釣り三昧の日々に感謝

今年のナマズ釣行は、88回。少し早いが12月の初旬で納竿することにした。この愛くるしいナマズたちと戯れながら、夜な夜な、釣りに没頭できるという環境の有り難さをあらためて感じた1年だった。

 

家族の理解、そして釣り仲間との関わりが、釣りという趣味の幅を更に色濃くしてくれたと思う。

 

しかし、まだまだ私が知らない川釣りの楽しみ方があるのも確か。
そんな欲張りな私の来年の抱負を語るならば、願わくは、色々な川魚をターゲットにしながら、釣りという名の快楽の深みにドップリ浸りたいと思っている。

 

今年1年、ブログをご覧頂いた皆さま、本当にありがとうございました。

皆さまにとって来年も良いお年でありますように!

冬 桜

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

レーベルミノー

ラパラを超えるルアーを安く作りたいということから作られたレーベルミノー。私も子供の頃に、使い方もよく知らないのにラパラと、このレーベルミノーを沢山買いこんでその大半をロストさせた。

 

なので、このレーベルミノーを見ると、幼い頃の苦い思い出がよみがえる(笑)

 

昨今の日本製ルアーしか知らない人からすると、ルアーはリアリティのある美しいものが当たり前で、アメリカンルアーの仕上がりを見ると、すごく粗雑な感じに見えて仕方ないかもしれない。

 

たしかに当時はよく分からなかったが、よくよく調べてみると、実は、そのシンプルな中には、考え練られた釣れる為の仕掛けが組み込まれていた。

 

レーベル社は1963年にジョージ・ペレンによって設立された。

その当時、アメリカのルアーメーカーには、ラパラを超えるミノーをつくるという課題があった。レーベルはプラスチックルアーでそれに挑戦した。ラパラを超える機能として1963年に作り出された123の法則と呼ばれる仕掛けを施したと言われる。

 

表面は、見るからに単純なデザインだと思っていたのだが、レーベルミノーの表面には、クロスエッジングと呼ばれる仕掛けが施されていて、ルアーからもたらされる反射光にイレギュラーな変化が与えられている。

 

ルアーの側面には、ウロコに見立てたラインが横・斜め方向に入っている。そのライン方向に意図的に隙間を作り出し、光の反射に伴う散光のばらつきを生み出している。

 

その間隔というのが1幅、2の幅、3の幅に変化するエッジング。2の幅は2倍、3幅は1の3倍の幅、鱗のライン角度は31度。

 

それがどういう効果を現すのかと言うと、ルアーに追尾する魚は、高い確率でルアーの斜め下方向につく。ルアーが前傾姿勢を取ることを計算し、その位置につく魚に最も高い反射効果をもたらす角度にクロスエッジングが設定されているというのだ。

 

水中の中での光を巧みに利用したルアーは、魚を誘う要因があることは間違いない。

 

ナマズ釣りに、はたしてこのレーベルミノーの持つ、光の仕掛けが有効であるかどうかは、定かではない。

 

今年の釣行の中で感じたことだが、ナマズは、波動をキャッチし捕食するケースが多いのは確かだが、目が悪いと言われながらもルアーの形状と光もかなり認識しているのではないかと感じている。

 

来季は、それを試す意味で使用したいと思うが、このルアーでの検証は、ナマズの習性を理解する上で興味深い。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

真冬でもナマズは釣れるの?

いや~ほんとに寒くなりましたね。

今年のはじめは、1月は2回出撃して何とか2匹上げましたけれど、あまりの寒さにひどい風邪をこじらせ完全にダウン。

 

来年は、そんな忌まわしい新年を迎えたくはないので3月までナマズ釣りはやりませんが、釣りが好きな人は、三度のメシより好きだと喩えられるくらい、どんなに寒くたって釣りに出かけていますよね。ホント凄いなぁと感心してしまいます。

 

さて、実際の所、ナマズは1月でもトップのルアーで釣れるのか?という疑問は、釣りをはじめたばかりの人たちには少なからずあるようです。

 

まぁ、冬はマグレを期待するしかないね!という冗談とは言い切れないのが冬という季節。

 

それなりにしっかりとした考え方を持っていないと、ナマズを釣る前に心が折れてしまいます。

 

 

確かに、冬の釣りは難しいので、それは事前に覚悟を決めた方がよいかもしれません。魚は、「変温動物」。「恒温動物」の人間のように体温を調節することができず、外部の温度に影響されてしまいます。体温が夏は高く、冬は低くなってしまうのが魚たちの宿命。

 

となるとルアーでは、どう狙えばいいのだろう?と素朴な疑問が湧いてくる。

 

フィールドには、クセというものがある。これは、その場所へ何度も通って経験を積まなければわからないことだけれども、なぜかこのフィールドでは、このルアーでしか思うように釣れない!という事が出てくる。

 

まずは、1匹を絞り出してみないと分からないが、1匹釣るとそのルアーで続くケースが多々ある。だからどれが1番当たるか、正直やってみないと分からない。

 

そして、バイトでもなんでもいいから、冬でも反応があるという実績ルアーを1つでも見つけられたら、ただひたすら、そのルアーを信じて打ち込むことが、真冬で釣果を上げる為には大切な事柄ではないかと思う。

 

結論から言うと、真冬でもナマズは釣れる!というのは正解。あとは忍耐のみです(笑)

 

くれぐれも風邪引かないように。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ルアーそのものならば、形ありきか!?

ナマズは、目があまりよくないと言われている。 目が悪い分、音で感知して獲物を捕ると言われている。

しかし、最近思うのだが、バスほどではないが、色は別にしても、おそらく、獲物の姿・形は、私たちが思っている以上に認識しているのではないだろうかと感じている。

ナマズが何匹もついている流れ込みにキャストした時のことだが、トップのルアーを使用し、まったくアクションを加えない間にナマズが連続ヒットする時がある。

 

アクションを加えず、ただただ水流にまかせて流しているだけなのだが、ある日、2つの異なる形状のルアーで実験をした時、その日のバイトに間違いなく大きな隔たりがあることに気がついた。

 

フラスカートを外したフラポッパーで連続の13バイト。ザラスクープ0。そこにいるナマズの反応があきらかに違う。もちろんザラは、素晴らしいルアーなのでドッグウォークなどのアクションを加えることで釣れるだろうが、ここではアクションはまったく加えない。

 

ナマズの目にルアーの違い目が、はっきりと認識できなければ、これだけのバイト数に隔たりが出る筈はない。

 

ナマズは、水面下で映るルアーのシルエットを見分けていて、明らかに、捕食する獲物を選んでいる。

 

アクションやポップ音を抜きに考えると、ルアーそのものならば、形ありきか!?。

 

ナマズは、場所によって捕食している餌に違いがある。

そして、ルアーを通して観察してみても、選り分けているようにしか思われない。

 

来季は、川や池・ダムなど生息域の違いにおける、捕食している餌の違いを調べていきたいと思う。

 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

友人と釣りへ

ここ福岡も今週は、20℃を超える日も数日あり、とても11月末とは思えぬポカポカとした陽気でした。しかし、そんな小春日和も束の間、師走に入った途端に、一段と寒くなり、確実に真冬へと向かっている事を吹き抜ける冷たい北風で感じている。

 

肝心の釣りはというと、個人的には終了宣言をしていたのですが、バス釣りの友人に誘われ、せっかくの誘いを断るのもなんですから、福岡市内にある某野池へ釣りに行って来ました。

 

しかし、今回は、鯰狙いというよりも、バスでも何でも釣れればOKという感じでしょうか!?最近は、トップの釣りばかりやっていましたが、今回は、ワームのキャロライナリグでボトムについているであろう魚を狙いにいきました。

 

ここで少し掻い摘んで説明するとキャロライナリグは、オープンウォーターで使うリグ。比較的水の綺麗な所で使用する為に考案されたリグで、シンカーの後ろにスイベルなどをはさみ、数cm – 数10cm程度リーダー(えさ釣りで言うところのハリス)を付けてシンカーとワームを放して使います。比較的重いシンカーを使うことが多く、深めを狙う時に使います。

 

 

 

特徴としては、テキサスとは違いノーシンカー状態のワームが予測不可能な動きをするので、スレた魚にも効果的であることが挙げられます。

 

キャロライナを使ったアクションの基本は、シンカーをボトムに着底させたらリールを巻かずにロッドを移動させ、シンカーを着底させたまま引っ張るように動かしてワームを動かすようします。すると、ワームはボトムの少し上をスイミングするようになります。

 

魚の目線の上を通すことで、ワームを口にしやすくなり、この仕掛けだとボトム付近を狙うには、有効だということが挙げられます。


今回の使用ワーム  *JACKALL DUMDUMHOG  3””

 

さてさて、現地に到着すると、思いのほか肌寒い様子。しかも通常の水位よりも随分と減っているのか、護岸のコンクリートにくっきりと満水時の跡が残っています。

 

日没後の夕方6時よりスタート。季節柄、日没直後が、一日のうちで1番水温が上がると言われている為、やはり急激な水温の低下を考えると短時間での勝負が必須条件となります。それ以上は、体力的に無理なので、はじめから2時間と時間を決めて釣りの開始となりました。

 

岸際を歩きながら、キャストし続けます。

 

たまにコツコツとした小さなアタリがあるが、なかなか喰わないようです。野池をほぼ一周し、時計を見ると1時間経過…。今日は、寒いからやっぱり無理かなぁ…。半ば諦めモードが脳裏に霞んだ矢先に…

 

ムムムム!? コツン!コツン!

 

ガーツーン!!

 

よっしゃ~!

 

きたぁ~!!

 

特望のヒット!

 

ラインを真横に、グイグイと引っ張りながら走る。しばらく、泳がせてからゆっくりランディング。

 

バスではなく、ふとっちょナマズでしたが、久々にロッドを伝わる感触がとても心地よかった。

今回、1匹のみで終了。せっかく誘ってくれた友人の方には申し訳なかったけれど、当の本人は、一緒に楽しい釣りができてご満悦のようだった。

来春は、こちらへ招いて、バスではなく、どっぷりナマズ釣りにハマッてもらいたいと思う。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村