水深が深い場所にいる鯰をトップで狙うには (其之弐)

DSCF1555

一級河川や二級河川の大部分には、一定区間に「堰」という場所が設けられています。

 

ナマズだけに限りませんが、川釣りをしている人の多くがこの堰を魚が釣れやすいポイントとして一般的に認識しているのではないでしょうか。

 

普段、何気なく使っているこの「堰」ですが、その意味を調べてみました。

 

 

*(せき)は、水をせき止める目的で河川や湖沼などに設けられる構造物。

 

せき止めによって水位を上げることによって、上流側に水を貯留したり、用水路などへの取水を容易にしたり、計画的な分流を行ったり、また下流側からの海水の逆流を防止(潮止めという)して塩害害を防ぐなどの役割を持っている。

 

つまり、堰は基本的に水を利用(利水)するために設置されるものであるが、大規模な可動堰は強力に水を制御できるため、実際には治水などを含めた多目的に用いられることが多い。

 

堰は、その構造から固定堰堰(こていぜき)と可動堰(かどうぜき)に分けることができる。

 

固定堰

門扉などの可動部がない堰。水中に石積みやコンクリートなどの構造物を設けて水をせき止めるだけの単純なもので、歴史的に古くから設置されてきた。流量などを随意に制御することはできない。

固定堰の最大の欠点は、洪水時において堰の持つ「水をせき止める」機能があだとなり、水の迅速な流下に支障をきたすばかりか水の氾濫を招いてしまう点がある。このため、現在ある固定堰は比較的小規模なものか、歴史的に古く長い時間維持されてきたものがほとんどである。

 

可動堰

門扉などの可動部をもつ堰。固定堰の最大の欠点は、流量を制御できないことにあったが、可動堰は流量を随意に制御し洪水時には水を迅速に流下させることができる。

可動堰は可動部の構造によってさらに起伏堰引上堰に大別される。

 

起伏堰(きふくぜき)は、水中の構造物を起てたり倒したりして水を制御する。堰が比較的小規模で、なおかつ制御する水位幅が狭い場合に採用される。鋼鉄製の扉体を操作するものもあるが、耐久性のあるゴム引布などでできた筒型の袋に空気や水を入れて膨らませて水をせき止めるものもある。

 

後者の方式ゴム引布制起伏堰、通称ラバーダムなどと呼ばれるもので、倒伏の確実性が高いことや動力がわずかで済み、費用がかからないことなどから起伏堰として近年よく採用されている。

 

引上堰(ひきあげぜき)は、上下に開閉する門扉をもつ。止水が容易で操作の信頼性が高いため、大規模な可動堰のほとんどはこの方式である。                          (wikipedia参照)

 

 

わたしが行くポイントの多くは、恐らく前者の起伏堰の場所が大半を占めると思われます。

 

大雨で増水した時だけ、サイレンが鳴り、この堰の門が開かれ、上流に貯まった水が一気に放水される。

 

この時、普段、下段の水深は1~2mくらいですが、ひとたび堰の開放がなされた場合、陸地すれすれまで水位が上昇する時が年に1~2度あります。

 

 

この時の水深が、だいたい3.5~4m弱。

 

しかも水の流れも速い。

 

こんな状態で、トップのルアー投げてもまず釣れる気がしないと、ほとんどの人はそう思うことだろう。

 

だが、しかし…。

 

こんな状況でも狙えるポインがひとつある。

 

それは、「止水した場所」

 

つまり、堰下で川の流れが止まっているところ。

 

ここが、増水時でもナマズが狙える、いわゆる「肝」といわれるゾーンです。

DSCF15874

以前のブログ記事で載せていますが、ジッタースティックを使って、この大雨で増水した時に、ここだけを集中的に狙い9本ゲットしています。

DSCF15514

実はこういった増水した時だからこそ狙う必要がある場所。

 

ナマズは、止水した場所に避難しつつ、こんな悪天候の場合でも、餌が来るのを待ち構えています。

0383fbe970f136b3addaafd32dab3e62

18781818b4bcba246ea75d0f8139119e

水深が深くなるこういった増水時には、見逃せないポイントのひとつです。

 
 
 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村