ナマズルアー ナマジー

ナマズを釣るルアーとして人気の高いナマジー。
名前のとおりナマズ型のナマズ用ルアーです。
なるほど ナマズの顔をしていますよね。

ナマズは時に共食いすることもあるそうですから、仲間に容姿が似てようがお構いなく、アタックしてきます。共食いの性質をうまく利用しているルアーなのかもしれませんね。

さて、最近、私は初心者の人と一緒に釣りに出かけたのですが、初めてルアー釣りをする人は、ルアーで本当に魚が釣れるの? という疑問が少なからずあるようです。これ、ほんとよく聞かれます(笑)

「百聞は一見に如かず」です。
ですからこれはもう、自分で確かめるしか納得できる方法はありませんね(笑)  ぜひ釣りあげて欲しいものです。

ではどんなルアーが釣れるのかといえば、ハードルアーに関していえば、音、それから、ゆっくり引いてもよく動くルアーです。

まず、このナマジーの特長ですが、リールをただ巻いて引き続けるだけで、水面に引き波を立ててナマズにアピールします。

超低速リールを巻いても体を激しく揺らしながら、十分にナマズにアピールするので、短いストライクゾーンをより長い時間をかけて攻略することを得意としています。

ボディー後端(尻尾)はポッパーのような形状のヘコミが設けられています。これにより、左右に尻尾を振る際に水流を巻き込んで音を発生します。

特に流れのある河川において、自分のいる位置よりも下流にむかってキャストしてルアーを通した場合、ルアーアクション自体が強くなるため、それに伴い強い「ピポピポ♪」という軽やかなポップな音を出します。

テール部分(尻尾)はボディと干渉してノックサウンドを発生させるとともに、内蔵されたラトル音でも魚を誘います。
このようにナマジーのアクションはジョイント(結合部)と高浮力ボディから生み出されるのが特長です。

つまり、簡単に言うと、最近のルアーは、魚を誘うさまざまなアクションをルアーがやってくれるので、初心者でも釣れるんです。

 

そして、次に、ナマズは夜行性なので夕方からがもっともよく釣れるのはよく知られている事と思います。

 

この “夕まずめ” からの暗がりで釣る際に活躍するのがケミホタルという発光体。ルアーに装着すれば、ルアーの位置が確認でき、キャスト位置やトレースコースなど、ピンポイントでの釣りを展開できます。

背中部分に装着できる構造で、ケイホタルの光を受けて、ボディ全体が発光するんです。

↑ この背中部分に装着します。

夕暮れ時に発光体を挿入すればルアーの視認性が格段に向上します。
夜は水面のルアーが見えにくいから便利ですよね。

また最後部にはアシストフックを装着可能。非常に乗りの悪い状況や、小型が多い釣り場で効果的です。

ナマズ釣りは、ベテランになると、より多く釣るために、独自のチューニングを施したルアーに凝っている人も多いようです。

それが、ナマズ釣りにとっては楽しみの一つかもしれませんね♪

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村