地元の情報に勝るものはない

当方、県外の新しいポイントを開拓する際は、グーグルアースをよく使っている。

これは、衛星から撮影したカラー写真で、これにより、地図ではよく分からない、その地域一帯の状況が手に取るように分かる。

これである程度、精査した後に、よさげな場所へ実際に出かけるようにしている。

こういった文明の利器を使えば、ぐるぐると当てもなく車を走らせるような無駄な時間を極力省ける。

さて、そんな新規開拓で県外へ出かけた折り

 

とある午後の日。

 

ライギョの生息する某エリアの探索をおこなっていたところ、いきなり金髪の若い青年に声をかけられた。

 

自転車に乗った、、歳の頃、20歳くらいの子。

 

私が、ちょうど車を停めて、クリークをのぞき込んでいたところ、突然、背後から

 

「あの~、雷魚釣りですか?」

いきなり金髪の青年に声をかけられたので、おやじ狩りかと思い、びっくり仰天(笑)

 

よく見れば、とてもかわいい好青年。

 

 

「えっ!あっ!そうそう!」

「ライギョがいるところを探してるんだけど、この辺り、ライギョいるの??」

 

と尋ねると、どうやら地元の子らしく、年間100本くらい釣りあげるという、凄腕の雷魚アングラー。

 

地元の子だけに、それはもう、どの場所にライギョが生息しているのか、ルアーは何がいいのか、どういったポイントを狙ったらいいのか、地元ならではの細かい情報を持っていて、色々、教えてくれました。

 

目がキラキラ輝いています。本当に、こよなく釣りを日々楽しんでいるようです。

会話を交わしているうちに、臨場感あふれる情景が浮かんで、こちらまで楽しく感じてしまいます。

 

今まで、ひとりで黙々と釣り歩いていたので、このエリアでアングラーと出会ったことがなかっただけに、とても新鮮な感じがした。

 

1番の収穫は、今まで、ここはいないだろうとスルーしてきた場所にこそ、実は、居着いていたことなど。地域の特性や詳細を教えてくれたのは、とても有難い事だった。

 

今までの先入観を排除することは、釣りをする上で、とても大事な事のように感じる。

 

わずかな時間でしたが、やはり地元の方しか知らない情報は、釣り人にとっては、とても貴重なもの。

 

今年は、ポイントへのアプローチ、釣りの楽しみ方が、またひとつ増えたような気がします。

 


ナマズ釣り ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村