生存競争


今回は、御笠川での釣行です。

 

仕事の帰りに、ふらっと寄ってみました。まだ明るいうちに車を走らせ、日没に狙える場所を何ケ所か発見。
最近は、この川で釣りをしている人を見かけなくなった。

 

それもその筈。平成11年に、1時間に77ミリの豪雨を記録し、この御笠川が氾濫。博多駅では、1mほどの浸水被害が発生し、地下に取り残されて死亡者が出たり、増水で付近の民家が浸水するほどの大変な被害が出て、その後、急ピッチで護岸の拡張工事が進められました。

 

そのお陰で、少々、大雨が降っても容量が大きくなり、水害が出ることはなくなりましたが、先の極地的豪雨を基準に、川幅も広く仕上がっているので、普段は、底が見えるほど浅い状態。

 

見える魚を釣るということは、裏を返せば、魚も人の気配を敏感にキャッチしてしまう難しい釣りになってしまいます。
全般的には、昼間狙うのは、かなり難しい気も致しますが、それでも色々物色して廻ると場所によっては、夜だと十分狙える場所があるんですよねぇ。

 

そんな具合で、日が暮れてから狙いましたが。 しょぼいバイトや無音バイトの連発。いささか、魚にからかわれているかのよう。
何度もスカを喰らうので、これは、きっと小ナマズだろうと思っていましたが、ヒットしたヤツを見て、ようやくその正体がわかりました。

バスが2匹です!

 

このサイズだと、ナマズの方が断然引きが上ですね。相変わらずどこにでもいるもんです。
バスとナマズの共存。どちらに軍配が上がるかは、繁殖力からすると、おのずと答えは顕か。

 

それでも、バスとの生存競争で、ナマズ君たちには、是非とも頑張って欲しいところです。

今回は、ナマズが2匹ヒット。

 

トップウォーターでは、日本を代表する魚と言っても決して過言ではない鯰。 外来魚の猛攻に負けて欲しくはないと思うのは私だけではない筈。

 

最後に釣れたナマズ君に思いを託し、水面に消えゆく姿を眺めながら御笠川を後にした。

 

 

バズンフロッグ 其ノ弐


さて、前回に引き続き、バズンフロッグの釣行です。このバズンフロッグは、カエルの下半身が、そのままバズベイトの作りになっているという不思議なルアー。

 

バズベイトなら、餌とは似ても似つかぬ形ゆえ、ナマズを怒らせてリアクションバイトを誘う釣りになるのでしょうが、このルアーは、容姿がカエルですからね。

喰わせたいのか、怒らせたいのかよく分からないルアー(笑) でもまぁ、スイッシュ音で魚を誘うのが本命なのでしょう

 

さて今回は、那珂川ではなく、粕屋郡にある某河川を狙いました。粕屋郡と言えば、那珂川同様、釣れそうで釣れない場所が多いですね。

でも見つけましたよ。釣れるところを。

 

時期的にもだんだん活性が上がってきているせいか、ここでも水面をかき回すバズンフロッグに好反応。

水面下にもじりが出てきたと思ったら、『バッフッ!!! 』って感じで、14gあるルアーを喰いつく際に、ルアーを水面高く何度も跳ねあげました。

 

狭い場所というのは、1匹出るとダメですね。取り込みまで激しい音を立てて暴れるもんですから、他のナマズが警戒してしまい後が続かない。
ですから、次の場所へすぐに移動。

 

そんな感じで、昨日は、バズンフロッグで何とか3匹ゲット。

 

このルアーは、途中経過ですが使った感じは、正直ミスバイトが多いので、よく釣れるとは言い難い。ただ反応はそこそこあるので、広い範囲で鯰を探し出すためのサーチルアーとして使う方が使い勝手はいいかもしれません。

 

今月まで、バズンフロッグ縛りなので、もう少し頑張ってみたいと思います(笑)

 

 

レーベル バズンフロッグ

REBEL  Buzz’n Frog  T4 グリーン ブルフロッグ14.0g 6.35cm


鯰釣りというと、とにかく数が釣れりゃいいんだよ! という人もいれば、オールドルアーや珍しいタックル、リールなどをたくさん揃えて、コレクションにすることを楽しみという人もいたり、或いはルアーを改造したり、はたまた、ハンドクラフトでナマズを狙うのが楽しいと思われる人がいたり…。

人によって、単純にナマズ釣りといっても、その動機はさまざまなようです。

 

私個人としては、ハンドメイドが一番面白いと思っていますが、何分、もともと凝り性な性分なので、やり出すと止まらない。今では手っとり早く、いろいろな既製品のルアーをチューニングしながら、試し釣りをやる中でナマズの習性を観察したりする、そんな過程を楽しむ方が今の生活リズムにあっているような感じがします。

 

さて最近、いろいろなルアーを使ってナマズ釣りを楽しんでおりますが、先日、ブログとツイッターでいつも楽しくお付き合いをさせて頂いているNaokingさんのツイッターを見たら、バズンフロッグでナマズを狙うとつぶやかれていました。

バズンフロッグ。

レーベル社は、レーベルミノーでよく知られていますが、トップウォーターでは、こんなものも作っています。

昔からバス釣りをされている方には、懐かしいルアーでしょうが、ナマズ釣りとなるとどうなんでしょうね。ナマズはカエルが好みですけど、このルアーで、ナマズを釣った人を見たことがない。

 

ですから丁度、自分もこれで、ひとつナマズ狙ってみようと思っていたところでしたので、おぉ! やっぱり鯰人は、考えることが一緒なんだなって、思わず頬がほころんでしまいました(笑)

 

Naokingさんのブログをいつも拝見させて頂いておりますが、あたり前に釣るのではなく、その一匹に価値を見出して、「今」を楽しんでおられる様子がヒシヒシと伝わって参ります。そんな訳で、まだお会いしたことはありませんが、同じ臭いがして!? (笑) とても親近感が湧いております。

 

そこで、あまり人と同じことはやりたくない主義の天邪鬼の私ですが、このカエル使用で遅ればせながら、いろいろなルアーでナマズを釣る!という同じ目的を持った 『同志』 としばらくはバズンフロッグ縛りでナマズを狙うことに。

 

でも先に釣られちゃった(笑)

 

このルアーは、カエルをイミテートしたバスベイト。
足の部分がくるくる回り水をかき回します。
通常バズベイトは、リトリーブ停止と共に潜行を始めるけれど、このバズンフロッグは水面でポーズが出来る。

 

バズベイトと同じただ巻きの使い方の他に、数秒ステイさせた後にジャークすればカエルが飛び跳ねた時のようなアクションをさせる事も可能。

ただ、そうは言ってもナマズはフッキングさせるのが難しい魚。

いろいろナマズ仕様に変えないと、そのままでは使えないので、若干チューニングを施して、出撃して参りました。

 

今回は、釣行先は、久々の那珂川。

 

広々としたオープンウォーターでの釣り。こういったオープンな所では、雨が降っていない日は、ナマズは岸際のアシ付近についていることも多い。

 

今回、岸際の草の際を中心に徒歩で4キロほど歩きました。最近、夜はめっきり涼しくなりましたから、歩くのもあまり苦にならなくなりました。

 

ストップ&ゴーの繰り返しで狙います。

草の茂みから「バフッ!!!」突如として激しいバイト!


まずは、50後半クラスで際先のいいスタートです。
それから、続けて3バラシを喰らった。うちひとつは、草の中に逃げ込まれラインが絡まってアウト。


そしてその後、40cmサイズの小ナマズ2匹追加。ボウズは免れました。

バイトはあったので、もうしばらく、いろんなポイントで使ってみて、バラしが少なくなるようチューニングを研究してみようと思います。

季節は、確実に秋へ


9月に入りましたね。

残暑がまだまだ厳しい季節ですが、ここ福岡も朝と夜だけはめっきりと涼しくなりました。

昨夜は、中三になる娘の習いごとがあったので、その送り向いの合間をぬぐって出撃。

この日は、カンカン照りで、雨はまったく降ってなかったけれど、開始早々、水面にもじりが出てきて、追い喰いが炸裂。ナマズの活性は、かなり上がってるきている様子。

一時間あまりで4匹ゲットできた。

季節は、確実に秋へ向っている。

毎日ではないけど、涼しくて過ごしやす朝晩は、ナマズも同じようにスイッチが入る。

秋の爆釣り!

今年も期待大です。