お陰さまで、愉しめました♪

DSCF5138

 

さて、前回、Cute Luresさまから、ダービー参加で頂いたルアー。

 

 

せっかくプレゼントを頂きましたので、この頂いたルアーを使ってナマズを狙ってみることに。

 

 

特に鯰に良さそうな、この2つをチョイス。

 

DSCF5199

■BALSA-50のビッグラッシュスケーターJr.

BALSA-50のビッグラッシュスケーターJr.は、普通サイズよりナマズ狙いにはちょうどいい大きさじゃないかと思います。

 

 

DSCF5194

DSCF5213

■FROG ショートサソリ

こちらのルアーは、今回初めて。

 

 

クワガタに似せたフォルムは、Gatta-Xに良く似ていますね。

 

 

どちらちが先に作られたのかよく分かりませんけど、Gatta-Xよりは、やや大きく感じます。

 

 

鯰釣りが好きな人の中には、こういったデザインって、結構好きな人が多いかもしれません。

 

DSCF4546

さて、ポイントは、雷魚釣りの帰りに立ち寄った河川。

 

 

この場所、いつの間にやら浅瀬が出来ていて、そこにナマズが溜まっております。

 

 

幾重にも波紋が拡がり、あちこちで捕食音が聞こえてきます。

 

haya

どうやら、たくさんのベイトを追って、この浅瀬にナマズが入り込んでいるようです。

 

 

最初、もじりがたくさん出ていて、ベイトを追い回しているのは、コイかなぁと思っていたんですけど、実は、ナマズでした。

 

 

こういった場所へルアーを投入するには、ベイトに見立てたビッグラッシュが最適。先発でフィールドに入ります。

 

DSCF5188

一投目から、ドッグウォークの水しぶきに反応して、ナマズがヒット!!

 

 

でも、この一撃でポイントはおしまい(笑)

 

 

浅瀬で激しい音を立てて、バシャバシャと暴れるから、もうこれ1回きりでダメになります。バイト炸裂と思いきや、あっけない幕切れとなった。

 

 

うーん勿体ない(笑)

 

 

お次のポイントは、流れのない場所。

 

 

こういった場所では、金属音を奏でるウィング系のルアーが最適。

 

 

静寂を破る金属音が、ナマズの側線や触覚をモロに刺激します。

 

 

DSCF5157

フックは、純正のまま使用し、チューニングを施していないので、なかなか乗せることが出来ませんでしたけど、やっぱりルアー自体のアピール度は高く、バイト数は数知れず。

 

それぞれタイプが異なるルアーだけれど、ポイントによって使い分けるとルアー独自の持ち味が出る。

 

今宵は、お陰さまで、面白い釣りが愉しめました♪

 

DSCF3798

☆ありがとうございます☆

 
 
 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

水路の雷魚

DSCF4834

今回も再び、雷魚の生息するクリークに遠征。

 

 

やっぱり、カバーや水草が生い茂る場所というものは、見てるだけでも飽きませんね。

DSCF4831

 

なんでしょうかね。このワクワク感。

 

DSCF4835

何がいるか、何が釣れるか分からない、そんな期待感が込み上げてくる不思議な雰囲気を醸し出しています。

 

ただ、縦横無尽に広がるクリークから、雷魚が生息している場所をピンで探し出すのは、かなり骨が折れる。

 

う~ん、あれはコイだろうか…。

 

DSCF4836

 

水草のあたりから「ボシュッ、ボシュッ」と捕食音が聞こえるが、その辺りを凝視すると…。

 

でっかい背びれが見え隠れしている。   あ~、やっぱりコイだ…。

 

そんな事を繰り返しながら、2時間以上もこの付近一体を隈なく探索し続ける。

 

そしてようやく…。

 

どうも今までのものとは、あきらかに体つきが違う魚影を発見する。

 

DSCF4821

よくよく目を凝らしてみると…

 

水面下に浮いている魚は待望の雷魚!

 

よし、いたいた。

 

褪せる気持ちを抑えながら、足音を立てず、ゆっくりと身を屈めながら、一投目を投入。

 

DSCF4833

着水と同時に波紋が幾重にも広がり、それがおさまるまで、じっと待ち続ける。   着水の波動が伝わったのか…。

 

さっきまで向いていた方向とは真逆の進路を取り、水面に浮ぶフロッグに気づき徐々に近づきはじめる。

 

偏光のサングラスは、水面下のギラツキ感を抑えられるので、雷魚がルアーに近づいてくる一部始終が手に取るように分かる。

 

5m、3m、2m、1m…     ゆーっくりと、フロッグの目前まで魚影が近づいて来た。     食わせのタイミングを与えるよう、時折ポーズをとる。

 

 

喰え!   喰え!

 

 

いつもながら緊張する、息を呑む瞬間…。

 

 

…。

 

 

ボフッッッッー!!!!

 

 

 

今までの 沈黙を破り、激しい水しぶきを上げながら、ハイパワーでグイグイとラインを引き込んでいく。

 

 

弓なりにしなったロッドと格闘しながら、魚体に絡みついた水草と一緒に、一気に引き上げる!

 

 

よっしゃっー!!

 

 

陸へ上げた途端、激しく暴れた際に、ルアーが外れる…。

 

DSCF雷魚

ふぅ~   危ない、危ない。

 

強烈なバイトとは裏腹に、思ったほどデッカくなかったけれど

 

いつもと違うロケーション

 

 

水路での雷魚釣り

 

 

何とも言えない達成感があります。

DSCF4870

 
 
 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村