母川回帰


人は、故郷を離れて長く生活していると、時々、ふとした拍子に故郷へ帰りたい気持ちにかられることがある。

さて魚はどうであろう。

ここは、一部河川の水が無くなっています。毎年、秋から冬にかけて干からびて水がほとんどなくなりますが、春になるとまた水が元に戻り、魚たちが戻って参ります。

 

10キロ近くに渡って、水が無くなり魚の姿を見ることもなくなるというのに、水が元通りになれば、魚たちは下流から川を登って、元の場所へ戻ってくる。わざわざ流れに逆らい危険をかえりみず苦労を重ねて登ってくるというこの自然のメカニズムはとても不思議な気がする。

 

 

それは、例えば鮭が生まれた川に戻ってくるのはなぜか? という疑問にも繋がるのではないだろうか。

 

因みに、鮭の生態で最も知られている所は、生まれた川に帰って産卵するという母川回帰(ぼせんかいき)の習性であると言われる。各国の学者が標識漂流等を行って実験したところ、おおよそ80%の鮭が生まれた川に戻ってきたという調査結果がある。

 

川でかえった稚魚は翌年の雪解けまで川の上流にいて、4~10センチ位の大きさになったころ雪解け水と一緒に川を下り、一気に海に入る。しばらく河口付近でうろうろしたあと外海に出て大航海に旅立ちます。日本からカナダやアラスカ海域を経由し、再び日本に戻るまで4年という歳月をかけ、ざっと4000~7000kmも泳いでいる。

 

気の遠くなるような広い海を泳ぎ、どうやって自分の生まれた川を見つけだすのだろうか。現在最も有力な説は「鮭は母川の“匂い”を敏感にキャッチして生まれた川に戻る」というもの。最近の研究では特に「その川特有のアミノ酸成分」を嗅ぎ分けているらしいことが分かってきました。

 

鮭は生まれた川の近くまでは地球の磁気や太陽の向きなどを頼りにやってきます。鮭の嗅覚は人間の想像を上回る能力があり、川口から160~320km離れた沖合いでも母川の匂いを感じとることができるのだそうです。
こうして回遊しているうちに母川の“匂い”に出会い母なる川へと遡り始めるのだと言われる。

 

だとすれば、サケほどの能力がないにしても、近くの川に生息する、コイやフナ、ナマズなどの淡水魚の多くは、自分が生まれ育った河川の匂いを敏感に感じ取り、故郷へ戻ろうとする力が同じように働いていると考えられる。

 

では魚たちが認識するこのような特別な能力は、進化の過程の中で自ら作り出したというのだろうか?

否!?

進化に伴い発達していったというのが一般的な考えではあろうが、自然の摂理は深遠であり、人智の及ばぬところ。
もの言わぬ大きな存在によって創造されたと考える方が、神秘的で浪漫があるような気がします。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

春よ来い

まだまだ寒い日が続く今日この頃。

個人的に3月1日を、川釣りの解禁日と称して、それまでは、ポイントと魚を休ませる為にじっと我慢。しばらくの間、川釣りは控えています。

冷たい北風が頬に当たるたびに、やはり川釣りが楽しめる春という季節が恋しいものです。

 

さて、最近、釣りをはじめた友達から、ナマズはいつ頃から普通に釣れ出すのか?
ということを尋ねられましたが、ナマズを釣る者としては一番気になる所。1、2月が厳しいのは、皆さんご承知の通りだと思います。

 

あくまでも、個人的なデータですが、去年のブログを見ると、福岡では、2月24日に気温が19℃という日がありました。これは、4月の桜の花が満開時の気温だそうです。

 

2月は、暖かい日と寒い日の寒暖が激しくて、寒い日はひと桁。月末に近づくにつれ、このようにいきなり気温が上がる日もあり、前日と10℃以上も気温の差がある日も多々ありました。

 

ただし、気温が上昇したからと言って、その日だけバイトが一気に増えるかというと、そういう訳でもなく、ヒットはあってもバイトはほとんどありませんでした。

 

そんな事を繰り返しながら、少しづつ平均気温が上昇し、それに伴い水温も上昇。だんだんと鯰たちの動きも活発になっていくのが分かる季節はやはり3月に入ってから。
気温が上がってもナマズも水温に慣れゴソゴソと動き出すまでに、多少タイムラグがあるような気がします。

 

3月10日の釣行では、何度もバイトはありましたから、ここまで来ると完全にシーズン到来です。地域によっても、釣れはじめの季節に差があるようですが、福岡では、この時期になれば温かくてかなり釣りやすいようです。

 

はたして、昨今の異常気象を考えると、例年とまったく同じ状況になるとは限りませんが、恐らく似たような感じになるのではないかと思っています。

 

2012年のナマズ釣りは、3月からスタート。

 

待ち遠しい限りです。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

神秘の黄金ナマズ

黄金色に輝く 「神秘の黄金ナマズ」が今月いっぱいまで世界淡水魚園水族館「アクア・トトぎふ」で展示されています。

私もずいぶんと長い間、川釣りには出かけているが、黄金色のナマズなんていまだに見たことがない。

そんな有り難い神秘の黄金ナマズに会えるというから、ナマズファンは必見。残念ながら私は福岡なので行けません。

近くにお住まいの方が羨ましいですわぁ

 

 

*体色が黄金色の珍しいナマズが、各務原市川島笠田町の県世界淡水魚園水族館「アクア・トトぎふ」にお目見えし、来場者を楽しませている。

水族館によると、ナマズは体長約38センチの成魚。生まれつきメラニン色素が欠乏し、皮膚の色素を持たない突然変異の「アルビノ」とみられる。血管が透けて見えるため、目が赤い。

 

県内の川で11月中旬、男性が釣り上げて水族館に持ち込んだ。傷の治療を終えたため、1階エントランスの水槽で展示し、無料で見ることができる。

 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
 

ロッドについて


近頃は、格安でかつデザインが洗練されたロッドが増え、パッと見ただけでは、どれが高いか安いかなんて正直分かりづらい。
デザインだけを比べると、甲乙つけがたくすごい時代になったなぁとつくづく感じる。

 

一昔前は、釣り番組以外でもゴールデンタイムでキムタク氏や反町氏などがバスフィッシングをしている特番があったりと、バスフィッシングを知らない一般の方にも周知されるようになり、爆発的にバス釣り人口が増加した時代。

 

この空前のバスブームで、高くても良い道具は飛ぶように売れた。そのせいか、価格とロッドの性能は見事に比例し、いいロッドは高く、悪いロッドは安い…。そんな分かりやすい図式が成り立つ時代背景があったように思う。

 

さて国内のバスロッドのブランクの有名メーカーといえば、ダイコーや天竜が知られているが、ダイコーは、特に、コブレッティーやカリスマなど高い品質のロッドで有名だった。

 

ちなみに一世を風靡したコンバットスティックの初期の開発は、ダイコーとエバーグリーンで共同開発したらしい。今江、菊本プロといった超一流プロのノウハウがダイコーに蓄積されている。
だがこのダイコーも、コブレッティーで頂点をむかえた感じで、その後は減退の道筋を辿る。

 

 

釣りブームのバブルがはじけ釣具業界全体が落ち込んだ時、低価格を売り物にした釣具メーカーが台頭する。生産コストが安くなるにしたがって中国の生産が拡大、製造のクオリティーが上がるにしたがって、他のメーカーも中国の委託生産した新製品を販売していく。

 

これらの製品は、外観のガイド、リールシートは富士工業を使用するので、国産ロッドとほとんど見分けがつかない。このご時世、良い道具でも高いと売れない。品質が悪くても安いと売れるが、安くて品質がよければより一層売れることにつながる。

 

卓越したダイコーの技術力も、そんな時代の流れに飲み込まれ、結局、倒産の危機に陥り、リストラや会社更生法適用により再建を余儀なくされる。

 

ダイコーの社員達が抜けて造ったメーカーがメジャークラフト。
メジャークラフトは、先に上げたような時流のニーズをいち早くキャッチすることで、全盛を迎えることになる。

 

最近では、ダイコーロッドを使うプロの姿も見なくなり、市場的にはマニアックなロッドとなってしまったが、本物志向の人には、いまだ熱狂的ファンが多い。これからの時代は、海外メーカーの煽りを受けて、日本の各メーカーもより一層厳しい戦いを強いられることだろう。

 

しかしメジャークラフトのような消費者ニーズに答えて、リーズナブルな製品を提供することも魅力的だが、ダイワやシマノは別にして、世界に誇れる高い技術力を持った国内ロッドメーカーが今なお健在で、高い品質を保ちながら提供していることも、また素晴らしいことではないだろうか。

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村