鯰の活性


昨晩、鯰釣りに出かけたが、1匹あげた後バイトが続かない。小さな川ですが、冬の間に留まってるナマズがまだまだ生息しているはずなのだが…。

しばらく昼間の間に下見をしていなかったので、川の状況がつかめていない。懐中電灯で、水面を照らすと、気が付けば、さっきまで釣っていた橋の下は、水深が15~20cm程度になっている。ずいぶんと減水したものだ。

 

とその時、

 

バシャバシャバシャ!!!

 

浅瀬に、体の半分を出して、大きな音を立てて逃げ惑う魚たちがうじゃうじゃと!

目を凝らして、よく見れば10匹以上のナマズの群れ!

 

そう、一箇所にかたまって、じっとしていたようです。その場所へ何度もルアーを通したにもかかわらず無反応だったとは…。

 

ナマズは、雪のちらつく真冬でも釣れるケースもあれば、目の前を通しても、スイッチが入らない時もあったり…。

 

地域環境にもよるだろうが、たとえ水温が低かろうと、一定の水温に慣れてくれば、釣れることは間違いない。逆に寒暖の差が激しすぎると、やっぱり厳しい釣りを強いられる。

 

これは、推測だけれども、変温動物ということで水温の変化に敏感に順応しすぎてしまい、一日一日の温度の落差が激しいと、著しく活性が落ちていくような気がする。

寒くても一定期間、水温が安定している日の方が、この辺りでは比較的釣れやすかった。

桜前線も毎年違うように、今年は、福岡のナマズ前線も少し遅れ気味。

 

ナマズじゃないけど、個人的にもポカポカ陽気じゃないと、こちらの活性の方が上がらない、3月はそんな季節です。

 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村