皆様、新年明けましておめでとうございます。

a0001_000560_m

皆様、新年明けましておめでとうございます。

昨日から、ここ福岡でも、朝から雪が降り、近くの山々は、真っ白な雪化粧の装いです。さすがに、こんな日に、釣りをする姿は見られませんね(笑)

 

さて、当方も世間と同じように年末から休みに入り、今年も正月を無事に迎えることが出来ました。ただ、正月とはいっても、日頃の罪滅ぼしの為に、昨日、今日は、超満員のショッピングモールにくり出し、家族サービスにせっせと励んでおります(笑)

 

今宵は、ようやく一段落ついたので、ブログの更新をしようと、パソコンの前に座って一息ついたところ。何を書こうか考えておりましたが、なかなか思い浮かびません。しばらく考えておりましたが、やっぱりなんにも浮かびません。脳が疲れているのでしょうか。

 

そんな具合で、仕方なく、ぼんやりしながら以前の記事を読み直していたところ、Zebcoスピンキャストリールについて書いた記事があったので、今回は、違うメーカーの内容を書いてみたいと思います。このスピンキャストリール、別名、クローズドフェイスリールとも言われていますが、日本の中では、あまり使われていません。

 

日本の2大メーカーのダイワやシマノもスピニングやベイトリールに比重を置いているので、日本では、ダイワの他、イスズのピッキーノを入れて、ほんの数機種しか作られていないようです。

 

そのため、使ったことのない人も結構いると思います。海外メーカーでは、ゼブコの他、シェイクスピア、アブ、ジョンソンが有名でかなりユーザーも多いんですけどね。不思議なものです。

 

昔は、釣具屋にいくと、自分たちが子供のころは、日本メーカーのものが結構、並んでいたんですけど、いまは、置いてある店を探す方が難しいくらい。

 

まあ、スピニングやベイトリールと比べると、各メーカーが力を入れていないせいもあり、どうしても、日本で人気が出ないのは否めない気もしますが、個人的には、デザインもかっこよかったり、使い勝手もよくて、今でも、けっこう好きなリール機種なんです。

DSCF6014

近頃、バスプロショップからこんなのが出ています。エクストリーム。

DSCF6013

今、ナマズ釣りで使っている、BUZZSLATERのロッドカラーが濃いグリーン。

このエクストリームも比較的近い色合いなので、セットすると違和感がなくしっくり馴染みます。スピンキャストリールというのはボタンを押すことによりラインをピックし、キャスト時にボタンを放すことによりラインが出てルアーを飛ばす構造になっています。

 

言ってみればスピニングリールより操作が簡単。ラインの出方の原理はスピニングリールと同じなのでライトリグなどの軽いルアーを扱うことができますが、一番の欠点は、パワーがない事でしょうか。ドラグ力9/4kgと記載があるので、約2,25kg。

大型のナマズにはちょっと不向きかもしれませんが、小型のナマズ程度なら何とかいけそうです。

DSCF6015

このリールは、ベイトロッドにセットします。ボデイ最後部にある黒い部品がラインをピック&フリーにするプッシュボタン、これを親指で操作するだけという至ってシンプルな構造ですが、キャスティング時、思ったよりしなやかに飛びます。

正確にキャストしやすいので、水路などの狭いポイント攻略するには便利ですね。

スピンキャストリールは、ライントラブルが多くて、衰退していったとも言われるリールですが、今は、技術も向上し、思いのほか使いやすいリールだと思います。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村