10月も半ば

DSCF4576

 

早いもので、もう10月の半ばに突入。

 

カレンダーを3枚めくれば、今年も終わるんですよね。

 

月日が過ぎるのは実に早いものです。

 

自宅近くの川の土手には、いつの間にやら色鮮やかなコスモスの花が咲き乱れ、秋の訪れをより一層身近に感じるようになった。

 

前回釣りに出かけてから、早1ケ月経過…。

 

ほとんど、月一の釣行となってしまった今年のナマズ釣り。

 

 

以前の記事にも書いている通り、ハンドメイド等…あれこれと、妄想だけが膨らみ続けたけれども、実際のところ、あれもしたい、これもしたい、という想いとは裏腹に、多忙な日々に追われ、のんびり余暇を楽しむ時間も余裕も、最近では、ずいぶんと久しくなった。

 

少し前までは、釣りに行けない…。それ自体がストレスに感じているところだったが、でも考えようによっては、仕事で忙しいという事は、それはそれで、家族も何不自由なく平穏無事に過ごせている訳だから、感謝しないといけないのではないかと、こんな状況になってから、いろんなことを思い返すようになった。

 

 

だから、ようやく取れた休日に、朝早くから、釣りに出かけ、静寂な川でひとり竿を振れることは、幸せなことで、今は、そんな貴重な時間を持てることを何よりも大切に思っている。

 

 

さて今朝は、5時半起床。

 

辺りは、まだ暗い。

 

夜が明ければ、ジョギングや散歩をする人たちが、河川敷にたくさん行き交うから、日の出までの間までと時間を決めて出撃開始。

今回使用したルアーは、ジッターバグ。

 

 

流れ込みについたナマズを狙ってみることに。

 

 

 

10分ほど車を走らせて現地に到着。

 

 

土手をくだって流れ込みを覗き込んでみると、なぜか水がまったく流れていない。

 

 

普段、排水口から満弁なく流れ出ているというのに、今日はどういう訳か、止まっている。

 

 

あちゃー…。

 

 

この場所のナマズは、もう散っているかもなぁ…。

 

 

 

なんて、思いながら、とりあえず、ルアーを投げてみると…。

 

 

「バフッ」

 
DSCF4569
 

一発で喰ってきました。デッカイ捕食音を立てて、ちっちゃいやつが(笑)

 

 

ずっと、ここにへばりついていたんだな。

 

 

 

そして、2発目。

 

今度は、さっきの倍くらいのが喰いついてきた。

 

しかも、丸のみしている。

 
DSCF4571
 

流れも止まり、餌となる小魚もいない中、ずっとココで獲物を待ち伏せしていたのでしょう。

 

DSCF4574

 
思いっきり飲み込んだのに、偽物つかまされて。

ひもじかったろうに、ゴメンな…。