風情

DSCF4287

昨日は、夕方、雷魚の新規ポイントを探しにクリークを回る。

 

雷魚がいるポイントを2ケ所発見。5匹ほど水面に浮いている姿を目視で確認した後、早速、ピンポイントで狙ってみることに。

キャスト直後に水草の中から、ぬ~っと姿を現し、ゆっくりと近づいてきて、「バフッ」と一飲み。

 

 

ところが、ヒットしたはいいけれど、足場に気を取られ、痛恨のバラシ…。「あちゃ~、やっちまった」

 

その後、もう一匹、水面スレスレまで近づてくる雷魚の姿が。

 

しかし、フロッグを鼻でつつくと、そのまま喰わずに去っていった…。

 

何と言う用心深いやつなんや。「くぅ~、残念」

 

DSCF4285

ナマズと比べて、ライギョは、個体数が極端に少ないので、バラすとモチベーションが一気に下がるのね。まぁ、しょうがないけど…。

 

結果はさておき

 

最近の釣り方としては、最初に雷魚のポイントを探し、日没後はナマズ釣りにチェンジするパターン。

 

そんな感じで、雷魚釣りもナマズと同じように、行けば必ず釣れる必釣パターンを早期に確立させたいと考え、今はせっせと新規の開拓に勤しんでおります。

 

 

DSCF4539

さてライギョ釣りが終わり、今度はナマズ釣りのポイントへ到着。

 

辺りはもうすでに真っ暗。

 

一部の田んぼにようやく水が入ったようです。田植えはまだこれからだけれど、もうすでにカエルの合唱がはじまっています。

 

 

そのせいか、いろんなところから、ナマズの捕食する音が聞こえてきます。

 

鯰たちのディナータイムがもうすでにはじまっている。

 

 

こりゃ、ルアー投げたらイチコロだな。

 

そう思っておりましたが…。

 

 

バイトの数は、もう20を超えたころから、ぜんぜん乗らないことに気づきます。

 

 

ルアーを2m以上も弾き飛ばすほど、猛烈にアタックしてくるけれど乗らない。

 

やる気が空回りのナマズばっか(笑)

 

 

それでも、ルアーをいろいろ変えながら、捕食音の主たちの姿をようやく拝めることが出来ました。

 

DSCF5270             Lure;            VAGABOND      Namazu  Crawler

DSCF5250 Lure:        Heddon  Chugger Spook

DSCF5278Lure:        Heddon  Chugger Spook

昨夜は、最後に釣れたぽっちゃりお腹のこのナマズが気に入りました。このお腹のボリューム!   とってもチャーミングで風格があります。

 

親近感が湧いたのは、自分のビール腹と似てたからだけど何か(笑)

 

 

梅雨があければいよいよ夏。

 

カエルの合唱と心地よい風を感じながら楽しめる今の季節は、なんとなく風情があります。

 

a0860_000007_m

ゲロゲロ♪

 

 
 
 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村