宝満川のルーツを探して

DSCF5026

太宰府市の北東にそびえる、ここ宝満山は、古くから霊峰として崇められ、山頂の巨岩上に竈戸神社の上宮があり、英彦山、背振山と並ぶ修験道の霊峰。

 

古くから神の宿る山として崇められ、平安時代には唐に留学する、天台宗の開祖、最澄が渡航の安全を祈った所と言われ、麓には寺が建てられ、多くの僧や山伏がいた神聖な山だと伝えられる。

 

宝満山の名前の由来も神仏習合によってこの山に鎮座する神が「宝満大菩薩」とされたことから、宝満山と言われるようになった。

 

大宰府政庁の鬼門(北東)の方位にあたり鬼門封じの役目といわれており、その時代としては、重要な役割を果たしていたと思われる。

 

実は、私が普段から釣りをしている宝満川。その源を辿れば、この宝満山になる。

 

一度は、その源流を育む山に登ってみたい。

 

そんな気持ちを数年前から、強く掻き立てられていたのだが、実は先日、その念願である、その宝満山に、友人たちとはじめて登った。

 

当初は、ひとりで登るのは心細い。出来れば何人かで登ってみたい。

 

そんな理由で、パワースポット巡りをしてみないか!?  と、釣りをしない友人に気軽に声をかけたつもりだったのだが…。

DSCF5034

麓のかまど神社に参拝し、山登りが無事に出来るようにお願いしてから、いざ出発!  最初は、和気藹々で登山開始。

 

DSCF4881

山へ入って早々、正直、驚きました。

 

宝満山の緑

登山口に入った途端、その場の空気がガラリと変わったのだ。

 

まるでマイナスイオンのシャワーを浴びるかのように、清々しい空気が体中を駆け巡る。

 

「ショーシャンクの空に」 風
映画 「ショーシャンクの空に」    ぽいね (笑)

 

自分だけではなく、皆、一様に、「空気が変わった!」と連呼する。

ここは、言伝え通り、理屈抜きに、ほんとに神聖な場所なのかもしれない。

 

 

DSCF4880

登り出してすぐに池が見える。回りが緑で囲まれているせいか、池の色が青くて結構深そうだ。魚らしき姿は見つけられなかったが、この池は、山からの水が貯まったものなのだろう。

もしいるとすれば、古代魚のタキタロウみたいなやつが棲んでいる筈(笑)

 

 

山を登り出したのが、平日の朝、6時30分。

 

そんな早い時間だというのに、行きかう人々のなんと多いことか。特に中高年の方が圧倒的に多いのには驚いた。

 

山ガールなんか、ちっともおらん。(笑)

 

中には、年間、100回以上も、この山へ登る人たちがいると聞いたことがあるが、この山に魅了され、幾度となく登る理由が何となく分かる気がする。

 

 

DSCF4897

そして、4合目に入ると

「あった~!!  水!!」 先頭の友人が叫ぶ。

 

そう、この場所から水が湧き出ている。 とても冷たい。

ちょろちょろと湧き出るこの水が、きっと麓近くの池まで流れ出て、宝満川になっているのだろう。

 

きつい思いをしながらも、宝満川の源流を見られただけでも、この山に来た甲斐があるというものだ。

 

普段から釣りをしている、あの大きな大河になることを考えると、とても感慨深い。

 

目標は、達成したから、ここで帰ってもよかったけれど。パワースポット巡りだけにねー(笑)

 

しばらくここに滞在して英気を養う。

 

山を登る途中には、至るところに祠や巨石に刻まれた文字など、修行をしていた痕跡が残っている。

DSCF4973

 

 

DSCF4932

DSCF4931

5合目の案内版と大きな石には、「殺生禁断」という文字が大きく刻まれている。

 

この意味をネットで調べてみると、

>仏教の慈悲の精神に基づいて、一定地域で鳥・獣・魚などを捕獲したり殺すのを禁じること。

伊勢の阿漕ケ浦は、殺生禁断の場所として有名で、網を入れた漁師が簀巻きにされて海中に投ぜられたという伝説が残っている。

長く殺生禁断の霊域でしたから、今でもさまざまな野生動物が棲息しています。

 

とある。

ひょっとしたら、4合目までは、下界を現し、5合目より上は、天界を現し、無駄な殺生をさせない聖域を設けることで、修行者としての自覚を促していたのかもしれない…。

 

DSCF4941

DSCF4942

DSCF4948

DSCF4952

DSCF4953

他にもいろいろな、史跡を眺めながら、皆話しが弾む。

 

DSCF5021

DSCF4919

 

DSCF4975

そして、その後…。

DSCF4937

 

 

DSCF4967

山頂までの道のり険しく、過酷な旅がひたすら続く。

 

この長い石の階段。登るだけでやっとこさ。

 

昔のひとは、後世の人たちが山頂へ安心して目指せるように、この場所に幾度も大きな石を運び続けたのだろう。

 

どれも、ひとつひとつ丁寧に積み上げている。

DSCF4969

機械もない時代に、この途方もない労力を考えると本当に頭が下がる。

 

 

そして…

 

DSCF4959

DSCF4968

8合目まで来ると、佳境に入る。足場も狭くなり、鎖やロープなどが設置してあるほど。階段の傾斜が凄すぎて、足がパンパン、ガクガク…。

 

 

頂上を見たい。

 

 

その一心だけが、体を突き動かす。

 

 

 

最後は鬼の形相(笑)

 

DSCF4977

最後の一段を登り終えた時、パノラマのように美しい風景が目の前に広がる。

 

 

DSCF4990

雲がこの下にあって、この場所が宙に浮いているような錯覚を覚える。

 

まさに、天空の城。

 

 

山頂からの眺めは、実に最高だった。

 

 

歴史を伝える史跡の数々、素晴らしい自然、美しい登山道・・・

 

 

 

DSCF4981

DSCF4997

記念に残る、本当に素晴らしい一日となった。

道具について

DSCF3497

私のブログでは、以前から100均ルアーを使って、ナマズを釣る記事を書いています。

 

まぁこれは、お店やメーカーなんかの売る側の戦略もあるんでしょうが、1個1000円以上するルアーは、これからナマズ釣りをされる方には、ロストすることも考えると、少々、値が張る買い物だと思っていたからです。

 

ルアーは、ある程度、価格が高くなければ、性能が劣っていたり、なかなか思うように釣れないのではないかという一般イメージが強い気が致します。

 

ですから、そんなイメージを払拭する為に、100円だって、十分釣れることをブログで紹介してきたんですけど…。

 

 

実は最近、この100均ルアーに雷魚がアタックするケースに出くわしました。

 

 

やっぱり、ナマズくらいだったら、どうにかなるんですが、雷魚になると、パワーがワンランク上がってしまうので、絶対無理とは言い切れませんが、100均ルアーではかなり厳しいものがあります。

 

・まず100均のフックでは耐えきれない。

 

・魚の重量に耐えきれず、リグが外れてしまう。

 

大型のシーバスなども、100均ルアーで十分釣れているじゃないかと言われそうですが…。

 

DSCF3961

これは、そもそもシチュエーションが違いすぎます。雷魚は、カバーなどのストラクチャーについていることが多く、時には、大量に体に巻きついた水草などと一緒に、一気に引き上げることがあります。

 

 

一端、このような場所に潜り込んだ魚を、短時間で手元まで手繰り寄せるには、相当なパワーを持ったタックルが必要です。

 

 

それに加え、これが1番大きなところですが

 

・ライギョは、フロッグで釣るという暗黙のルールがある。(無論、全てのアングラーではありませんが)

 

 

 

やはりルアー釣りというものは、時として、ルアーやタックル、ラインなどそれなりの強度を持ったものでないと、バラしてしまうどころか、ルアーを口に咥えたまま、魚にダメージを与えてしまい、時には死に至らしめるケースを誘発させてしまいます。

 

近年では、ロッドに関して言えば、ターゲットに合わせた専用のものが各メーカーから続々と発売されているが、リールは、汎用性のあるものなので、専用的なものとなると極々少ない。

 

私はよくスピンキャストを使ってやっていますが、これは軽量ルアーを投げるのにはかなり使い勝手がいい。それにかなりよく飛ぶ。

 

DSCF3589

ただ、パワーがそこまで大きくないので、高低差のない場所で、60クラスのナマズなら、難なくこなしてくれますが、やはり、それ以上の大型のナマズや雷魚をメインで狙うのであれば、これではやはり荷が重い。

 

ですから、ブログ中で紹介している100均ルアーは、あくまでも一般的なナマズ釣りにおけるルアー選択肢のひとつとして紹介しているので、

 

特に、大型のナマズが生息する場所や雷魚に関しては、このような点を踏まえ、それに似合う専用のルアーや道具で臨んで欲しいと思っています。

 

DSCF4834

 

釣りの楽しみ方

 

DSCF1661

ナマズ釣りと言うと圧倒的にトップウォーターのアングラーが占める。

 

自分の場合、トップとアンダーをフィールドに合わせて使い分けている為、これじゃないとダメだという特段のこだわりはない。

 

 

やはり、各々にその面白さがあると思っているから、トップで釣れない時はアンダー。アンダーで釣れない時はトップ。

 

やっぱり釣れる楽しみを深求していけばいくほど、必然的にこのスタイルにつながる。

DSCF2610DSCF1874DSCF3971 DSCF2381DSCF2717DSCF2457DSCF2591DSCF1899DSCF2711DSCF3283DSCF1994DSCF3877DSCF3987DSCF4104DSCF4084DSCF3975DSCF4087DSCF4091DSCF4314DSCF4093DSCF3874DSCF3967DSCF4193DSCF3415DSCF3964 DSCF4106DSCF4221DSCF3990DSCF2589DSCF2495DSCF4240DSCF4229DSCF4227DSCF3342DSCF4221DSCF4163DSCF4159DSCF3887DSCF3349DSCF3213DSCF4844DSCF4847

 

ルアー釣りって、人それぞれ、好みの問題だから

 

いろんな楽しみ方があってもいいんじゃない。

 

 

カバーゲーム

DSCF4871

今回は、ナマズではなく、雷魚の新規ポイントを開拓すべく、あちこちとクリークを中心に回りました。

 

DSCF4868

DSCF4836

DSCF4833

 

カバーに覆われたクリークは、ルアーマンにとっては、もう最高のロケーションです。

 

 

今日は、釣れなくても本望!

 

 

そんな気持ちで、最初はやっていたんですけど…。

 

 

やっぱり欲が出てきて…

 

DSCF4857

 

DSCF4858

DSCF4850

 

いい感じのサイズが釣れました♪

 

引っ越し

a0001_013471_m

 

このブログ、今までミニムのサーバーを使っていたんですけど、最近非常に重くなり過ぎてスムーズに閲覧できなくなっておりました。

 

かなりのストレスです。

 

今回、Xサーバーに引っ越しをしました。

 

今はもうサクサクです♪

 

URLが下記のように変わっております。

 

変更前 blog.minim.ne.jp/

変更後 manamazu.xsrv.jp/

 

 

今まで遊びに来て頂いておりました方々、引き続き、宜しくお願い致します。

鯰の餌

51GR+zvMYsL._SL500_AA300_[1]

 

鯰の餌と言えば、皆さん、どんなものが思い浮かぶだろうか?

ルアーで鯰釣りをする者には、それほど気に掛けることでもない。

 

書店に行けば、魚の専門書や図鑑も数多く陳列されているから、それを見れば一目瞭然だけれど、

 

ただ、実際、何を食べているのか、個人的には少々気になるところ。…。参考程度にちょっと調べてみました。

 

同じ環境に生息する生き物。

 

・カエル

・小魚(フナ、ハヤ、オイカワ、カマカツ、ドジョウ、ドンコ、クチボソなど)

・ザリガニ

・モエビ

・ミミズ

 

 

 

 

人工的な餌

 

 

11873-1[1]

・hikariキャット→水槽で飼う場合に購入している人が多い。

 

 

 

・市販の練り餌。(コイやフナなどを狙う餌)

 

・パン

 

・鶏レバー         などがある。

 

こう見ると、植物性の餌も食べられる訳ですから、コイと同じような雑食性の魚とも言えるようです。

 

DSCF2305

 

上の写真は、海釣りで使用する青イソメ(青ゴカイ・青虫)

* 海岸の干潟状の砂泥地にすむ。緑色っぽい多毛綱イソメ科の環形動物で、10~20cmと細長く、多数の環節からなる。

 

 

 

 

 

DSCF2308

ミミズと同じような類の為、ご覧のようにこれでも釣れる。ただ、ミミズに比べると多少喰いが落ちる気がします。

 

前にブルーギルで試したことだが、「ミミズ」と「青虫」だと明かに、「ミミズ」に軍配が上がった。ブルーギルという魚は、群れて行動する為、一度に大量に釣れることが多く、何でも食べるイメージが強い魚。

 

 

DSCF2349

実際に100匹を基準に見ると、8対2の割合で、ミミズの方がよく釣れます。大量に釣れる魚の場合、餌の好みが総じて分かりやすい。

 

 

一方、ナマズの方だが、ブルーギルに比べると、個人レベルでは、それほど一度にたくさんは釣れることはないので、明確な裏付けができません。

 

ただ、漁を生業にしている漁師さんのお話しによると、汽水域で捕れるナマズの餌は、ミミズや小魚ではなくエビだそうです。やはり、汽水域の場所では、汽水域に適した餌を使う方がよく釣れるのでしょう。

 

そして、水質によって、個体の色もまるで違ってきます。鯰は水質環境によって体の色が変化します。

 

 

この動画で見るとよく分かりますが、体の色が一般の平野部で釣れるナマズより、かなり白く感じます。

 

 

そういったことから、生息する流域によって、人間でいうなら欧米と東洋の食文化の違いがあるように、個体にも餌の違い、それに伴い、水質の状態によって、体色にも違いが現れてくることがよく分かります。