窓を開けて車を走らせていると、心地よい風が車内を吹き抜けて、なんとも言えない高揚感が込み上げてきます。

 

釣り人は、ポイントへ向かっているときが、1番ワクワク感があって楽しいかもしれない。

釣れないことは、まったく考えていませんからね(笑)

 

さて、今回は、グーグルアースで目星をつけていたライギョの釣れそうな雰囲気のポインへ車を走らせ、集中的に佐賀平野のクリークを探索。

 

 

だいたい、どのエリアでもそうですけど、あたたかい時期になると日差しによって水温が上昇し、プカプカと雷魚が水面に浮いている光景が良く見られます。

 

地元ではないので、ポイントの詳しい状況が分かりませんから、私の場合は、まずは、ローラーをかけて生息エリアか否かを目視によって判断して、あとは、拾い集めたスポットを集中してピンポイントで廻ります。

 

 

色々、ポイントを回って10匹程、雷魚がいる場所を発見しました。

 

だいたい50~60cmサイズでしたが、2か所に90くらいのデカいやつがいる場所も発見。

 

ヒシなどの水生植物がまだ成長前のところは、ゴミがあるところや特に、こういった岸際の草の下辺りの場所に隠れていました。

 

それから、こういったオーバーハングなど。

 

ただね、見つけるのは、そんなに難しいことではないのかもしれませんが、実際、ルアーを投げて喰ってくれるか否かは別問題(笑)

 

 

それはそうでしょう。

 

それだけでっかく成長している訳ですから、大型の魚や、鳥や人間に至る様々な天敵の攻撃から攻撃をかわしながら生き抜いてきた経験値があります。

 

 

警戒心が半端ないです。ルアーを投入しても、ターンをして完全に見切っています。

 

 

恐らく、フロッグは、ほとんどの人が投げ倒しているだろうから、ちょっとや、そっとでは、とても釣れる気がしません。

 

朝から1日中回って、やっと1匹。正直、くたびれました。

 

なかなか厳しい釣りを強いられます。

 

活性の上がる夏に向けて、いろいろ、考えないといけません。

 

 

 
 


ナマズ釣り ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村
 

 

九州のフィールドを巡る旅 佐賀県

久々のブログ更新です。今日の釣行先は、佐賀県。

dscf9994

佐賀県と言えば、広大に広がる佐賀平野が有名。

この佐賀平原ですが、田畑に引水する為に縦横無尽に張り巡らされたクリークが存在しています。

dscf9982

そもそも、このクリークとは人口水路のことで、地域の農業を支える大切な役割を果たしています。 一番大きな役割は、なんといっても稲を育てるための水を確保すること。

平野を流れている河川だけでは農業用水としての水の量が足りないため、雨が多い時期に余った水をクリークに貯め込んで、雨が少ない時期に使います。

また、もうひとつの大きな役割は、洪水の時に、農地や集落が浸かってしまわないように、あふれる水を溜め込むこと。こうして、安定した農業を営むため、縦横に掘り進められ、結び合わせたのがクリークです。

dscf9975

そんな、この佐賀クリーク。長く釣りをされている方や地元の方はご存じの通り、実は、数十年ほど前から、こと雷魚釣りに関しては、聖地と言われるほど、全国に轟く有名な場所。

それもその筈。クリーク総距離、なんと1500km。写真を見て頂くと分かると思いますが、色鮮やかなグリーンに埋め尽くされた、釣り人には何とも堪らないロケーションが至る所の点在する。ヨダレものです。ホント、たまりませんね(笑)

dscf9990

1500㎞という途方もないこれだけの距離がある訳ですから、雷魚もかなりの数、生息していており、聖地として人気があったことも頷けます。

ところが、ここ2~3年、やっと見つけたポイントが護岸工事で悉く消滅。なんで、こんなにまで工事が行われているのか、ネットで調べてみたところ…。

 

32

実は、2012年度から約12年をかけ、クリークの法面(のりめん)崩壊が深刻な佐賀平野で、大掛かりな補修工事が始まったという。

県によると、佐賀平野のクリークは総延長約1500キロで、現在、補修が必要なのは、そのうち幹線430キロ、支線320キロの計750キロ。県は国の補助を受けて1999年度から補修をしているというではありませんか。

1500kmの半分、約750kmが補修工事の対象になっていた訳なんです。

これが、ちょっと不思議なことに釣れる場所ばっか(笑)

完全に日頃の行いです。(笑)

そんな訳で、ここ2~3年で開拓した場所、そのほとんどが壊滅してしまったこともあり、新たに新規ポイントを開拓開始。

まだまだ途方もないくらいのクリークが存在している訳ですから、今からでもきっと見つけられる筈。

 

dscf9985

dscf9986

dscf9983

 

ただ、こんな感じで、草が茂り過ぎたり、水が腐って魚が死んでしまうような酷い水質の場所も多々あり…。

 

何時間も車を走らせ…。

そして、とうとう見つけました。

 

dscf9977

 

dscf9980

マジ感動です。

ボフボフやっています。

捕食音がこだましているんです((笑)

コイかもしれない。投げてみないと分からないけれど、恐らく、コイに交じって、雷魚がいる!そんな期待をマックスで感じさせてくれる場所を発見。

 

俺は、水たまりでも投げる! そんな人をSNSでお見掛けしましたが、今なら、その心境が良く分かります。(笑)

そして…

dscf9990

何度もバイトがあるけれど、乗らないポイント。

絶対いる!

こういった場所は、時間差で狙うと、案外、簡単に釣れることがある。

他のポイントを散策し2時間後に再度、キャスト。

 

dfPranadesign / FROG LURE RED        weight 13g   SIZE:  60mm

 

そして、ようやく、ちょっと小ぶりですが、ライギョをゲット。

img_0262-2

今日は1日で数か所、ポイントを発見。

佐賀県のクリーク。まだまだ開拓の余地がありそうです。

 
dscf9987
 

 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村
 

 

 

九州のフィールドを巡る旅  大分県

 

DSCF5818

久々の九州のフィールドを巡る旅。今回は、大分県。

前回のブログでも書きましたが近年多くの野池で、バス駆除のため、水抜きをおこなっており、釣り禁止も含めポイントを見つけることが容易ではなくなった。

九州圏では水面にハスが生い茂る、アングラーにとっては、ヨダレが出る美味しい場所であっても、水抜きが理由で魚1匹いないなんてことがザラにある。

ロケーションがいいからといって、正直、地元の人間でない限り、竿を振ってみないことには、魚が生息しているかどうかは判断できない。

だから、遠征先での釣行は、情報も乏しく非常に難しいけれど、苦心の末、釣れた時の喜びもひとしおなのだ。

 

さて今回の遠征先は、大分県のN市。福岡から車で2時間半くらいの場所にある。隣接する隣町Y市との間には昔から、田畑の貯水用として、至る所に野池が点在しており、いまでもローカルな田舎町だ。

DSCF5819

 

もうずいぶん昔、もうかれこれ30年くらい前になるでしょうか、釣りの雑誌にも掲載されるくらい、一時期は、ライギョ釣りで賑わっていた。とにかく、当時のアングラーからすると、そそられるポイントだらけ。
ただ、当方は福岡在住のため、どちらかというと佐賀のクリークの方が近く、こちらの方には行く機会がほとんどなかった。

DSCF5874

そんな場所であるが故に、近年の状況がさっぱり分からずにおりました。ところが、ラッキ―なことに、昨年、仕事帰りにたまたまライギョが生息している場所を発見。今年は、時間が取れたら、必ず行こうと決めていた場所があったのであります。

DSCF5880

今回の大分県、遠征といっても、もっぱら地元に知り合いもいませんから、唯々、釣り歩いて確かめるだけ。水抜きされていないことを祈りつつ、現地へ赴く。

水面を眺める。昨年と変わらぬロケーション。青々と生い茂る水性植物の姿に心が躍る。

 

近頃は、歳のせいか、やっぱりオープンウォーターより、水面をぎっしりと覆いつくされたリリーパッドを眺める方が、圧倒的に癒される。緑は、目に良いといいますが、植物の息吹、新緑の美しさにしばし心を奪われる。若い時は、花や植物なんて全然、興味なかったのに…。

見つめる姿は、まるで夢見る乙女であります。おえっ(笑)

DSCF5829

よくよく目を凝らしてみると…

水面から、時折、気泡が浮かび上がってくる。だいたい、コイや雷魚がいると、何かしら水面に変化がある。

早速、準備を整え、そこにターゲットがいるであろう、そんな場所に妄想を膨らませながら、期待を込めて第一投目をキャスト。

DSCF9595LURE:Finesse/フィネス 黒魚 Jr. (フゴ ジュニア)  ( white)

実はライギョという魚、見た目とは裏腹にとても素早い動きが取れる。大きなものだと、とても警戒心が強い。

ルアーには、とにかくゆっくりゆっくり一定距離で近づいてきて、鼻っ面までの超至近距離まで近づいておきながら何分間も動かない事が度々ある。

ただ、じっとルアーを射程距離にいながら食わないといった状態だ。

その間、長い沈黙が続く。そしてほんの少し、プルプルとルアーへ振動を伝わらせた瞬間、

ロックオン!

DSCF5851

 

いままでのスローな動きがうってかわり、今度は、激しい捕食音を立て凄まじい勢いで、フロッグを水中へ引きずり込む。

水中へ深く潜り込むだけではなく、時にはバスがエラ洗いするように、高く飛び上がり、水面を割りハイパワー、猛スピードで抵抗する。

ナマズの動きとは全く異なった面白さだ。

そんな姿にいつもしびれる。

 

今回は、激しい格闘の末、ようやくゲット。

unspecified9VR6WQFC - コピー

リトリーブに息を呑み、沈黙を破り、ハスの合間から突如、出現する瞬間が堪らなく楽しい。

DSCF5841

遠征には、のどかな田園風景、自然の景色を眺める楽しみや、普段の釣り場とは違うワクワク感を存分に堪能できる気がします。

 

ナマズ釣り ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
 
にほんブログ村

九州のフィールドを巡る旅  熊本

DSCF5906

前回の長崎釣行から、もう1ケ月以上も経過してしまいました。

 

あれから、釣りへのモチベーションは、常にMAXをキープしつつも、最近は、なんやかんやとやることが多過ぎて、中々、釣りに出かける時間が捻出できませんでしたが、ようやく日程の調整がつきました。

 

今回は、熊本県。

 

熊本には、去年から、ナマズ料理を新メニューを取り入れた川魚専門店があることを最近知って、「これは、行っとかないと、シーズンが終わったら、食べられなくなる!」

 

ということで、グルメ好きな友人と一緒に、ポイントのリサーチを兼ねて、行って来たのであります。同行した友人は、釣りはやらないので、道中は、退屈しないように観光をメインにしつつ、横目で河川を追いながら、ポイントの下見となります。これ結構、難しい荒技です(笑)

 

DSCF5957

さて、ここ「かわ専」さんは、ウナギが美味しいと評判のようで、昼間は、平日でもお客さんが入口で待っているくらい、とっても繁盛しているお店のようです。

 

中央の個室に通されました。ふすまを開けると、堀ごたつのテーブル。

 

DSCF5946

テーブルにある、メニュー表を見ると、ナマズ料理の文字。ただ、料理は単品なんで、大川の三川屋さんのように、コース料理はないようです。なので、ウナギ定食と合わせて注文をすることに。

 

DSCF5949

しばらくすると、まず最初に、ナマズの刺身が来ました。色鮮やかなピンク色が食欲をそそります。正直、これがナマズだと言わなかったら、ほとんどの人が分からないんじゃないでしょうか。口に入れるとプリプリとした触感。この触感!たまりません。

DSCF5952

お次は、なまずの唐揚げ。アツアツの揚げたて唐揚げをつゆにつけて食べてみます。

とても柔らかくて、口の中で、とろける美味しさ。うまみが拡がります。

ナマズ釣りをやらない一般の人からすると、ナマズのネーミングだけで、顔をしかめる人もいるようですが、そのお味は、きっと想像つかないんじゃないでしょうか。

 

それから、ウナギ料理がきました。

 

DSCF5953

ウナギは、絶滅危惧種に指定されて以来、価格が高騰し、贅沢な料理になってきましたけど、やっぱり、平日に沢山、お客さんが入っているのをみると、美味しければ、高いお金出しても、食べにいきたいものなんです。

 

あと、すっぽん料理なんかもあったけど、あんまり元気になりすぎて、仕事で過労死してはいけませんから、この辺で(笑)

 

満腹になったあとは、歴史の散策です。

 

熊本市から阿蘇へと向かいます。天気に恵まれ、最高のドライブ日和です。

DSCF5961

1時間ちょっとで、阿蘇にある「阿蘇神社」に到着。参拝し、ブラブラと境内や近くのお店を覗いて周ります。

DSCF5959

ある程度、満喫してから、一路、再び熊本市内へ。ようやく本題に入ります。

 

 

熊本市内には、「鯰」の地名が入った場所があったので、ちょっと寄ってみました。

1415611352323

「鯰」って書いてあるくらいだから、鯰が釣れまくるだろう。

 

って、誰しも単純に思ってしまいそうですが…。

 

田んぼの周りに水路があるけれど、魚の生態反応が全くない。そんな甘いものではありませんねー(笑)

 

DSCF5862

ロケーションは、いいけど、かなり釣れなさそうです。

 

そうこうしているうちに、収穫もなく、日没も迫ってきたので、この日は終了。

 

 

やっぱり、グルメとか歴史散策とか入れたら、ポイントは周れませんよねー(笑)

 

 

そして昨晩、シーズンも終わってしまうので、ぶっつけ本番で、仕事が終わってから再び行って来ました。

 

 

熊本市内を流れる某河川。事前にグーグルアースでポイントを絞り、ポイントへ直行。

 

 

初めての場所で、ナマズを狙う場合は、やっぱりここだけを狙うのがいいですね。

 

 

それは、排水口の真下。

 

 

このあたりも例外ではなくて、家屋が河川のすぐ傍に隣接しているような排水口には、高確率でナマズがついてついているって感じ。

 

 

DSCF5903

 

DSCF5876

 

DSCF5911

たて続けに、ナマズがヒット!

 

ふ~、ボウズを免れました。

 

やっぱり、高速使って、ボウズじゃ悲しすぎますからね。

 

時刻をみれば、もう21時。帰りの道中が長いのがちょっとネック。

 

やっぱり昼間に釣りたかったなぁ。

 
 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

 

九州のフィールドを巡る旅 長崎

DS11

今回の遠征先は、九州の西側に位置する長崎県。

ここ最近、県外遠征に向けて、九州のいろいろな釣り場情報を収集しておりましたが、情報入手した釣れるであろうポイントの情報も、季節の移り代わりによって、ポイント自体も刻々と変化してゆき、直接フィールドへ出向かなければ、そのニュアンスを感じ取ることは難しいようです。

とどのつまりは、広範囲に渡って、くまなく調査してみないことには、初めて訪れる土地でもあり、ピンポイントで釣れる場所を見つけ出すのは、かなり至難の業。恐らくは、県内の1エリアを周るだけでも、一日が終わってしまいそうです。

そんなこともあり、今回は、とある場所へと事前に訪れ、川の状況を調べていたのが功を奏し、当日の釣りは、かなり中身の濃い釣りを満喫できました。

 

小生が一番、驚いたのは長崎県にも、雷魚やナマズの魚影が濃い河川があり、フィールドとしては、ポテンシャルが想像以上に高い場所が存在していたこと。

 

県道沿いにある釣り具屋さんは、思っていたより多く、平野部の多い、佐賀に比べると、四方を海に囲まれているせいか、海釣りメインのお店が多いように感じられます。

 

単純な考えですが、地域柄、海と川の釣り人口の比率は顕か。その恩恵を受けて、川釣りにおける未開の地があってもおかしくはない。

 

長崎に入り、高速を降り、早速、支流をメインにフィールドを周る。

DSCF5865

Ds4

↑ この写真のコイは、恐らく1mはあると思われます。

 

これ以外でも、メーター級の雷魚がいたり、餌となるベイトが豊富に存在していることで、生息している魚が、かなり巨大化しているようです。

 

残念ながら、この日は、デカい雷魚を何本もバラしてしまい、相当凹みました。ただ地元の福岡であれば、これだけの体験はなかなか出来ませんから、今回は良しとして、腕を磨いて次回に繋げたいと思います。

DS2

DS3

支流付近には、極小クリークもあり

DS5

DS6

DSCF5857

DS8

DSCF5775

DSCF5789

DSCF5786

DSCF5816

どこもロケーションは抜群です。

DS7
↑ 今回、協力して頂いた、釣り仲間のkazさんには、ナマズを狙って頂きました。

 

DS9
↑ 小生、事前調査で、小ぶりな雷魚をゲット。サイズは小さいが1m位の細い水路でも雷魚がかなり生息しているようです。

事前調査と今回の釣行だけで、おおよそ、10ケ所ほどポイントを開拓。

もう少し時間があれば、ナマズや雷魚が生息するポイントを更に沢山発見できそうです。

次に来る時は、集中したピンスポット狙いが楽しみです。

やはり九州は広い!今回の釣行によって、これから周る各県の中にも、釣人が足を踏み入れた事がない場所が確実に存在する。

 

DS10

そんな確信を得られたような気がします。

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村