ルアーメイキング どぶ漬け

ハンドクラフトを再開しようと思い、取り急ぎ、楽天ショップに出店している「Back Lash」さんから、セルロースカラー(ホワイト)を購入しました。

 

本日、ショップより商品が到着しました。

 

以前もハンドクラフトの記事を紹介していますが、この時は、バルサの木材から電ノコでカッティングするところから作り始めました。今回は、アリババから、ルアーボディの本体だけを取り寄せていますので、かなり工程を省略しております。(仕事が忙し過ぎて、時間があまり取れなかったので、今回は省略しております。)

 

電ノコを使って最初から、手作りを目指すのも楽しいものですので、時間がある方は是非、木材の削り出しから始められることをお勧めします。

 

 

当方がアリババで購入したルアーボディは、クランク系やミノー系が大半で、ことナマズ釣り用のルアーとなるとポッパー系に限定されます。

 


この辺りのルアーに、プロペラを装着しスウィッシャー仕様にして、更にブレードを加えて、対ナマズ用ルアーに改造する予定です。

 

 

 

 

 

このまま、プロペラを装着しても十分にナマズを狙えるとは思いますが、やっぱりコーティングを加えることによって、見た目のクオリティをアップさせた方が自己満足ではありますが、楽しめると思っています。

 

とりあえず1個、ベースになるセルロースのドブ漬けから始めます。

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


ナマズ釣りランキング

ハンドクラフトのすすめ

緊急事態宣言による自粛期間が今月末まで延期されました。

 

ここ福岡でも、ゴールデンウィークに入り、自粛疲れのせいか、釣り場への殺到が各地で発生し、行政から釣り禁止の指定区域も余儀なくされるなどの事態へと発展してきております。

 

SNSを覗けば、あちこちで色々な意見を目にします。

 

釣りをしない人からすると

 

「なんでこんな時期に自分の欲を優先するんだ!」

 

「自分の欲さえコントロールできないヤツが、他人に移さない保証などある訳がない」

 

「他人へコロナを拡散していることを自覚しろ!!」

 

 

と一部のルールを守らない人達がいる為に、多くの釣り人が肩身の狭い思いをしている。

 

釣り場に止めた車に傷をつけられたり、壊されたり…。

 

被害にあわれている方もおられ社会問題に発展しております。

 

 

TVでよく拝見する脳科学者の中野信子先生が、発言されておりましたが、今後さらに増えるかもしれないと危惧する現象として

 

それは

 

「自分は絶対に正しい」

 

「他人の言動が許せない」

 

という感情が引き起こす、激しいバッシングやハラスメントだそうです。

 

「相手の過失に強い怒りを感じ、日ごろは使わないような激しい口調で罵り、完膚なきまでに叩きのめさずにはいられない」

 

これは

 

「正義中毒」というべき一種の依存症状で、自分が属する集団を守ろうとする脳の仕組みが関係していると中野先生は言われます。

 

 

ここで責める側からすると、「我慢して自粛しているのに、身勝手な人のせいで、自粛が延長されるのは、納得いかない!」

 

恐らくそうかもしれません。

 

 

でも完膚なきまで叩きのめすのは、ちょっとやりすぎ。こういう人達、最近、SNSで多くなった気がする。

 

 

「正義中毒」

 

 

釣り人の主張

 

釣りをやらない人の主張

 

お互い共感できないのは当然と言えば当然です。

 

けれど、自分の場合は、無理して行って、トラブルに巻き込まれる心配をするより

 

自粛期間といっても、たかだか、少しの時間。

 

一部の「正義中毒」の人を刺激しても、釣り人も、釣り業界においても、メリットなんてひとつもない訳で、今は、釣りに出かけるよりは、自分なりに違う楽しみを模索する方が有意義だと考えている。

 

 

以前、購入していたハンドクラフト用のプラグ。

 

 

自粛延期のいい機会ですから、ナマズルアーを久々に制作しようと思います。

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


ナマズ釣りランキング

スローフィッシングのススメ

 

今日は、本のご紹介です。

 

これは、別冊つり人 Vol.398 power of snakehead 雷魚 本。

 

コレ、5年ほど前に発売されていた本で、雷魚アングラーなら大部分の方がご存じなのかもしれません。

 

当方も当時、この本が書店で並んでいたその時、とくに購入しようと思わずにいたのですが、ここ数年、遠征先の田舎風景、美しい蓮のロケーションに魅入られてからというもの、身近なオープンウォーターより、遠征先のカバーゲームの方が心躍ることに楽しみを見出していた昨今

 

でっかい蓮(ハス)の葉っぱがある場所で、キャストしているこの表紙が目に飛び込んできました。

 

コレ、どうやって釣るんですかね(笑)

 

身近でこんなポイントがないので、素朴な疑問。 興味が湧いて早速ポチリ。

 

本が2日後に到着。

 

早速、ページを開くと

 

新家邦昭氏、赤羽修弥氏、高井主馬氏、玄人が薦めるポイントの選び方、攻め方は勿論、環境問題に至るまで、なかなか、見ごたえのある本です。

カラー写真の美しい景色や、釣り場の臨場感など、文章を通じて伝わってきます。どの記事も丁寧に読みやすく魅力的に仕上がっています。

 

これはちょっとシビレました。

 

 

 

私が特に気になったのが雷魚釣りにおける「スローフィッシングのススメ」という記事。

 

ナマズ釣りの場合、多くの方がRUN&GUNによるスピーディーな釣りがもっぱらメインだと思うので、バスや雷魚狙いのテクニックに使われるスローアクションは馴染みがない人も多いと思います。

 

特に大きな違いがあるとすれば

 

 

 

例えば

鯰の場合、上記写真で見ると分かりますが、体の上部に、ミシン目のような白い点線が入っています。

これは側線といって、主に魚類・両生類の体の両側に線状に並んでいる感覚器です。主に水流・水圧を感知する為のものです。

 

この側線は、ナマズ特有の長いヒゲと共に、『音』による波動をキャッチし、捕食する獲物の位置を捉える為、ノイジーやハネモノ系ルアーなどの『音』によるアプローチがナマズにとって効果的なのは、皆さん周知のとおり。

 

ですから、ここで紹介している音やアクションをほとんど使わない、カバーゲームおけるフロッグの繊細な釣り方は、オープンウォーターの鯰釣りとは、まったく異なるスタイルです。

 

 

 

 

さてこの雷魚という魚

 

グロテスク風貌の割には、意外と臆病で警戒心が強い魚と言われています。

 

例えば、

遠征先のフィールドでは、暖かい日は、大小あちらこちらの河川で、雷魚が水面近くに浮いてるのを目視で確認できます。

目の前にあるルアーの鼻先まで追いながら、目前で5分も10分も食わないケースによく出くわすのですが、これは、かなりしんどい。当方、いつも雷魚様ににモテ遊ばれ、愛のご指導の元、日々、忍耐力を鍛えられております(笑)

 

プレッシャーの高い場所は総じて、魚の対応が極めて冷たいものです。

 

当方、遠征先の佐賀クリークは全国でも屈指のライギョの聖地といわれる場所。

 

聖地と言えば聞こえはいいのですが、その分、県外からも多くの釣り人が訪れるプレッシャーエリア。

 

数か月もかけて、せっかく見つけたビッグフィッシュの生息場所に、先行者がフロッグを投げ通した後が、菱の葉にクッキリと何本も残っていたりすると、正直がっかりしてしまいます。

 

 

 

この記事を書かれたアングラーも、ねらうべきポイントが絞れているならば無闇にキャストせず、フィールドを叩きすぎないという事を伝えていますが、

『魚にプレッシャーを与えない』『フィールドを無闇に壊さない』という大前提がスローフィッシング提唱に繋がっています。

 

 

ここで伝えるスローフィッシングとは、ルアーをキャストし、リールのラインをとにかくゆっくり巻き取るスローなリトリーブ操作。

 

筆者は、リール1回転につき1分、時には、1キャストに30分以上を費やすこともあるという。

 

 

 

スローフィッシングのアクションは

『ロングポーズ』

①フロッグが着水してから1分間置く

②フロッグに一切のアクションを加えずに、自然になじむまで待つ。

 

『チクッと動かす』

①小さな波動がでるくらいがベスト

②ほんの一瞬ラインが張る程度

 

 

『ロングポーズ』と『チクッと動かす』

 

大きくはこの2点 スローアクションの繰り返し。

 

 

◎ フロッグを使う場合、実際、自然界のカエルは、水面ではほとんど動かないし、波動も小さい。存在に気づかないほどだが、しかし、雷魚は見逃さず捕食する。

 

◎このロングポーズと極めて小さいアクションを組み合わせるスローな釣りは、雷魚にフロッグの存在を気づかせないどころか、ナチュラルゆえにすこぶる反応が良い。

 

◎スローに釣ること自体難しいテクニックを要する訳ではないので誰にもできるとは思うが、つい我慢しきれず動かしてしまう人が多い

 

と筆者はいう。

 

 

特に最後の『つい我慢しきれず動かしてしまう人が多い』これには、とても共感します。

 

なので

 

筆者の超がつく、デッドスローリトリーブ(止まるほどゆっくり巻くこと)1キャスト30分は凄い。コレは簡単なようで中々、真似できません。

 

 

釣りというのは、せっかちな人の方が向いているなんて、昔から言われています。

 

これは、短気な人は、負けず嫌いが多く、仕掛けや、エサの付け替えをこまめにするからだ!なんて言われてたこともありましたが

 

このスローフィッシングにおいては、辛抱強さがカギなのでしょう。

 

ビッグサイズの雷魚を釣りあげている掲載写真を拝見すると、一段と説得力があります。

 

1キャスト30分

 

辛抱するのは、なかなか難しいですが

 

ゆえに

 

人がやらない、やれない方法ほど効果が期待できるのかもしれませんね。

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


ナマズ釣りランキング

釣りに行くのはダメ!?

 

連日、コロナ一色の報道。

とうとう本日で国内感染者も6000人を超え、海外のような危機的状況も覚悟しないといけないフェーズに入ったようです。

国内では、島津製作所が従来のPCR検査の半分の検査時間で済ませることができる新型コロナ検査キットを20日から発売する。

 

 

恐らく、これまで検査が出来なかった人の数が相当数上がってくると思うので、上昇率がさらに増加することは素人目にみても分かる。

 

これだけ危機感を募る暗いニュースが連日続いてくると、ますます気分が滅入ってしまいますよね。

 

学校が休校になり自宅で過ごすことが楽しいと口にしていた子供たちでさえ、1か月も経過すると、これから数か月見えない自粛期間が続くかもしれないと考えると、だんだん不安を口にするようになって来ています。

 

うちでも、こんな感じですから、長い間の外出自粛でストレスを抱えている人が大勢いるのは容易に想像できます。

TV番組、映画やゲーム、書籍、etc…。長期になってくると、さすがに室内だけでは、メンタルが持たなくなってくる人もいるかもしれません。

 

釣りに行くのはダメ??

 

少なくとも釣りを趣味にしている人はこの時期、家族から、『釣りに行ったらダメ!!』なんて親や奥さんに言われ、我慢を強いられる人も少なからずいるかもしれませんね。

 

 

最近のTVニュースの情報を考えてみました。

現在、政府が要請している外出自粛については

 

① 喚起の悪い密閉空間

② 多数が集まる密集場所

③ 間近で会話や発声をする密接場所

 

この上記3つの『蜜』が重ならないよう要請しています。

 

 

つまり、ほとんどが人の集まる場所、『蜜』を媒介して感染し拡大しているようです。

たとえば、釣り場のケースで考えてみると、①の『喚起の悪い密閉空間』は青空のもとで考えにくいのですが

 

②不特定数が集まる密集場所

③間近で会話や発声をする密接場所

 

該当場所として考えられるのは

 

例えば、人だかりができやすい、密集しやすい、海釣り公園、釣り堀、防波堤、釣り船など。

 

基本、2m以上、一定距離が保たれるか、人と接しなければ、大丈夫なようです。(それでも人がいる場所は不安ですが。。。)

 

人と人との接触をさけることは現代社会では非常に難しい。ですから、8割減という政府が大きなくくりで『不要不急』を要請する事は、人との接触を極力避けさせる効果が大きいからにほかならない。

 

ただ『不要不急』の言葉だけが独り歩きしていますが、人が触った物、人と交わる空間を避ければ感染しようがない訳ですから、言葉尻だけ捉えずに、そこは冷静にしっかりと判断しないといけません。

 

今は世の中、感染パニックなので、わかっていても家族には、『釣りに行かないで』と言われれば諦める優しさも大切なので、そこは各々の家族や周りの人たちへの配慮とストレスとのバランスを考えて選択する事がとても大切なような気がします。

 

周りに配慮しつつ

 

長期の自宅待機によって、太陽の光を浴びずコロナ鬱など、精神的に過度なストレスを感じているならば

 

外出するのは仕方ないかもしれません。(感染が先行している海外では、ストレスのあまり、奥さんや子供にDVをしているニュースも既に出て来ている。)

 

但し釣りに出かけるならば

 

それ相当に準備・工夫は必要です。

 

 

釣り人にとって、好ましい状況と言えるものは

 

誰とも交わらず、一切の商品や物の受け渡しも避け、ただひとり自然の中で釣りをする。

 

感染予防は必ず徹底しつつ、ストレスは溜め込まず解消する。これが1番の理想。

 

 

『自粛、自粛』で感染を短期に抑え込めたらいいけど

 

ダメだった時、徐々にボディブローは効いてきます。

 

2~3週間先の感染増加の一途を辿る海外を見ておけば、楽観的に捉えておくより、ワクチンが開発されるまでの間、長期戦は免れないと思っておいた方がいい。

 

 

自分と家族、これから先を考えた、心のケアはとても大切です。

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


ナマズ釣りランキング

ハチドリのひとしずく

今日、釣具店に行ってみましたが、お客さんが私一人でした。

春の稼ぎ時にも関わらず、飲食業や観光業などの他業種同様、相当な打撃を被っていてお店側もかなり厳しい状況だと思います。

これから沢山の釣具店が新型コロナウィルスで倒産の憂き目に合うかもしれません。。

 

本日、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県で緊急事態宣言が発令されます。

 

 

現在750万人いるといわれる国内の釣り人口。

 

自粛要請の中で、自分や家族の命を守るのは大前提ですが

 

そんな中でも

 

今、我々、釣り人に出来ること。。

 

応援できることとは。。

 

 

ハチドリのひとしずく

森が燃えていました

森の生き物たちは われさきにと 逃げていきました

でもクリキンディという名のハチドリだけは 行ったり来たり

口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは

火の上に落としていきます

動物たちはそれを見て

「そんなことをして いったい何になるんだ」と笑います

クリキンディはこう答えました

「私は、私にできることをしているだけ」

 

ご紹介したこの短い物語には大きなメッセージが込められています。
クリキンディはハチドリという小さな体ながら大きな勇気をもっているように感じられます。

 

そして他の動物たちは臆病者で、自分さえよければいいといった卑怯者のように感じられます。
でも、動物たちが火事を消そうともせずに逃げ出してしまった本当の理由は
何だったのでしょうか・・・?

 

大きな体で力持ちのクマは幼い子グマを守るために避難したのかもしれません。
足の速いジャガーは後ろ足を使って火に砂をかけることに気づかなかっただけかもしれません。
雨を呼ぶことの出来る”雨ふり鳥”は自分たちの降らせる雨が火を消すことができる事を
知らなかったのかもしれません。

 

クリキンディは伝えてくれているのです。
他の人を非難したり、怒りや惜しみや妬みに身を任せる暇があったら
自分の出来ること、自分にも出来ることを淡々とやっていこうよ と。
クリキンディは伝えてくれているのです。

 

私たちはあまりに大きな問題や困難や力に取り巻かれてしまう時、それを考えるだけで
気が遠くなってしまったり

 

あきらめや無力感に心を支配されてしまいますが、どんな困難な中にいても
私たち一人一人には「出来ること」が必ずあるんだよ と。
クリキンディは教えてくれているのでしょう。

 

あの燃えていた森はこの世の中を覆っている闇の事かもしれないと、
戦争、飢餓、貧困、差別 そして環境破壊・・・・・この世の中は大変な問題でいっぱいです。

 

でももっと大きな問題は、これらの事に対して
「自分に問題を解決する力なんて無い」とか「そんな事をして何になるんだろう」と
大切な事柄や行いに目をつぶってしまうことです。

 

私たち一人一人は ちいさなハチドリの力に過ぎないかもしれませんが、
この無力感やあきらめを吹き払い、しっかりと目を開き 問題と向き合い、
「わたしにできること」について考え、行動し、それらを積み重ねてゆくことができるとしたら
燃えている森の「火」を消す力にだってなれるかもしれません。

 

さて、物語の中のあの森は その後 どうなったのでしょう?

 

燃え尽きて なくなってしまったのでしょうか? それとも・・・・・

 

さぁ この物語の続きは
あなた自身が描いてください

 

<構造医学研究財団 記事参照>

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


ナマズ釣りランキング

スピンキャストリール / クローズドフェイスリール

 

スピンキャストリール(別名:クローズドフェイスリール)

 

ベイルの無いスピニングリール。
全面のカバー(フェイス)が大きく開いた、クローズドフェイス・リールです。リールのプッッシュボタンを押すことで、ラインが放出され、ルアーをキャストする構造。日本では昭和40~50年代に流行ったリールで、スピニングにカバーが付いたような形状をしています。

 

クローズドフェイス・リールといえば、過去の遺物のような、子供のおもちゃのような扱いを受けていますが、これは、20年~30年前、今のシニア世代の人たち、当時のリール使っていた人たちの多くが感じていた「ライントラブル」のイメージが、そのままリールの評価として浸透しているように思います。

 

このため、国内では、需要が望めないことから、メーカーも、さほど力をいれておらず、当然のことながら、目に触れることも、触る機会も少なく認知度が低いカテゴリーとなっています。

 

現在、国内で売られているものはダイワなどで量販店では扱っていない所も多いのですが、アメリカではリールの1ジャンルとしての地位をしっかり確立しているほど、人気のリールです。

 

当方もナマズ釣りでは、ゼブコ(ZEBCO) OMEGAとPRO、Bassproshopのエクストリームの3つくらいしか使用していませんが、他にも保管メインの海外リールをいくつか所有しています。

 

アブ・ガルシア(Abu Garcia) Abumatic 170i

 


アブ・ガルシア(Abu Garcia) Abumatic 276Ui 

 


ゼブコ ZEBCO HAWG SEEKER

 


ゼブコ (ZEBCO)  THE HAWG733

 


ゼブコ (ZEBCO) ProStaff2010-CP

 


ゼブコ (ZEBCO) AUTHENTIC 22

 


ゼブコ (ZEBCO) 808

 


ジョンソン(JOHNSON) COUNTRY MILE

 


ジョンソン(JOHNSON)CITATION

 


ジョンソン(JOHNSON)CENTURY

 


サウスベンド (South Bend)  Mudville Catmaster

 


サウスベンド (South Bend) Proton Series SBP-40

 

海外のリールは、日本のリールと少しばかりデザインが異なるため、見ていて楽しくなりますが、デカすぎたり、チープな作りの物も多く、国内の鯰ゲームに向かないリールが多いことは確か。

 

国内メーカーがスピニングやベイトのリールに引け劣らない、クオリティの高いナマズ専用のスピンキャストリールでも開発してくれたら、個人的には嬉しい限りなのですが。

どこかのメーカーさん、作ってくれないかなぁ。。

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


ナマズ釣りランキング

LURE ライン絡み

 

カップ系やハネモノ系ルアーを使ってナマズ釣りをする場合、特に面倒なのがラインの絡み。

 

 

鯰は、ノイージー系ルアーに喰いついたとき、フックを外そうとして、激しくヘッドシェイクやローリングをすることがよくある。

 

 

その際、釣糸がグルグルとルアーボディのカップやウィングなどの金属部分、リア、フロント部分のフックへと巻き込んでいき、最悪の場合、魚のエラやヒレにも巻き付いてしまい、ラインをカットしないと外せないような悲惨な事が稀に起こってしまう。

 

 

ベテランの中には、鯰のダメージを考え、純正のトレブルフックをチューニングしてシングルに変更している人が多いが、これはルアーフックへのラインなどの干渉を極力、低減させる理由もある。

 

 

昼間ならラインの絡みを手早く解いて、すぐに再投入できるけれど、ナイトゲームをする際は、懐中電灯で照らしながら、ラインを解くには面倒で非常に骨が折れる。ハネモノ、カップ系のタダ巻スタイルなら、ナイトゲームだと、なるべくならリーダーを使用した方がいい。

 

 

さて、この鯰リーダーですが、市販では、既に某ナマズ専用リーダーがあるが、2本入りで、300円ちょっと。

 

2本だけで、この値段設定だと、若干、お高い気がする。

 

 

 

AliExpress アリエキスプレス

 

海外であれば、アリエキスプレスで、若干、仕様が異なるけれども、上記サイトの様なステンレス製の耐摩耗リーダーなら、現在、20本で1.19ドル(約130円程度)で販売している。

 

こういった入数が多い商品だと、少々、ロストしてもあまり気にならない。

 

 

 

 

長く使うとワイヤーがヨレてくるので、ヨレて来たら、新しいものに取り換えて使う。本数が多い分、1本あたりの単価も低いので財布にも優しい。

 

 

因みに当方も、ここ何年か使っているが、フックへの干渉も無いし、耐久力14kgと強い為、ワイヤーが切れるなどのトラブルは今のところない。

 

 

鯰は、他の魚のようにラインの色や太さなどを識別できるような目が良い魚ではないので、ロッドアクションが必要なペンシルやミノー系なら別だが、カップ系やハネモノ系などを使用するなら、ワイヤー使用にそこまで神経質にならなくてもいい。

 

 

特に夜釣りをメインにする人で、上記の鯰ルアーを使用し、ライン絡みに困っているなら、ワイヤーリーダーは、使い勝手が良いアイテムになるだろう。

 

     

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ


にほんブログ村


ナマズ釣りランキング PVアクセスランキング にほんブログ村

佐賀県クリーク 雷魚 6/4

1年ぶりの投稿です。

 

しばらく勉強のために時間を割いていたが、取り合えず、試験も終わり、息抜きに釣りに出かけた。

 

今回は、佐賀県のクリークへ

 

平日は、釣り人がいないから、のんびり出来て凄くいい。

ただ、1年前とフィールドの環境が様変わりしていて、護岸工事で破壊されているところが、いくつも見られる。

 

せっかくポイントを見つけても、また1からの、ポイント探しは正直辛い。

 

まあ、それでもこの青々と茂った水草を眺めるだけでも、しばしワクワク感が込み上げてくる。

 

 

癒し

 

まさにフィールドのロケーションと格別の1本が、心を満タンにしてくれる。

 

また、しばらく頑張れそうです。

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ


にほんブログ村


ナマズ釣りランキング PVアクセスランキング にほんブログ村

釣り針

我々が趣味として日頃楽しんでいる釣り。よく江戸を舞台にしたTVの時代劇などに、釣りをするシーンが登場していたが、実は江戸時代ごろから道楽として行われるようになったと言われる。

 

更に時代を遡って調べてみると…

 

遺跡の発掘時の、出土する道具の中には、釣りの象徴となる「釣針」が発見されている。

 

その当時の針の形は現代の型と同じ作りになっている。針先には、カエシらしきものがあり、試行錯誤の末に行き着いたであろう古代人の知恵に驚く。

 

最古の釣り針は、日本の沖縄県南城市のサキタリ洞遺跡で発見された約2万3,000年前の旧石器時代の貝製釣り針になるそうだ。

釣り針 旧石器人もフィッシング…世界最古、沖縄で出土

 

諸外国でも釣り針や類似の器具は何千年も前に発明されたと考えられていて、国外の東ティモールでも2万3,000年~1万6,000年前の貝製釣り針が発見されている。

 

日本列島の旧石器時代の遺跡からは釣針は出土しておらず釣漁や網漁は確認されず、ヤスや銛による刺突漁が主であったと考えられている。

 

縄文時代には前期から沿岸部や湖沼のあった内陸部の遺跡から釣針や銛、魚綱などの漁具が出土していることから漁撈【ぎょろう】(魚介類・貝類や海藻を捕獲・収穫する活動のこと)の存在が確認され、シカの角などを用いた釣針が出土しているらしい。

 

旧石器時代から木、動物や人間の骨、角、貝殻、石、青銅、鉄など様々な素材に姿を代えて、主流となっていった現代のスタイルに行きついた釣針。(wikipedia参照)

 

素材は変われど、数万年もの間、形がほとんど変わっていないところが凄い。

 

生きる糧となる獲物を得る為に考え出された釣り針。
期待を胸にコツコツと道具作りをし、漁に出て、やっとの思いで獲物を手にした時の心境は、きっと、現代の私たちとそれほど大差はないような気がする。

 

今も変わらぬ釣針の形には、古代から現代へと脈々と流れる文明の継承に浪漫を感じます。

 


ナマズ釣り ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村

鯰の本

 

ゴールデンウィークが終わってから、ここ1週間くらい、えらく冷え込みました。あんまり寒いから釣りに出かける気も起らず、ネットショッピングばかり。

久々にナマズ本を買いました。5冊まとめ買い。

 

ナマズ本は、「ナマズ大全」が1冊あればいいと思っていましたが、年々、鯰ルアーの種類も増えてきて、やっぱり時代の流れとともに、釣りのスタイルも変わっていくもの。そんな理由で遅ればせながら、本を購入した次第。

 

今頃、感想なんか書いてんの?って言われそうですが、今シーズンからナマズ釣りを始める方もいると思うので、本を既に読んでる方はスルーして下さい。

 

ていうか、この本、よく見たら既に3年前に出版された本(笑)

 

【でかナマズ爆釣攻略 】(コスミックムック)ムックー2015/5/26

 

アングラーの谷中洋一氏(スミス)、松本幸雄氏(ロデオクラフト)の両アングラーによるデイゲームでのポイントの攻略法、ルアーの紹介が載っています。

 

これだけでも、ナマズの釣り方やポイントの見つけ方が分からなかった方には重宝すると思いますが

 

実は、この本には、60分の付録でDVDがついていて、身近で釣り歩くポイントと酷似したポイントがわんさか出てくる。

 

土管や流れ込み、岸際、水草などの障害物の廻りなどなど。

 

やっぱり、実際のフィールドを通じて動画でのレクチャーがあると、

「あぁ、こういったところを狙えばいいんだな」と自身のポイントと重なって連想させてくれる。

 

動画のような場所を選んで経験を積んでいけば、ポイント開拓やスポット狙いの感覚が自然に身についてくるのではないかと思います。

映像の多くは、スポットでの攻略方法がメインですが、ケースに合わせてルアーのチューニング方法が解説されている。特に、キャタピーのエクステプロペラやプロペラチューンなんかは個人的には、結構参考になった。

 

やっぱり、水面を割ってルアーに食らいつくシーンは、動画ならではのもの。本だけでは伝わらない臨場感のある釣行が動画で学習できるから、鯰釣りをはじめた方にはお薦め。

 

きっとデイゲームの楽しさがより一層、現実味を帯びてくるのではないかと思います。

 


ナマズ釣り ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村