釣り場の開拓について

DSCF5508

今回、当方のブログに訪問して下さったべしたぼー様からのご質門で、

 

>新しく釣り場開拓しようと考えていますが、HS様は釣り場を開拓する際、どうやって探し当てていらっしゃいますか?

 

というコメントを頂きました。う~ん、これって、結論からいうと、エリア一帯を隈なく釣り歩く。これが一番ベストな方法なんですけど、考えてみると、結構、難しいものがありますよね。

 

 

ポイントの開拓は、釣れる場所である。ということが大前提となるので、こればっかりは、実際に現地に出向いて、ルアーを投げてみないことには、正直よく分からないところではないかと思います

 

ただ、これだと、時間もかかるし、労力もいるので、もっと簡単に、釣れる場所を開拓したいといういうのが、ご質問の意図ではないかと思います。

 

なので、まあこれは、エリアによって、人それぞれ、やり方も違うし、これが正解という共通の答えは出にくいと思いますが、あくまでも個人の意見なので、参考程度で捉えて頂ければと思います。

 

ダウンロード

まずポイントを探すにあたって、真っ先に必要になってくるのが地図です。

 

 

だいたい家の周辺だと、どの辺りに川や池があるのかは、ある程度、把握できると思うんですけど、少し離れたエリアでポイントを探すとなると、まずは地図が必要になってきますよね。

 

 

出来れば、縮尺の割合が大きい地図がいいですね。あんまり小さい地図だと、小さな池や小川などが表示されてない場合もあるので、ある程度、詳細が見て分かる地図がBEST。

 

DSCF5920
それから、タブレット。

 

これは、パネルを指先でタッチすることで、画面を大きく表示できるので、スマホより老眼の私には持って来いの代物です(笑)

map

それから、グーグルアース。地図で特定した場所の住所を入力し、衛星から見たカラー写真で、拡大縮小しながら地形を確認できるという優れもの。こちらは以前の記事に載せていますので、ご参考まで→ポイントの開拓

 

で、ここからが本題なんですが、ポイントの選択方法としては、まず大きな池や川は省きます。

 

なぜ省くかというと、だだっぴろい場所で、闇雲にルアーを投げても、なかなか釣果に結びにくいから。

 

ナマズ釣りを始めたばかりだと、大きな池や川は、ポイントの見極めがかなり難しいと思います。

 

まあ、通い慣れると、地形も次第にわかってきて、ピンで狙うべき場所も掴めてくるのでしょうが、最初は、楽にポイントを絞り込む為に大場所はある程度省くという取捨選択が必要ですね。

DSCF5796

それから、なるべく、都心から離れたローカルなエリアを中心に探します。これは都心部だと、交通の利便性が良すぎて、釣り人の出入りが頻繁なので、得てして他者とバッティングしやすいため。

 

DSCF5795

やっぱり、ナマズに関していえば、本流に注ぎ込むような小さな川、田んぼや畑に隣接する農業用の小さな溜池などが密集しているところの方が、ひとり独壇場になりやすい傾向にあります。

 

それから、更に詳しく述べると、池の場合だと特に、道路側からは、池があるのかどうかが分かり辛いところがいいですね。

 

DSCF5893

こんもりとした土手があって、その土手を登ると、溜池があるようなところは、土手を歩いている以外は、釣りをしている姿を見られることも少ないので、ポイントとしては、結構、美味しかったりします。

 

 

実際、私も4年前に、そんな場所を発見し、試しに撃ってみたら、ナマズが爆釣したことがありました。

 

多いときは、1日に10匹以上、年間70匹以上の釣果をもたらしてくれた農業用の溜池。

DSCF5896

散歩をしている地元の方と、話した際には、10数年以上、水抜きをしていないということでした。

 

そのせいか、岸際には沢山の小さなエビや小魚いて、大きなコイがバシャ、バシャと激しく飛び跳ねており、恐らくは、釣り人の出入りもほとんどなく、ナマズにとっては、餌も豊富で、かなり環境の良い場所だったと思われます。今は、水抜きされ、完全に魚がいなくなりましたが…。

 

野池ポイントの選択として、一番難しいところは、直近で、この水抜きをしているかいないかが、重要なカギとなります。

 

ロケーションは抜群なのに、魚は一匹も生息していない、そんな場所とも知らずに黙々と竿を振り続けるなんて、あまりにも悲しすぎます(笑)

 

ですから、現地に行ったら、散歩している地元の人なんかに、水抜きしたかどうか尋ねるか、若しくは、コイや小魚が生息しているかを目視で確認することが必要です。

 

そんな感じで、自分の場合は、取りあえずは、MAPを見ながら、かたっぱしからローラーをかけておいて、ミスバイトがあっても、その日は深追いせず、バイトがあった場所を後日、拾って回るというやり方をしています。これによって、ある程度の釣果が見込めます。まあ、ざっとですが、そんなところでしょうか。

 

 

さて最近、ネットを見ていて思うことがあります。

 

2チャンネルの釣りのスレや、ヤフーの知恵袋を見ましても、どこそこのエリアで、釣れる場所を教えて欲しいという質問をよく目にします。

 

掲示板に質問したら、親切な人も多く簡単に教えてくれる人もいるけれど、やっぱり、釣りというのは、自分の足で釣り歩きながら、知恵を絞るのも大きな楽しみのひとつ。

苦労して、やっと見つけた最良の場所にこそ、深い喜びや感動を見い出せるものだし、自身のレベルアップにも繋がるものだと思います。

 

ですので、ポイントを人に尋ねるのも、決して悪いことではないけれど、「どうやったら、釣れる場所を開拓できるか」というを疑問を軸にして、試行錯誤を繰り返しながら工夫をこらし、その中で最良の答えを見つけることができたら、きっと、今まで以上に釣りへの想いが深まってくるのではないでしょうかね。

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

浪漫釣行

DSCF5872

1発目の県外遠征をスタートさせてからというもの、次はあそこ、次はココ!と、ヒシがびっしりのフィールドを想像しながら、毎日、妄想だけが、どんどん膨らんでおります。

 

前回の長崎釣行は、ミスバイトが多すぎました。遠征はしょっちゅう行ける場所ではないので、この日のバラしは、非常に勿体なかった。

 

そんな事もあり、次の釣行へ向けて、道具の点検に余念がありません。雷魚SHOPにも、お勧めのフロッグ、BEST4を聞いてみました。もちろん、即、買いです。

 

次は、たくさんキャッチできるよう、フロッグのチューニングを、家族が寝静まった頃、ニヤニヤしながら、怪しげにおこなっております(笑)

 

ただ、そうこうしているうちに、今月いっぱいで、シーズンも終了しそうなので、何とか、あと2県は、周っておきたいところ。

 

そのうち佐賀のフィールドは、すでに開拓済なので、できれば、熊本か大分を先に周ろうと思います。鹿児島と宮崎は、かなり遠方なのでその次のスケジュールで。

 

九州全域における、各県の穴場を探して周るのは、実に骨が折れますが、その分、激アツなスポットが発見できた時は喜びもひとしお。

 

美しい山々に囲まれ、小麦色の稲が果てしなく広がる田園風景。

カバーに覆われた、みどり一色のクリ-クと、青空のコントラスト。

鳥のさえずり、美しい花々をバックに、時間も忘れ川岸を釣り歩く。

 

 

まさに、釣り人としての冥利に尽きる!

 

そう、それは、まるで

 

砂場で夢中に遊んだ、あのころと同じ気持ち。

 

やっぱり、はじめてのフィールドには、心を擽るロマンがあるんだよなぁ。

 

cropped-DSCF5858-2.jpg

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

水を得た魚

DSCF5871

今年は、大雨が多くて、大変でした。

 

近くの河川なんか、氾濫寸前とかしょっちゅうで、ここに移り住んで、10年位になりますけど、今年初めて避難勧告がなされました。

 

そんなこともあって、最近は、ちょっとまとまった雨でも降ろうものなら、すぐに上流部の堰を止めてしまうので、下流域は水がカラカラ。

 

 

かろうじて、ちょろちょろと水が流れ落ちる排水口に、こんな感じで魚たちが行き場を無くし、留まっています。

 

しばらくしたら、完全に水位も無くなり、魚たちも死滅するかもしれません。

 

そんなことを思っていたら、明日は、九州に台風上陸するとか。

 

これで、水位も増え、魚たちも自由になります。

 

よかった、よかった。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

九州のフィールドを巡る旅 長崎

DS11

今回の遠征先は、九州の西側に位置する長崎県。

ここ最近、県外遠征に向けて、九州のいろいろな釣り場情報を収集しておりましたが、情報入手した釣れるであろうポイントの情報も、季節の移り代わりによって、ポイント自体も刻々と変化してゆき、直接フィールドへ出向かなければ、そのニュアンスを感じ取ることは難しいようです。

とどのつまりは、広範囲に渡って、くまなく調査してみないことには、初めて訪れる土地でもあり、ピンポイントで釣れる場所を見つけ出すのは、かなり至難の業。恐らくは、県内の1エリアを周るだけでも、一日が終わってしまいそうです。

そんなこともあり、今回は、とある場所へと事前に訪れ、川の状況を調べていたのが功を奏し、当日の釣りは、かなり中身の濃い釣りを満喫できました。

 

小生が一番、驚いたのは長崎県にも、雷魚やナマズの魚影が濃い河川があり、フィールドとしては、ポテンシャルが想像以上に高い場所が存在していたこと。

 

県道沿いにある釣り具屋さんは、思っていたより多く、平野部の多い、佐賀に比べると、四方を海に囲まれているせいか、海釣りメインのお店が多いように感じられます。

 

単純な考えですが、地域柄、海と川の釣り人口の比率は顕か。その恩恵を受けて、川釣りにおける未開の地があってもおかしくはない。

 

長崎に入り、高速を降り、早速、支流をメインにフィールドを周る。

DSCF5865

Ds4

↑ この写真のコイは、恐らく1mはあると思われます。

 

これ以外でも、メーター級の雷魚がいたり、餌となるベイトが豊富に存在していることで、生息している魚が、かなり巨大化しているようです。

 

残念ながら、この日は、デカい雷魚を何本もバラしてしまい、相当凹みました。ただ地元の福岡であれば、これだけの体験はなかなか出来ませんから、今回は良しとして、腕を磨いて次回に繋げたいと思います。

DS2

DS3

支流付近には、極小クリークもあり

DS5

DS6

DSCF5857

DS8

DSCF5775

DSCF5789

DSCF5786

DSCF5816

どこもロケーションは抜群です。

DS7
↑ 今回、協力して頂いた、釣り仲間のkazさんには、ナマズを狙って頂きました。

 

DS9
↑ 小生、事前調査で、小ぶりな雷魚をゲット。サイズは小さいが1m位の細い水路でも雷魚がかなり生息しているようです。

事前調査と今回の釣行だけで、おおよそ、10ケ所ほどポイントを開拓。

もう少し時間があれば、ナマズや雷魚が生息するポイントを更に沢山発見できそうです。

次に来る時は、集中したピンスポット狙いが楽しみです。

やはり九州は広い!今回の釣行によって、これから周る各県の中にも、釣人が足を踏み入れた事がない場所が確実に存在する。

 

DS10

そんな確信を得られたような気がします。

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村