ロッドについて


近頃は、格安でかつデザインが洗練されたロッドが増え、パッと見ただけでは、どれが高いか安いかなんて正直分かりづらい。
デザインだけを比べると、甲乙つけがたくすごい時代になったなぁとつくづく感じる。

 

一昔前は、釣り番組以外でもゴールデンタイムでキムタク氏や反町氏などがバスフィッシングをしている特番があったりと、バスフィッシングを知らない一般の方にも周知されるようになり、爆発的にバス釣り人口が増加した時代。

 

この空前のバスブームで、高くても良い道具は飛ぶように売れた。そのせいか、価格とロッドの性能は見事に比例し、いいロッドは高く、悪いロッドは安い…。そんな分かりやすい図式が成り立つ時代背景があったように思う。

 

さて国内のバスロッドのブランクの有名メーカーといえば、ダイコーや天竜が知られているが、ダイコーは、特に、コブレッティーやカリスマなど高い品質のロッドで有名だった。

 

ちなみに一世を風靡したコンバットスティックの初期の開発は、ダイコーとエバーグリーンで共同開発したらしい。今江、菊本プロといった超一流プロのノウハウがダイコーに蓄積されている。
だがこのダイコーも、コブレッティーで頂点をむかえた感じで、その後は減退の道筋を辿る。

 

 

釣りブームのバブルがはじけ釣具業界全体が落ち込んだ時、低価格を売り物にした釣具メーカーが台頭する。生産コストが安くなるにしたがって中国の生産が拡大、製造のクオリティーが上がるにしたがって、他のメーカーも中国の委託生産した新製品を販売していく。

 

これらの製品は、外観のガイド、リールシートは富士工業を使用するので、国産ロッドとほとんど見分けがつかない。このご時世、良い道具でも高いと売れない。品質が悪くても安いと売れるが、安くて品質がよければより一層売れることにつながる。

 

卓越したダイコーの技術力も、そんな時代の流れに飲み込まれ、結局、倒産の危機に陥り、リストラや会社更生法適用により再建を余儀なくされる。

 

ダイコーの社員達が抜けて造ったメーカーがメジャークラフト。
メジャークラフトは、先に上げたような時流のニーズをいち早くキャッチすることで、全盛を迎えることになる。

 

最近では、ダイコーロッドを使うプロの姿も見なくなり、市場的にはマニアックなロッドとなってしまったが、本物志向の人には、いまだ熱狂的ファンが多い。これからの時代は、海外メーカーの煽りを受けて、日本の各メーカーもより一層厳しい戦いを強いられることだろう。

 

しかしメジャークラフトのような消費者ニーズに答えて、リーズナブルな製品を提供することも魅力的だが、ダイワやシマノは別にして、世界に誇れる高い技術力を持った国内ロッドメーカーが今なお健在で、高い品質を保ちながら提供していることも、また素晴らしいことではないだろうか。

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村