ハンドクラフトのすすめ

緊急事態宣言による自粛期間が今月末まで延期されました。

 

ここ福岡でも、ゴールデンウィークに入り、自粛疲れのせいか、釣り場への殺到が各地で発生し、行政から釣り禁止の指定区域も余儀なくされるなどの事態へと発展してきております。

 

SNSを覗けば、あちこちで色々な意見を目にします。

 

釣りをしない人からすると

 

「なんでこんな時期に自分の欲を優先するんだ!」

 

「自分の欲さえコントロールできないヤツが、他人に移さない保証などある訳がない」

 

「他人へコロナを拡散していることを自覚しろ!!」

 

 

と一部のルールを守らない人達がいる為に、多くの釣り人が肩身の狭い思いをしている。

 

釣り場に止めた車に傷をつけられたり、壊されたり…。

 

被害にあわれている方もおられ社会問題に発展しております。

 

 

TVでよく拝見する脳科学者の中野信子先生が、発言されておりましたが、今後さらに増えるかもしれないと危惧する現象として

 

それは

 

「自分は絶対に正しい」

 

「他人の言動が許せない」

 

という感情が引き起こす、激しいバッシングやハラスメントだそうです。

 

「相手の過失に強い怒りを感じ、日ごろは使わないような激しい口調で罵り、完膚なきまでに叩きのめさずにはいられない」

 

これは

 

「正義中毒」というべき一種の依存症状で、自分が属する集団を守ろうとする脳の仕組みが関係していると中野先生は言われます。

 

 

ここで責める側からすると、「我慢して自粛しているのに、身勝手な人のせいで、自粛が延長されるのは、納得いかない!」

 

恐らくそうかもしれません。

 

 

でも完膚なきまで叩きのめすのは、ちょっとやりすぎ。こういう人達、最近、SNSで多くなった気がする。

 

 

「正義中毒」

 

 

釣り人の主張

 

釣りをやらない人の主張

 

お互い共感できないのは当然と言えば当然です。

 

けれど、自分の場合は、無理して行って、トラブルに巻き込まれる心配をするより

 

自粛期間といっても、たかだか、少しの時間。

 

一部の「正義中毒」の人を刺激しても、釣り人も、釣り業界においても、メリットなんてひとつもない訳で、今は、釣りに出かけるよりは、自分なりに違う楽しみを模索する方が有意義だと考えている。

 

 

以前、購入していたハンドクラフト用のプラグ。

 

 

自粛延期のいい機会ですから、ナマズルアーを久々に制作しようと思います。

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


ナマズ釣りランキング

釣りに行くのはダメ!?

 

連日、コロナ一色の報道。

とうとう本日で国内感染者も6000人を超え、海外のような危機的状況も覚悟しないといけないフェーズに入ったようです。

国内では、島津製作所が従来のPCR検査の半分の検査時間で済ませることができる新型コロナ検査キットを20日から発売する。

 

 

恐らく、これまで検査が出来なかった人の数が相当数上がってくると思うので、上昇率がさらに増加することは素人目にみても分かる。

 

これだけ危機感を募る暗いニュースが連日続いてくると、ますます気分が滅入ってしまいますよね。

 

学校が休校になり自宅で過ごすことが楽しいと口にしていた子供たちでさえ、1か月も経過すると、これから数か月見えない自粛期間が続くかもしれないと考えると、だんだん不安を口にするようになって来ています。

 

うちでも、こんな感じですから、長い間の外出自粛でストレスを抱えている人が大勢いるのは容易に想像できます。

TV番組、映画やゲーム、書籍、etc…。長期になってくると、さすがに室内だけでは、メンタルが持たなくなってくる人もいるかもしれません。

 

釣りに行くのはダメ??

 

少なくとも釣りを趣味にしている人はこの時期、家族から、『釣りに行ったらダメ!!』なんて親や奥さんに言われ、我慢を強いられる人も少なからずいるかもしれませんね。

 

 

最近のTVニュースの情報を考えてみました。

現在、政府が要請している外出自粛については

 

① 喚起の悪い密閉空間

② 多数が集まる密集場所

③ 間近で会話や発声をする密接場所

 

この上記3つの『蜜』が重ならないよう要請しています。

 

 

つまり、ほとんどが人の集まる場所、『蜜』を媒介して感染し拡大しているようです。

たとえば、釣り場のケースで考えてみると、①の『喚起の悪い密閉空間』は青空のもとで考えにくいのですが

 

②不特定数が集まる密集場所

③間近で会話や発声をする密接場所

 

該当場所として考えられるのは

 

例えば、人だかりができやすい、密集しやすい、海釣り公園、釣り堀、防波堤、釣り船など。

 

基本、2m以上、一定距離が保たれるか、人と接しなければ、大丈夫なようです。(それでも人がいる場所は不安ですが。。。)

 

人と人との接触をさけることは現代社会では非常に難しい。ですから、8割減という政府が大きなくくりで『不要不急』を要請する事は、人との接触を極力避けさせる効果が大きいからにほかならない。

 

ただ『不要不急』の言葉だけが独り歩きしていますが、人が触った物、人と交わる空間を避ければ感染しようがない訳ですから、言葉尻だけ捉えずに、そこは冷静にしっかりと判断しないといけません。

 

今は世の中、感染パニックなので、わかっていても家族には、『釣りに行かないで』と言われれば諦める優しさも大切なので、そこは各々の家族や周りの人たちへの配慮とストレスとのバランスを考えて選択する事がとても大切なような気がします。

 

周りに配慮しつつ

 

長期の自宅待機によって、太陽の光を浴びずコロナ鬱など、精神的に過度なストレスを感じているならば

 

外出するのは仕方ないかもしれません。(感染が先行している海外では、ストレスのあまり、奥さんや子供にDVをしているニュースも既に出て来ている。)

 

但し釣りに出かけるならば

 

それ相当に準備・工夫は必要です。

 

 

釣り人にとって、好ましい状況と言えるものは

 

誰とも交わらず、一切の商品や物の受け渡しも避け、ただひとり自然の中で釣りをする。

 

感染予防は必ず徹底しつつ、ストレスは溜め込まず解消する。これが1番の理想。

 

 

『自粛、自粛』で感染を短期に抑え込めたらいいけど

 

ダメだった時、徐々にボディブローは効いてきます。

 

2~3週間先の感染増加の一途を辿る海外を見ておけば、楽観的に捉えておくより、ワクチンが開発されるまでの間、長期戦は免れないと思っておいた方がいい。

 

 

自分と家族、これから先を考えた、心のケアはとても大切です。

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


ナマズ釣りランキング

ハチドリのひとしずく

今日、釣具店に行ってみましたが、お客さんが私一人でした。

春の稼ぎ時にも関わらず、飲食業や観光業などの他業種同様、相当な打撃を被っていてお店側もかなり厳しい状況だと思います。

これから沢山の釣具店が新型コロナウィルスで倒産の憂き目に合うかもしれません。。

 

本日、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県で緊急事態宣言が発令されます。

 

 

現在750万人いるといわれる国内の釣り人口。

 

自粛要請の中で、自分や家族の命を守るのは大前提ですが

 

そんな中でも

 

今、我々、釣り人に出来ること。。

 

応援できることとは。。

 

 

ハチドリのひとしずく

森が燃えていました

森の生き物たちは われさきにと 逃げていきました

でもクリキンディという名のハチドリだけは 行ったり来たり

口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは

火の上に落としていきます

動物たちはそれを見て

「そんなことをして いったい何になるんだ」と笑います

クリキンディはこう答えました

「私は、私にできることをしているだけ」

 

ご紹介したこの短い物語には大きなメッセージが込められています。
クリキンディはハチドリという小さな体ながら大きな勇気をもっているように感じられます。

 

そして他の動物たちは臆病者で、自分さえよければいいといった卑怯者のように感じられます。
でも、動物たちが火事を消そうともせずに逃げ出してしまった本当の理由は
何だったのでしょうか・・・?

 

大きな体で力持ちのクマは幼い子グマを守るために避難したのかもしれません。
足の速いジャガーは後ろ足を使って火に砂をかけることに気づかなかっただけかもしれません。
雨を呼ぶことの出来る”雨ふり鳥”は自分たちの降らせる雨が火を消すことができる事を
知らなかったのかもしれません。

 

クリキンディは伝えてくれているのです。
他の人を非難したり、怒りや惜しみや妬みに身を任せる暇があったら
自分の出来ること、自分にも出来ることを淡々とやっていこうよ と。
クリキンディは伝えてくれているのです。

 

私たちはあまりに大きな問題や困難や力に取り巻かれてしまう時、それを考えるだけで
気が遠くなってしまったり

 

あきらめや無力感に心を支配されてしまいますが、どんな困難な中にいても
私たち一人一人には「出来ること」が必ずあるんだよ と。
クリキンディは教えてくれているのでしょう。

 

あの燃えていた森はこの世の中を覆っている闇の事かもしれないと、
戦争、飢餓、貧困、差別 そして環境破壊・・・・・この世の中は大変な問題でいっぱいです。

 

でももっと大きな問題は、これらの事に対して
「自分に問題を解決する力なんて無い」とか「そんな事をして何になるんだろう」と
大切な事柄や行いに目をつぶってしまうことです。

 

私たち一人一人は ちいさなハチドリの力に過ぎないかもしれませんが、
この無力感やあきらめを吹き払い、しっかりと目を開き 問題と向き合い、
「わたしにできること」について考え、行動し、それらを積み重ねてゆくことができるとしたら
燃えている森の「火」を消す力にだってなれるかもしれません。

 

さて、物語の中のあの森は その後 どうなったのでしょう?

 

燃え尽きて なくなってしまったのでしょうか? それとも・・・・・

 

さぁ この物語の続きは
あなた自身が描いてください

 

<構造医学研究財団 記事参照>

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


ナマズ釣りランキング