ペンシルベイト

トップウォータープラグの面白さは、ルアーの動きを確認できること。

そして、一番の醍醐味は、水面を割ってナマズが出るエキサイティングなバイトシーンを見られることにつきる。

ナマズが水面を意識しているようなら間違いなくトップが一番簡単。

今回は、ペンシルベイトの紹介です。

ペンシルベイトは棒状の何の変哲もないプラグ。ただ引きだけでは、ほとんどアクションは得られない。しかし、アクション次第では、生命を得たかのように動き、鯰を誘い出してくれる奥の深いプラグです。

 

ペンシルベイトのアクションには、下記の3つが挙げられる。

①    スケーティング

②    ドッグウォーキング

③    ダイビング

 

①    と②は何も難しいことはなく、着水したらラインスラックを軽く張ってやる。

すると勝手に右か左へ首を振る。この時、ラインを張り過ぎないようにスラックをチョンとティップで張る。これを繰り返すのみ。これだけで、ペンシルは左右にスケーティングとドッグウォークをしてくれる。

③    のダイビングは、その名の通りダイブする動きのこと。動かし方は、ロッドティップの移動距離をシャープに大きくとってやるだけ。この動作でプラグは、水中へ潜ってくれる。垂直ペンシルやサミーのようなタイプで有効なアクション。

 

ザラスクープ

うまくアクションをさせられないならば、ザラスクープなどの大型ペンシルか、ザラが大きすぎると感じる場合は、コンバットペンシルがお薦め。誰にでも動かしやすくできている。

コンバットペンシル

ナマズ向きルアーは、何もノイジーばかりとは限らない。

ナマズにも、ペンシルベイトは、かなり有効なルアーのひとつ。

ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

いろんなルアーを投げたほうがいい?

釣れそうなスポットには、いろんなルアーを投げたほうがいい?

最近、釣りを始めた友人から尋ねられたことがあった。

 

自分の場合は、そのスポットを狙うのに一番効率がいいルアーを一番最初に投げて、着いているナマズを一発で仕留めるように心がけている。

何度も乗らない場合は、別のルアーに替えたり、サイズを落したもので攻め直すことはほとんどなく、次のスポットへ移動することにしている。

 

何度も投げてしまうと警戒心を持たせてしまい、無駄な時間をかけてしまうのが大きな理由のひとつ。

あくまで、自分の考えですが、ルアーのローテーションをいくつも重ね1ケ所で粘るよりは、どんどん次のスポットを狙って、ルアーに反応してくれるナマズを探す方が結果はいいようです。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズ釣り フラホッパー☆

今日は、仕事帰りにふらっと寄った所でナマズ狙い。
美味しそうな堰があったので、ピピピッとアンテナが…。

これは、釣れそう!!
堪らず、ほんのちょっとだけ狙ってみた。

バフッ!!

予想通り1発でヒット!!

ルアーは、フラホッパー

しかし、フラホッパーは、堰や流れ込みでは、ほんとによく釣れる。

純正のフラスカートをラバージグやスピナベ用に使うバレーヒルのシリコンラバーアンブレラに換えてみた。

やはり一本一本の線が細い分、水中でのヒラヒラとした動きが、とても細やかになり、純正よりかなりよく仕上がっている。

私にとって、堰下や排水口狙いには、間違いなく一撃必殺のルアーなのだ。

 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
 

夏 釣りの思い出

ここは、福岡でも釣りで有名な多々良川です。

私にとって、この川は特別な思い入れがある川。
この川に始めて訪れたのは、小学5の時。
大の釣り好きの伯父さんに連れられて、よくここへ釣りに来ていました。

 

私も覚えたての釣りに毎日夢中だった。
釣りキチ三平がテレビでもやり始めて、釣りブームもピーク。
やきそば食べて、当たったヤツは、みんな釣りキチ三平のTシャツ着てた。

どんだけ食べたんやって話し (笑)

 

夏休みは泊りがけ。朝マズメに釣りに行くのが本当に楽しみだった。
狙いは、とにかく大物!その時は、まだルアー釣りはやってなくて、ウキ釣りと吸い込みによる投げ釣りがメイン。

しかし、自分の仕掛けには、よくフナは釣れるけど、小さいやつばかり。

伯父さんは、コイ狙いだったのだが、良型のコイやフナ、ナマズがよく釣れていました。たまに、ヘラ竿に50~60cmくらいのナマズがかかると、すごい竿のしなり。

ヘラ竿で、このサイズが掛かると、見ている方も釣り上げるまでハラハラする。

まだ子供だった私にとって、ナマズの大きさと、その力強さに興奮を覚えた。ナマズ釣りをいまだにやっているのは、そのせいかもしれない。
その伯父さんも10年前に他界。古い釣り道具だけが当時のままの時を刻んで残っている。
今は、みんないい思い出…。
ここは、あれから30年以上経っているのに、周りの景色がちっとも変っていない。

そのせいか、この場所に立つと、子供の時分、あの時の気持ちに戻れるような気がする。
自然の景色。いつまでも、このままであって欲しい。
懐かしい思い出と共に…。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズ釣り 街中にあるスポット


ナマズ釣りというと、大きな河川の大場所が1番釣れると思われがちですが、支流や水路のような小場所も、実はあなどれないスポット。

ここは、街中にある小さな繁華街。 その街中を川幅が2m程度の小さな川が流れています。この中心地を流れる川は、いくつもある多々良川水系の支流。

川の周りには、街灯もあるし、川には水門やゴミなど狙い目、満載。


この川には、ご覧のように生活用水が流れ込んでいます。ここは、俗に言うドブ川。お世辞でも綺麗な川と言える代物ではない。

でも、この川見たら、ちょっとそそられるのは、私だけではない筈。

変態ではありませんよ(笑)


鯰人なら、ピンとくる、まさしくナマズがつきそうなポイントなのであります。

排水の真下。ゴミの下などは、だいたいナマズがついています。

おそらく、ここは誰も釣り糸を垂れたことはない筈。なぜなら人通りが多く、日中は、恥ずかしいから(笑)

だから、狙いは日没後。

狭い場所なので、1時間も釣れば大抵結果が出る。そして、短時間勝負の結果は

ヒットルアー:ナマジー

意外な穴場は、私たちが普段、気にもとめない所にもあるものです。

気になる所は、とにかく試してみること。

あと夜は、周囲の迷惑にならないように静かに釣りを楽しんでみて。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村