「カエル」タグアーカイブ

そろそろ

3月に入り、ポカポカ陽気もチラホラ。そろそろ釣りに出かけようと思います。

ツイッターを覗くと、もう結構、ナマズを釣りあげている方もおられる様子。

中には暑さ寒さ関係なく1年通して通い詰めの猛者も。。

ほんとに皆さんお元気で頭が下がります。

 

暑さ、寒さ、関係なく釣りをする人は、根っからの釣り好きだと思います。

 

そう考えると、まだまだ小生、釣り好きのレベルではないなぁと改めて感じておりますが、それでも今年こそは、定期的にブログ更新できるくらいの熱量を上げ、県外のフィールド釣行を充実させたいと考えております。

コレ毎年言っていますが…。何か?(笑)

 

なので、まずは手始めに釣具屋さんへ出かけることに。

もうここ3年ほど、スローペースでやってきましたので、釣具の新調もしていませんでしたから、ちょっと衝動買いをしてみたところです。

お店の中をうろうろと物色するだけでもテンションはかなり上がるもの。

 

今回は、佐賀県のボンバーさん。雷魚ショップの専門店。

ルアーは、店長さんのお薦めでRodio Craftとボンバーさんのオリジナルのフロッグ軍。それからチューニングブレードをいくつか購入。これはクリークの雷魚狙い用に購入。

それから、鳥栖のキャスティングに寄って、ナマズルアーを購入。

 

トップは、『REAPER TYPE   J』と『Jointed Jeffrey』

どちらも、表層狙いのカップ系ルアー。

 

アンダー系は、いくつか購入しましたが、特に活性が低いエリアでの、ラトルインサートチューブワーム+カバージグのコラボで、底釣りを考えて購入。

 

まぁ、ルアーは、どれもチューニングが必要ですが、もう少しあったかくなるまでの間、フィールドに想いを馳せながら、工作するには、ちょうどいい時間かもしれません。

 

その後、ネットを物色してロッドを2本購入。

マグナムハスキーMHN-74H/ SMITH

Weedbed Monster “Trekker 76 Ⅱ”/おおの

 

それからリール

今更ながら、Shimano カルカッタコンクエスト18 400。

あとは、来週配達予定のTIEMCO  VJ440 LA RED

雷魚とナマズどちらも使えるタックル仕様で準備万端。

これで釣りへ出かけないと、もうおしまい(笑)

 

桜の華は、もうすぐそこです。

 


ナマズ釣り ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村

9月釣行 佐賀平野 クリーク 

9月に入り、ようやく時間が取れたので、先日、出撃してきました。1年ぶりでしょうか。釣りへ出かけるの。

どうせ釣りへ出かけるなら、ドライブしながら遠出がよいと思い一路、クリークで有名な佐賀平野へ。

真っ青な空。

長く続く農道。

青々とした田畑の緑が視界に広がってくる。

窓を開けると、心地よい風が車内をかけめぐり、なんとも言えない爽快な気分になります。

やっぱり釣りを兼ねたドライブはいいもんです。

 

さてさて。

一昨年まで、釣れていた場所に到着すると…。

「ガーン」

カバーで水面が覆われ過ぎて、まったく撃てる場所が見当たりません。

 

トボトボと、撃てる場所を探し求めて歩き回りましたが…。

ここのクリークは、完全にダメです。護岸工事もされており、まったく環境が変わっております。

せっかくポイントを見つけても、こうやって、しばらくすると、工事や環境変化によってポイントの形状が著しく変わってしまうので、遠方での釣りはホントに難しいものがあります。

 

仕方ないので、次のエリアへ移動。

やはりここも、カバーが密集しており、先程と同様な感じです。

川下から川上へ数百メートル歩き続けると、ようやく、撃てそうな場所を発見。

遠くを眺めると少しだけカバーが途切れている場所がある。

 

ただ、撃てると言っても、ご覧のようにほんのわずかな部分。

この先にも等間隔で隙間があるポイントが点在している様子だが、次のところまでは、結構な距離を歩かないといけない。

車が通れる場所じゃないから、なかなか歩き続けるのは、ちょっと一苦労。

けれど、カバーを眺めながら歩くのは、なんだか妙に楽しいものです。

ようやくポイントに到着し、音を立てないよう細心の注意を払いながら慎重にキャスト。

O.S.P Spintail  Frog  B-66 ディファインブラック

 

1投目をキャスト。

コンクリートの脇をフロッグでトレースしてみる。

水草の辺りから、モゾモゾとなにやら動きが。

「ボフォッ」

ルアーを弾き飛ばした

おるおる…。

でも乗らない。

 

2投目をキャスト。

しかし…。警戒心が強いのかその後、まったく反応がない。

こういった場所は、時間を空けて狙うとまた喰ってくる場合が多いので、深追いをせず、次の場所へ移動。

 

このクリークの一帯には、ライギョが相当数確かにいる。だが、ポイントが狭く、なかなかうまく狙えない。

3時間くらい歩きまくって、

ついに…。

 

「ボフォォッ」

 

沈黙を破り、喰ってきました。

ロッドのしなり、豪快な水しぶき。久々の感覚に酔いしれました。

約70くらいのライギョ。

もうこれだけで十分だったけれど、今年の初ナマズも1匹は上げておきたい。

時計を見ると早くも17時を回ったところ。

これから帰路に着くと、自宅への到着は、2時間くらいはかかる。あまり遅くなるとまずいので、帰りの途中で、ナマズが釣れるエリアに立ち寄ってみることに。

短時間で勝負なら、排水口付近についている奴を狙うのがてっとり早い。

 

ルアーは、オリジナルにしようと思ったが、排水口付近は、落ちパクがほとんど。ハネモノでは利点が生かせないので、今回は、オリジナルではなく、これで攻めることに。

 

SFT    FISH  FROG   FF55      フローティングタイプ 55mm 8.5g

 

日没間際に到着。ケミをつけるのは、面倒なので、視界が効く間に狙う。

このルアーは、ナチュラルなウォブリングアクションが特徴。水流を受けてユラユラと漂いながら体を振る動きがウリなので、ナマズを誘うには、なかなかいい動きを演出してくれる。

 

排水の真下についているナマズ狙いの場合、広い場所だと、水音にかき消されて連続で釣れることは珍しくない。

 

しかし、狭くて水流が弱い場所だと、1度でもフッキングミスをした場合、途端にナマズが警戒してしまい、その後がかなり厳しくなる。

 

とは言っても、速攻で1匹釣れて、今年の初ナマズはノルマ達成(笑)

 

9月の釣行は、今年最初の釣果をナマズとライギョが飾った。

次は、来年かな(笑)

 

いえいえ、来週は、海釣り予定です。

 


ナマズ釣り ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村

カバーゲーム ポカン釣り

カエル

明日は休み。仕事から戻り、室内の温度を計ると26℃。

あれれ??

 

ここ最近、外気温は、35℃を遥かに超え、不快指数は個人的には100%だったけれど、昨日はやけに涼しかった。

 

ここ九州へ台風が急接近するために、気温がかなり下がっていたようです。

やっぱり気温が10℃近く違うと、とても過ごしやすく感じられます。

 

 

好きな釣りに出かけるのでさえ、億劫なくらい厳しい暑さが続いていましたけど、これだけ涼しいと、元気さというか、残っている体力的な数値は、かなり違います。

 

テンションアゲアゲ。

そんな感じで、昨日、まだ雨も降らない、嵐が来る前に出撃してきました。

 

今回のポイントは、小さな水草の葉で覆われた水路。

 

 

前に紹介していましたポカン釣りの紹介です。ポカン釣りで使う本来の餌はカエルですが、今では、釣具屋さんに行けば、このカエルに似せたリアルなルアーがたくさん出でいます。

 

DSCF5315

一昔前だと、ヒックリージョーやハリソンスーパーフロッグ、ガルシアフロッグ、コーラモンのかえるくん、ダイワのブルフロッグetc…など色々ありましたが、近年では、中空フロッグによるカバーゲームが盛ん。

 

もともとフロッグのルアーは、ウィードにつくバスや雷魚など、通常のルアーでは手が出せない場所へ投入できるルアーとして開発され脚光を浴びたルアーですが、近年のナマズ釣りの傾向としては、その魅力に取り憑かれ、オープンウォーターでも使用する人たちがずいぶんと増えて来ているようです。

 

ただオープンウォーターなら、他のタイプのルアーで十分狙えるので、ここでは、通常のルアーでは手が出せない、カバーにつくナマズを限定に紹介したいと思います。

 

DSCF4870

フロッグ本来の真価を発揮するであろうポイントは、まさにカバー。

 

ただフロッグの欠点は、ウィード回避においては、とても優れていますが、それは諸刃の剣で、ターゲットのフッキングを低下させることにも同時につながっています。

 

特に捕食ベタなナマズには、ミスバイトが多発するので、フッキングだけ見ると使用するのは不向きなルアーですが、その反面、バイトだけ見ると、ナマズのルアーに対する感度は極めて高く、恐らく、対ナマズ用のルアーと言われるルアーと比べても群を抜いています。

DSCF4836

やはり、釣るためには、先にバイトありきじゃないでしょうかね。やっぱり反応があることが重要な訳ですから、カバーという閉ざされたエリアを狙う以上、ミスバイトは、やはり致し方ないような気がします。

 

さて、今回狙う場所は、とあるポイント。小さな水草の葉で覆われた場所です。水草の合間には、少々、隙間が空いています。

 

そんな場所へ、ポカン釣りの要領でフロッグを送り込み「ポチャン、ポチャン」と水音を立て、カエル特有のポーズを取りながら、ナマズにルアーの居所を伝えます。

 

最近、特に思うことですが、ラバースカートのあのヒラヒラ。

あれって、かなり優れもの。単なる飾りではないんですね。

ゆらゆらと水の加減で動き、ナマズの食の琴線に触れているのは確かなようです。

長く使っていくうちに、スカートをつけている、つけていないで、ルアーに対するナマズの感度が違ってくることを実感しています。

 

さて、そんな具合ですが、しょっぱなから、バイトのオンパレード。

どうやらルアーの繰り出す「音」と、カエルのシルエットがナマズの「食」の琴線に触れたようです。

manamazu1

manamazu2

manamazu3

manamazu4

 

manamazu6

manamazu7

manamazu8

manamazu9

manamazu10

manamazu11

フロッグは、フッキング率が極めて低いと言われるものの、スモールサイズのフロッグを使用すれば、丸呑みする分、フッキング率が若干上がる気がします。

 

ただ陸に上げた途端にルアーが何度もポロリと口から外れるケースがあったので、しっかりフッキングするのは、ナマズのコンディションとフッキングのタイミング、この二つが同時にうまく、かけ合わさった時のようです。

 

前の記事でも書いていますが、台風による気圧の変化は、ナマズの活性が軒並み上がります。フッキングミスを穴埋めするくらい、ストライク率を上げるなら、こういった日を選ぶといいかもしれませんね。

 

~Next  Time~

カバーの釣りに少々、くたびれたのもあって、次は、オープンウォーターへ移動。

自作ルアーは、ただただ引くだけのオートマチックルアー。

 

manamazu12

manamazu13

わすが2キャストで2キャッチ。

う~ん

こんなに簡単に釣れてしまうと、カバーなんて敢えて難しい釣りしなくてもいいんじゃないの?  と言われそうですが、

 

それでも、カバーゲームには、釣り人を虜にしてやまない魅力があると思うんです。

DSCF4833

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

 

ミニ・フロッグによるポカン釣り

a0001_011361_m

今年も田ぼに水が入り、田植えが始まりました。

 

フィールドに立つと、田ぼの至るところでカエルの鳴き声が大音声で聞こえて参ります。

 

この時期、田ぼのカエルが、ナマズの主食と言っても、おかしくはないくらい、沢山のカエルたちが、おたまじゃくしから卒業して、水路や河川へと旅だって行く。

 

さて、そんなカエルですが、ナマズ釣りでは、昔から「ポカン釣り」と言われる釣法があります。

 

ナマズのその貪欲な性質を利用した「ぽかん釣り」は、その昔、多摩川の中・下流の支流や農業用水路などで,ナマズの生息している水域で行った漁法だと伝えられています。

 

カエルの足に釣り糸を結び、そのまま針は尻から背中にかけて通し、水面をカエルが跳ね泳ぐように、ポチャン、ポチャンと音を立てて誘う釣り。

 

img345

釣りキチ三平の「ペンペン釣りとポカン釣り」でも、この釣り方が紹介されています。

 

けれども、今の時代、ルアーという便利なものがありますから、わざわざ生き物を捕まえて「ポカン釣り」をするのはナンセンス。

 

殺生をしてまで、釣りを楽しむには、ちとカエルには気の毒のような気がします。

 

もともと、雷魚やバス釣りなどに使われるフロッグ。ウィードポケットやブッシュの奥に潜むターゲットを狙うために開発されたものなので、フックが上向きで、ほぼどれもがウィードレス仕様。

 

捕食ベタなナマズには、通常のサイズで、且つフックが標準仕様のものはミスバイトが多く、総じてナマズ釣りには向いていない。

 

ノーマルタイプで使用するなら、口に収まる小サイズが断然いい。

 

そんなことで、アマガエルくらいのサイズで、カエルの疑似餌ルアーはないかと、釣り具屋で、いろいろ商品を物色していたら…。

 

ひとくちサイズがありました。

DSCF5315

Lure       GELLOG                全長:約4㎝

 

ポカン釣りは、古くから伝わる漁法であり、ナマズの習性を利用したナマズ釣り最強のメソッド。

 

次の釣行では、田んぼの水路を中心に、このルアーを使った、このポカン釣りを紹介したいと思います。

 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

 
 

カバーゲーム

DSCF4871

今回は、ナマズではなく、雷魚の新規ポイントを開拓すべく、あちこちとクリークを中心に回りました。

 

DSCF4868

DSCF4836

DSCF4833

 

カバーに覆われたクリークは、ルアーマンにとっては、もう最高のロケーションです。

 

 

今日は、釣れなくても本望!

 

 

そんな気持ちで、最初はやっていたんですけど…。

 

 

やっぱり欲が出てきて…

 

DSCF4857

 

DSCF4858

DSCF4850

 

いい感じのサイズが釣れました♪

 

ナマズが釣れるルアー 其の六

DSCF3146REBEL  Buzz’n Frog  T4 グリーン ブルフロッグ14.0g 6.35cm

 

鯰釣りというのは、身近な川で手軽に楽しめるという面白さから、近年脚光を浴びることになった訳ですが、はじめた人はよくご存知の事のことでしょうが、特にナマズのルアー釣りにおいては、時にフッキングに持ち込む為にずいぶんと骨が折れるケースに出くわすことがあります。

捕食が下手なナマズを釣り上げるのは、思ったより、難しい反面もあることが次第にわかってくる。

 

そんな事から、いかにして上手くフッキングに持ち込めるか、アングラーは、ルアーに様々なチューニングを施しながら工夫を凝らし、万全の体制で事に望むことになる訳ですが、私と同じようにアングラーの中には、数を釣り上げるよりも、むしろ苦心しながら、自分の腕に自信をつけたいが為に敢えてハードルを上げる人もいる。釣れにくいルアーをわざわざ選び苦労の中の一匹に価値を見出すのが、面白い場合もある。

 

「ナマズが釣れるルアー」として、ここでこのルアーを取り上げるのは、これからナマズ釣りをされる方には、いささか気が引けるものだが、そのうち興味が湧いてきたら、ここで紹介するような類のルアーを使ってみられると、その意味合いがきっと分かってくるような気がしている。

 

さて、ルアーには、バズベイトというものがあるが、このバズ(buzz)とは、英語で騒音という意味がある。

通常のバズベイトはプロペラを水面で回し、水をバシャバシャさせると同時にプロペラの金属音を出しながら泳ぎます。

 

そのバズベイト風にアレンジして、ボディの半分がプロペラとなっているユニークな形が、この、レーベル社のバズンフロッグ。

音でアピールするルアーのため、雨が降っているときや、濁りが強いときのように周りの音よりも目立たせたい状況の時に使うと効果的であり、音で広い範囲から引き寄せます。

 

ただ、そうは言っても、純正のままではとにかく乗らない。

 

激しいバイトはある…。でもフッキングしない…

 

この図式が無限ループのように続く。これではストレスが溜まる。居たたまれずフックに独自のチューニングを施し、フック位置の長さの調整を何度も手を加えることによって乗せられるようになった。

DSCF3165

この一匹に価値を見出す!     苦労が報われる瞬間です。

相違工夫の過程の中にもまた、人々を魅了する釣りの面白さがあるような気がします。

 

バズンフロッグ 其ノ弐


さて、前回に引き続き、バズンフロッグの釣行です。このバズンフロッグは、カエルの下半身が、そのままバズベイトの作りになっているという不思議なルアー。

 

バズベイトなら、餌とは似ても似つかぬ形ゆえ、ナマズを怒らせてリアクションバイトを誘う釣りになるのでしょうが、このルアーは、容姿がカエルですからね。

喰わせたいのか、怒らせたいのかよく分からないルアー(笑) でもまぁ、スイッシュ音で魚を誘うのが本命なのでしょう

 

さて今回は、那珂川ではなく、粕屋郡にある某河川を狙いました。粕屋郡と言えば、那珂川同様、釣れそうで釣れない場所が多いですね。

でも見つけましたよ。釣れるところを。

 

時期的にもだんだん活性が上がってきているせいか、ここでも水面をかき回すバズンフロッグに好反応。

水面下にもじりが出てきたと思ったら、『バッフッ!!! 』って感じで、14gあるルアーを喰いつく際に、ルアーを水面高く何度も跳ねあげました。

 

狭い場所というのは、1匹出るとダメですね。取り込みまで激しい音を立てて暴れるもんですから、他のナマズが警戒してしまい後が続かない。
ですから、次の場所へすぐに移動。

 

そんな感じで、昨日は、バズンフロッグで何とか3匹ゲット。

 

このルアーは、途中経過ですが使った感じは、正直ミスバイトが多いので、よく釣れるとは言い難い。ただ反応はそこそこあるので、広い範囲で鯰を探し出すためのサーチルアーとして使う方が使い勝手はいいかもしれません。

 

今月まで、バズンフロッグ縛りなので、もう少し頑張ってみたいと思います(笑)

 

 

レーベル バズンフロッグ

REBEL  Buzz’n Frog  T4 グリーン ブルフロッグ14.0g 6.35cm


鯰釣りというと、とにかく数が釣れりゃいいんだよ! という人もいれば、オールドルアーや珍しいタックル、リールなどをたくさん揃えて、コレクションにすることを楽しみという人もいたり、或いはルアーを改造したり、はたまた、ハンドクラフトでナマズを狙うのが楽しいと思われる人がいたり…。

人によって、単純にナマズ釣りといっても、その動機はさまざまなようです。

 

私個人としては、ハンドメイドが一番面白いと思っていますが、何分、もともと凝り性な性分なので、やり出すと止まらない。今では手っとり早く、いろいろな既製品のルアーをチューニングしながら、試し釣りをやる中でナマズの習性を観察したりする、そんな過程を楽しむ方が今の生活リズムにあっているような感じがします。

 

さて最近、いろいろなルアーを使ってナマズ釣りを楽しんでおりますが、先日、ブログとツイッターでいつも楽しくお付き合いをさせて頂いているNaokingさんのツイッターを見たら、バズンフロッグでナマズを狙うとつぶやかれていました。

バズンフロッグ。

レーベル社は、レーベルミノーでよく知られていますが、トップウォーターでは、こんなものも作っています。

昔からバス釣りをされている方には、懐かしいルアーでしょうが、ナマズ釣りとなるとどうなんでしょうね。ナマズはカエルが好みですけど、このルアーで、ナマズを釣った人を見たことがない。

 

ですから丁度、自分もこれで、ひとつナマズ狙ってみようと思っていたところでしたので、おぉ! やっぱり鯰人は、考えることが一緒なんだなって、思わず頬がほころんでしまいました(笑)

 

Naokingさんのブログをいつも拝見させて頂いておりますが、あたり前に釣るのではなく、その一匹に価値を見出して、「今」を楽しんでおられる様子がヒシヒシと伝わって参ります。そんな訳で、まだお会いしたことはありませんが、同じ臭いがして!? (笑) とても親近感が湧いております。

 

そこで、あまり人と同じことはやりたくない主義の天邪鬼の私ですが、このカエル使用で遅ればせながら、いろいろなルアーでナマズを釣る!という同じ目的を持った 『同志』 としばらくはバズンフロッグ縛りでナマズを狙うことに。

 

でも先に釣られちゃった(笑)

 

このルアーは、カエルをイミテートしたバスベイト。
足の部分がくるくる回り水をかき回します。
通常バズベイトは、リトリーブ停止と共に潜行を始めるけれど、このバズンフロッグは水面でポーズが出来る。

 

バズベイトと同じただ巻きの使い方の他に、数秒ステイさせた後にジャークすればカエルが飛び跳ねた時のようなアクションをさせる事も可能。

ただ、そうは言ってもナマズはフッキングさせるのが難しい魚。

いろいろナマズ仕様に変えないと、そのままでは使えないので、若干チューニングを施して、出撃して参りました。

 

今回は、釣行先は、久々の那珂川。

 

広々としたオープンウォーターでの釣り。こういったオープンな所では、雨が降っていない日は、ナマズは岸際のアシ付近についていることも多い。

 

今回、岸際の草の際を中心に徒歩で4キロほど歩きました。最近、夜はめっきり涼しくなりましたから、歩くのもあまり苦にならなくなりました。

 

ストップ&ゴーの繰り返しで狙います。

草の茂みから「バフッ!!!」突如として激しいバイト!


まずは、50後半クラスで際先のいいスタートです。
それから、続けて3バラシを喰らった。うちひとつは、草の中に逃げ込まれラインが絡まってアウト。


そしてその後、40cmサイズの小ナマズ2匹追加。ボウズは免れました。

バイトはあったので、もうしばらく、いろんなポイントで使ってみて、バラしが少なくなるようチューニングを研究してみようと思います。

ルアーでポカン釣り


ナマズと言えば、ポカン釣りがよく知られています。その貪欲な性質を利用した「ぽかん釣り」は、その昔、多摩川の中・下流の支流や農業用水路などで,ナマズの生息している水域で行った漁法だと言われています。

 

ぽかん釣りでは小型のカエルを釣り餌として、片足から吊り下げる形で釣り針に通して付け、水面で上下に動かすことでナマズを誘う釣法。

私も昔、実際のカエルを使用してみたことがありますが、水面をポチャンポチャンと叩いていると、勢いよくナマズが食らいつく様を体験して、最初は大変驚きました。
釣りキチ三平でも「ペンペン釣りとポカン釣り」第84話でも紹介してありますが、ナマズは音にとても敏感で、ポカン釣りは、マンガにも描いてある通り、かなりナマズ効果のある釣法であることを子供の頃に知りました。

 

でも、昔と違って今では、無益な殺生をせずに、ルアーというもので生き餌の代用は充分できますから、実際の釣行ではそれを使います。
使用ルアーは、カエルの形をしたタイニーフラッパー。

 

このルアーは、純正のまま使うと、シングルフックという点とフックがウィードレスで上向きの為、フッキング率が極めて低く、食べるのが下手なナマズには、このままでは非常に乗りが悪いという欠点があります。

 

でもバイトの方は、結構あるので使わないのは勿体ない気が…。
そんな理由を解消する為に、少しだけチューニングをこころみてみました

このルアーには、中に金属板があってシングルフックが溶接固定されています。この部分を取り除き、海釣りに使うシンプルな天秤を代わりに使います。

使用する天秤は、余分な部分を切り取ることで、丁度よい寸法になり、ルアーの中にすっきり収まります。

フックは、今回トリプルフックを使用。
サルカンにスプリットリング、そしてフックを付けて完成。


今回のナマズ釣りのポイントは堰下。

堰下に、ルアーを落し、ちょんちょんと音を立てながら、水面に波紋をつくるようにやっていると…

ナマズが近寄ってきて、「バックリ」。1分内で2匹ゲット!

最近思いますが、ポカン釣りというものは、ナマズの性質を上手く利用した、とても利に叶った釣法だと思います。

一点集中でポイントを狙い、ナマズを誘い出すという楽しさがそこにあります。

ナマズゲーム2  冬は近し

さて、前回、発見したナマズが沢山いる池。入れ食い状態が続き、久々に楽しいひとときを満喫したのでありました。しかし、あまり根詰めて通うと釣れなくなる可能性もあるので、しばらくこのポイントを休ませておりましたが、もうそろそろいい頃かな!?

という事で早速出かけてみたのであります。ここ数日、とても肌寒く、はたして思うような釣果を期待できるかどうか…。
土手の上から、しばらく池を眺めていると、いる!!  いる!!
大き目のナマズが一匹♪

肉眼でもはっきりナマズが確認できます♪ 岸に寄ってきています。体をかがめて、ゆっ~くりとルアーをキャスティング。ナマズの目前にトップを落としてやると、「バフッ」と一飲み!!
きた~っ!!   よっしゃ~っ!!   グイグイと引っ張ってくれます。水面まじかで体をくねらせながら抵抗し続けています。カバーに絡まないよう慎重に且つ、一気に引き上げた。

70㎝に少し足らないが、中々のサイズです♪ その後、もう一匹60㎝クラスがヒット!!
しかしその後はピタリとなくなった。
夕方は、極端に寒くて、鼻もズルズル。かなりヤバイ。

少しづつ近づいてくる冬の気配…。

今期までに何とか80㎝オーバーのナマズを目指したいところ。

時間との戦いです。

←ヒットルアーはこれ!!  スミス K.O.Zポッパー

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村