餌の匂い

水槽に飼っているドンコとギバチ。

 

ようやく、水槽にも慣れてきた様子。

 

水槽内を観察していると、ぜんぜん飽きないし、時折、魚独自の生態が垣間見れるから面白い。

 

というのも、毎日、この魚たちにエサを与えている訳だが、この2匹に与えているエサは、市販の「乾燥川エビ」。

 

このエサを水面に落とすとプカプカ浮いている。

 

もちろん生きたエビではないので、このドンコとギバチは、そのエサの存在が分からないせいかしばらくの間、反応がない。

ドンコは動かないエサには、ほとんど反応がない。

 

水槽ポンプの水の勢いを受けてエサが動いた時だけ捕食する。

 

 

一方、面白いのは、ギバチの動き。

エサを落として、しばらくすると

 

巣穴から抜け出し、凄い勢いで水槽内を激しく動き廻る。一生懸命エサを探しているようだ。

 

ギバチは、マナマズと同じように目が悪いらしく、水面に浮くエサの近くまでくるが、正確にはエサの位置が特定できていない様子。

 

エビに動きがない以上、髭や側線では、波動によって居場所を特定できない訳だからエサの匂いで反応しているのは間違いない。

 

しばらく、エサのまわりをグルグルと回り続け、数分後にようやく捕食に成功。巣穴に戻ってから、ムシャムシャ食べています。

エサの匂いというのは、獲物の存在を認識し、捕食する上で「音」の次に大きな要因のひとつかもしれない。

 

既にソルトでは、そんな魚の生態を研究開発して作られたバークレイのガルプがあるが、これはソフトベイトの良さを最大限に引き出した物とも言える。(ガルプは、集魚エキス(通称ガルプ汁)に漬けられて売られています。)

 

そんな水槽の一コマで感じたことでしたが、これって、ナマズが好みそうな匂いのあるソフトベイトを使えば、ノイージー系なんかのルアーでスレた鯰には、かなり効果があるんじゃないでしょうか。

 

匂いには敏感に反応しているところを見ると、試してみても良さそうです。

 
 


ナマズ釣り ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村

釣り針

我々が趣味として日頃楽しんでいる釣り。よく江戸を舞台にしたTVの時代劇などに、釣りをするシーンが登場していたが、実は江戸時代ごろから道楽として行われるようになったと言われる。

 

更に時代を遡って調べてみると…

 

遺跡の発掘時の、出土する道具の中には、釣りの象徴となる「釣針」が発見されている。

 

その当時の針の形は現代の型と同じ作りになっている。針先には、カエシらしきものがあり、試行錯誤の末に行き着いたであろう古代人の知恵に驚く。

 

最古の釣り針は、日本の沖縄県南城市のサキタリ洞遺跡で発見された約2万3,000年前の旧石器時代の貝製釣り針になるそうだ。

釣り針 旧石器人もフィッシング…世界最古、沖縄で出土

 

諸外国でも釣り針や類似の器具は何千年も前に発明されたと考えられていて、国外の東ティモールでも2万3,000年~1万6,000年前の貝製釣り針が発見されている。

 

日本列島の旧石器時代の遺跡からは釣針は出土しておらず釣漁や網漁は確認されず、ヤスや銛による刺突漁が主であったと考えられている。

 

縄文時代には前期から沿岸部や湖沼のあった内陸部の遺跡から釣針や銛、魚綱などの漁具が出土していることから漁撈【ぎょろう】(魚介類・貝類や海藻を捕獲・収穫する活動のこと)の存在が確認され、シカの角などを用いた釣針が出土しているらしい。

 

旧石器時代から木、動物や人間の骨、角、貝殻、石、青銅、鉄など様々な素材に姿を代えて、主流となっていった現代のスタイルに行きついた釣針。(wikipedia参照)

 

素材は変われど、数万年もの間、形がほとんど変わっていないところが凄い。

 

生きる糧となる獲物を得る為に考え出された釣り針。
期待を胸にコツコツと道具作りをし、漁に出て、やっとの思いで獲物を手にした時の心境は、きっと、現代の私たちとそれほど大差はないような気がする。

 

今も変わらぬ釣針の形には、古代から現代へと脈々と流れる文明の継承に浪漫を感じます。

 


ナマズ釣り ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村

鯰の本

 

ゴールデンウィークが終わってから、ここ1週間くらい、えらく冷え込みました。あんまり寒いから釣りに出かける気も起らず、ネットショッピングばかり。

久々にナマズ本を買いました。5冊まとめ買い。

 

ナマズ本は、「ナマズ大全」が1冊あればいいと思っていましたが、年々、鯰ルアーの種類も増えてきて、やっぱり時代の流れとともに、釣りのスタイルも変わっていくもの。そんな理由で遅ればせながら、本を購入した次第。

 

今頃、感想なんか書いてんの?って言われそうですが、今シーズンからナマズ釣りを始める方もいると思うので、本を既に読んでる方はスルーして下さい。

 

ていうか、この本、よく見たら既に3年前に出版された本(笑)

 

【でかナマズ爆釣攻略 】(コスミックムック)ムックー2015/5/26

 

アングラーの谷中洋一氏(スミス)、松本幸雄氏(ロデオクラフト)の両アングラーによるデイゲームでのポイントの攻略法、ルアーの紹介が載っています。

 

これだけでも、ナマズの釣り方やポイントの見つけ方が分からなかった方には重宝すると思いますが

 

実は、この本には、60分の付録でDVDがついていて、身近で釣り歩くポイントと酷似したポイントがわんさか出てくる。

 

土管や流れ込み、岸際、水草などの障害物の廻りなどなど。

 

やっぱり、実際のフィールドを通じて動画でのレクチャーがあると、

「あぁ、こういったところを狙えばいいんだな」と自身のポイントと重なって連想させてくれる。

 

動画のような場所を選んで経験を積んでいけば、ポイント開拓やスポット狙いの感覚が自然に身についてくるのではないかと思います。

映像の多くは、スポットでの攻略方法がメインですが、ケースに合わせてルアーのチューニング方法が解説されている。特に、キャタピーのエクステプロペラやプロペラチューンなんかは個人的には、結構参考になった。

 

やっぱり、水面を割ってルアーに食らいつくシーンは、動画ならではのもの。本だけでは伝わらない臨場感のある釣行が動画で学習できるから、鯰釣りをはじめた方にはお薦め。

 

きっとデイゲームの楽しさがより一層、現実味を帯びてくるのではないかと思います。

 


ナマズ釣り ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村

食のウナギについて

先日、熊本県にある「うなぎの徳永 北部店」さんに、家内と二人でウナギを食べに行ってきました。

 

家内は、ウナギが苦手と言って長い事、口にしていませんでしたが、恐らく子供の頃、低価格のウナギを食べて嫌いになったと思われたので、少しお値段の高い、ウナギ御膳の上を注文してあげて試食させてみました。

 

当方は、ウナギが大好物ですから、家内が残してくれた方が逆に嬉しいくらい(笑)

もちろん私は「特上うなぎ御膳」を注文。蒲焼き・吸いもの・漬けもの・ごはん・サラダ もついて金額は、4500円。

お昼のランチにしては、なかなか贅沢なお料理です。

 

家内のウナギへの印象がガラリと変わりました。

『美味しい!!』

『こんなにウナギって美味しかったんやね! 』

老舗と言われるウナギ店の価格が高いのも頷けます。

 

老舗店でなくともスーパーに並ぶ、ウナギの食材でさえ、ひと昔前に比べたら、相当、値段は上がっている。
やっぱり、ウナギは絶滅危惧種であるだけに、いまだにお値段がなかなか下がりません。

 

以前、近畿大学が、絶滅危惧されているウナギの代用品として、考案されたナマズの蒲焼ですが、イオンでの販売では、どうやら思うように普及しなかったようです

イオンが近大開発『うなぎ味のなまず』を売ったのは失敗だった3つの理由

 

お次の代替え品は

 

近大なまず」の次は「パンガシウス」!? うなぎの代替品に「これはかなりイケる!」と絶賛の声
https://getnavi.jp/cuisine/162317/

 

 

「パンガシウス」を調べてみると、ナマズ目に属する科である。パキスタンからボルネオまでの南アジア一帯の、汽水から淡水域に生息する
とある。やっぱりウナギの味をナマズで再現するのは、種目が違うから、まったく違う魚だし、味を同じにするのは土台無理な話しではないかと個人的には感じているところ。

 

ところが、調べてみると、他にも日本ウナギの代替えが考案されていて

ビカーラ種

http://kabayakihonpo.com/products/detail.php?product_id=59

 

「ビカーラ種」と呼ばれるうなぎは、手ごろな価格で蒲焼が楽しめると話題に。とある。

 

一部記事抜粋
実は、世界には18種類のウナギがいる。ニホンウナギのほか、スーパーなどの中国産かば焼きの原料には、同国で養殖したヨーロッパウナギも使われる。姿、味ともニホンウナギに近いが、資源の状態は芳しくないと言われている。

昨年は北米やアフリカなどからも天然の外国産が輸入されたが、見た目を含めてニホンウナギとは異質で脂も少なく、その場しのぎの意味合いが強かった。

一方、フィリピンやインドネシアに生息するビカーラ種は資源に比較的余裕があり、稚魚の相場はニホンウナギの10分の1以下。これを育てて1尾千円以下で売ろうというわけで、日本や中国の企業が養殖に着手した。
————————————————————————————

まだ自分は、「ビカーラ種」を食べたことがないけれど、同じウナギ種であれば、ナマズよりもかなり再現性が高いような気がする。

これは、どんな味なのか、とても興味があります。

 


ナマズ釣り ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村

風が止んだよ

今日は、裏の川へ行ってきました。エサの残りを消化する為、吸い込みでコイ狙い。

 

天気は良かったけれど、強風に見舞われ、ホント釣り辛い1日。

 

 

こんな日は、気分的になんか、のんびり楽しめない。

 

またまた1匹だけ。

 

 

やる気が出なくて、そそくさと、納竿。

 

 

まだまだエサがまだ、たんまりある。

 

 

家に着いたら、風が止んだよ。

 

最近いつもこんな感じ(笑)

 

来月までに、全部使い切れるくらい楽しみたいわぁ。

 


ナマズ釣り ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村

デモンストレーション

GWに入りました。

 

宮崎県へ遠征の準備をしていたら、なんやかんやと雑用が入り、とうとうGWに突入してしまいました。

 

この期間に、高速を使って遠出をしようものなら、渋滞に巻き込まれ、とてもじゃないけど釣りどころではありません。

 

やっぱり、釣りというものは、のんびりやるのがステータス。

 

自分は、ポイントのバッティングが1番嫌いで、平日にゆっくりやりたい派なので、GWの県外へ出かけてのルアー釣りはパス。

 

なので、来週か再来週予定の遠征に向けて県内での久々の釣行。

 

最近、ホームでルアー釣りをする人をよく見かけるようになりました。

釣り人のルアーを見ると、先端にはワーム。

 

ナマズ狙いでしょうか。

 

昼間から、ルアーアングラーがいると、やっぱり目立ちます。

 

小さな川ですから、ひとり、ふたりと釣り人が増えだすと、そのうち釣れなくなるんだろうなぁと思い、最近はちょと場所を変えて違うエリアで楽しむことに。

 

 

同じ福岡県下、筑豊エリアの○○市。

 

ナマズが釣れるポイントは、河川の大きさなど、程度の差はあれ、排水溝などの流れがある場所など共通したところが多々ある。

 

なので目視でナマズの姿さえ確認できれば、エリアが違っても狙うポイントに関しては、ほぼ同じなので、やること自体にそんなに大差はない。

 

夕方、ポイントを回り目星をつけて、日が暮れてからスポット狙い。気が付けば深夜2時。

ローカルエリアは、スレてないから、よく乗る。

いよいよ

来週か再来週、宮崎県へ遠征するつもり。

遠征先でのデモンストレーション…。

 

晴れるといいがなぁ…。

 


ナマズ釣り ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村