ナマズが釣れるルアー 其の弐


ペンシルベイト編

■ポップスウィンガー
キレのいいポップ音と首振りアクションがウリのポップスウィンガー。
名前の由来は、バルサ材のボディと製作工程が50以上ある事からそのネーミングが付いたと言われる。

 

バルサ製とプラ製のもがあるが、バルサ製では無いのが、このポップスウィンガー セラフ。
今では中古屋さんに行けば、叩き売りされていて簡単に手に入る。

 

決して悪いルアーではないのに叩き売りされているなんて、正直勿体無いなぁって思ってしまいます。


ポッパーとペンシルが融合したスタイルとポップ音がナマズたちの好奇心を一気にルアーに向けさせ、昨年の秋には、一晩で二桁いきました。

ポップスウィンガーも漠然と引き続けるのではなく、意図的にストライクを作り出すことで釣果を伸ばすことができる。ナマズを狙うには、なかなか楽しいルアーです。

 

 

 


■ザラスクープ

世界でもっとも有名で最も数多くのアングラーたちに使われてきたペンシルベイトと言えばヘドン社のザラスクープ。1939年に発表されて以来、70年以上も使い続けられてきたルアーですが、理想的なドッグウォークは、ビギナーでも扱いやすく、多くのペンシルベイトの規範となったルアー。

 

バスプロ界でザラ・スクープを使って活躍したチャーリーキャンベル氏によって、知名度が一気に上がったと言われる。そんなバス釣りで知らない人はいないほど有名なルアーなのだが、ナマズという魚に、はたしてどの程度、ザラスクープが通用するのかは分かず、そんなことで昨年、取り敢えず使ってみた訳だが…

 

ルアーの音で誘うとやはり思ったように、ナマズの反応がありました。

 

ロッドストロークのスピードのつけ方によって、ルアーそのものが反転して方向を変える直後にボディの半分くらいが水から飛び出しそうになり側面で水を弾きます。逃げ惑うベイトフィッシュを演出する訳ですが、この時の音がナマズを引きつけるようです。

 

こういったアクション重視のルアーで、ナマズが釣れるとやっぱり嬉しいものがありますね。