これからの季節

DSCF1071

とうとう九月に入った。

早いもので、暦の上では、秋。
確かに、あれだけ騒がしく鳴いていたセミたちの声も全く聞かなくなり、夜ともなれば、コオロギの鳴き声をちらほらと部屋の窓越しから聞くようになる。

 

徐々に向かっていく秋の気配…。
まあ、そんな風にしんみりと季節は移り変わっていくと思いきや…。

 

実は、先週の話しなんですが、大雨による避難勧告が、このエリアで初めて発動された。

とにかく激しい雨が、1時間の間に100ミリ以上も降ったものだから、あれよあれよという間にマンホールから水が溢れ出し、道路の至るところが冠水する始末。

そのせいで、付近一帯の小さな河川では、川の水が氾濫し、車が完全に水没するなどの大変な被害が出ていた。

 

今日、川の様子を見に行くと、護岸が激流によって破壊された場所がいくつかあった。普段は、必ずといってもいいくらいナマズが着いてる場所でさえ、その姿を見つけることが出来ない。

 

きっと、洪水によって押し流されたことだろう。

DSCF1530

ナマズのつき場は、こんな感じで水害なんかの影響をモロに受けてコロコロ変わっていく。

 

最近、よく考えることだが、近年は、ひと昔に比べて、雨の降り方が尋常じゃないように思う。

 

以前までは、秋の荒食いを結構、楽しんでいたけれど、近頃は、すこし勝手が違ってきたようだ。

 

常にポイントが変わるのを頭に入れながら、やらないといけない訳だし…。

 

やれやれ…。

 

特に水害が出やすい不安定な季節は、ますます困難な釣りを強られそうです。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村