☆2010年 ナマズ釣り☆

振り返ると、今年の夏から、仕事の忙しさより解放され、環境が大きく変わったことで、のんびり釣りを楽しめるようになった。 私にとっては、仕事、仕事、仕事…。自分の時間を楽しむことなんて、ここ数年、ほとんどなかったように思う。

そんな感じで、しばらくご無沙汰していた釣りを再開。自然の中に浸りながら、無心で釣りに没頭している時間を過ごす。失った時間、釣りの面白さを思い出させてくれた年になった。

自宅付近で大きな川といえば、一級河川であるこの宝満川。 幸運なことに家の裏に宝満川が流れている。 ここはどういう訳かバスが釣れた試しがない。

 

しかし、ハヤやフナ、コイも豊富な川だけあって、ナマズが数多く生息する。 日没近くになると、水面が割れ、水がうねり、バフッ、バフッと何度も猛烈にルアーにアタックして、重量感のあるナマズのファイトが楽しめる。

 

渓流でフライをやっている人と釣りの話しをしたら、えっ~ナマズ釣るんですかぁ~と言われ、清流で釣りする人には、あんまり評判がよくないみたい(笑)

ルアー釣りで釣れる平均サイズは、ここでは、40~50cm程度だが、70cmを超えるものもいる。

今年の夏、私は、80cm超えるデカイやつを橋の上から目撃しました。

 

 

 

 

 

目撃だけで釣ってないけど(汗)。

 

 

ちなみに、1歳で10~15cm、2歳で20~30cm 3歳で35~50cm、4歳で60cm前後のサイズと言われる。                                                                                                                                                                                                                                                                     

 

やっぱりキャタピーとジッターがよく釣れます。あとダイソーの100円ショップのルアー。甘く見たらいけません。

 

以外でしたけど、けっこうこれで釣れましたよ。

 

ルアーにお金かけなくても、そこにナマズがいればOK。この鯰も100円ルアーで釣れています。

 

暮れなずむ川面にトップウォータープラグを投じる至福の時間…。        

来年も、更にナマズ釣りを満喫したいと思っています。 今年一年、みなさんありがとう。よいお年を!!

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ライギョ Game

水流が無いか緩やかで、ハスなどの水生植物が生い茂った水域に好んで生息するライギョ。

湖・沼・池・河川の中下流域などに多く生息する朝や夕方の薄暗い時間帯、または水が濁っている時に活発に活動する。食性は基本的に魚食性だが、他にも甲殻類、昆虫類、カエルなど水生動物のほかときには水鳥の雛やネズミなどの小動物など幅広く捕食する。

水底にじっと潜み、水中や水面を通りかかる獲物に飛びかかる。多くの文献等ではその姿形から獰猛というイメージもあるが、警戒心が強く臆病な面もある。雷魚の名の由来は、悪天候時に行動することから「雷を呼ぶ」と見られたからとも、獰猛な捕食行動が「雷が鳴るまでくわえた獲物を離さない」と見られたからともいわれる。

繁殖時には親が卵や稚魚を保護する。種によっては産卵の際に水草などを集めて巣を作るもの、卵や稚魚を口内で保護するものなどもいる(マウスブルーダー)。水草で巣を作る種類は水草がないと繁殖出来ないため、治水工事などで開発が進んで減少している地域もある。

日本にはカムルチー、タイワンドジョウ、コウタイの3種が分布する。これらはもともと東アジアに分布し、日本には人為的に導入された外来種である。ライギョは特にカムルチーとタイワンドジョウを指す呼称として用いられ、他にライヒー、タイワンなどとも呼ばれる。

導入当時には「チョウセンナマズ」とも呼ばれた。21世紀初頭の時点では、タイワンドジョウとコウタイは移入された区域からそれほど広範には広がっていない。(wikipedia 抜粋)

最近は、護岸工事などで激減しているライギョ。この辺りで釣れる場所も限られてくる。

カバーにびっしりと覆われた河川や池を見ると、なぜかワクワクした感じになるのは、ルアーマンなら誰しも体験すること。

ハードカバーで雷魚を釣る映像ってほんとたまりませんね。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ライギョ

昔はよく、川や池で見られたライギョ。台湾ドジョウ、カムルチーの種類に分かれ、その蛇のような独特な容姿と、又、小魚を主食としていたため、公害魚として人々に忌み嫌われ、減少の一途をたどることにつながりました。

しかし、ルアー釣りをされる方の中には、大きいもので1メートルを超すモンスターがいる為か、この猛烈な引きを何よりも釣りの醍醐味と称する、ライギョ専門のアングラーも多い。

この映像のライギョは、卵を守っている為か、自分より体が大きいなど、お構いなしに反撃を仕掛けてきます。

釣りをする時に、激しくルアーにアタックしてくるライギョ。そんなライギョの習性を垣間見れる一コマです。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ライギョがザリガニを

ライギョがザリガニを喰らう豪快な映像シーン。頭部は固い甲羅、そして上半身には大きなハサミがあるので、頭からはいかずに比較的やわらかい尾っぽからいきました。

それでも、小魚を食べるのと違い、ザリガニを一刀両断し、こんなにもあっさりと食べられるのは、体を使った強靭な顎の力によるものが大きいようです。

ライギョ、その獲物を狙う姿はまさにハンター。恐るべしです

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村