「カバー」タグアーカイブ

思い描いている間が一番面白い

DSCF2347

先日行ったクリークで再び雷魚釣り。

 

80くらいのやつを立て続けに2本もバラす。

 

で、釣れたのがコレ。

 

DSCF5281

次は、絶対にデカイの仕留めたる!

 

 

 

どんな釣りもそうだけど、逃した魚は大きい。

 

 

 

だから

 

 

釣るためにはどうすればいいのか。

 

 

みんな創意工夫をしながら、次回の釣りに頭を巡らす。

 

 

やっぱり釣りって、どんな釣りでもそうだけど

 

 

ターゲットを釣り上げることを思い描いている間が一番楽しいんですよね。

 

 
 
 
 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
 

道具について

DSCF3497

私のブログでは、以前から100均ルアーを使って、ナマズを釣る記事を書いています。

 

まぁこれは、お店やメーカーなんかの売る側の戦略もあるんでしょうが、1個1000円以上するルアーは、これからナマズ釣りをされる方には、ロストすることも考えると、少々、値が張る買い物だと思っていたからです。

 

ルアーは、ある程度、価格が高くなければ、性能が劣っていたり、なかなか思うように釣れないのではないかという一般イメージが強い気が致します。

 

ですから、そんなイメージを払拭する為に、100円だって、十分釣れることをブログで紹介してきたんですけど…。

 

 

実は最近、この100均ルアーに雷魚がアタックするケースに出くわしました。

 

 

やっぱり、ナマズくらいだったら、どうにかなるんですが、雷魚になると、パワーがワンランク上がってしまうので、絶対無理とは言い切れませんが、100均ルアーではかなり厳しいものがあります。

 

・まず100均のフックでは耐えきれない。

 

・魚の重量に耐えきれず、リグが外れてしまう。

 

大型のシーバスなども、100均ルアーで十分釣れているじゃないかと言われそうですが…。

 

DSCF3961

これは、そもそもシチュエーションが違いすぎます。雷魚は、カバーなどのストラクチャーについていることが多く、時には、大量に体に巻きついた水草などと一緒に、一気に引き上げることがあります。

 

 

一端、このような場所に潜り込んだ魚を、短時間で手元まで手繰り寄せるには、相当なパワーを持ったタックルが必要です。

 

 

それに加え、これが1番大きなところですが

 

・ライギョは、フロッグで釣るという暗黙のルールがある。(無論、全てのアングラーではありませんが)

 

 

 

やはりルアー釣りというものは、時として、ルアーやタックル、ラインなどそれなりの強度を持ったものでないと、バラしてしまうどころか、ルアーを口に咥えたまま、魚にダメージを与えてしまい、時には死に至らしめるケースを誘発させてしまいます。

 

近年では、ロッドに関して言えば、ターゲットに合わせた専用のものが各メーカーから続々と発売されているが、リールは、汎用性のあるものなので、専用的なものとなると極々少ない。

 

私はよくスピンキャストを使ってやっていますが、これは軽量ルアーを投げるのにはかなり使い勝手がいい。それにかなりよく飛ぶ。

 

DSCF3589

ただ、パワーがそこまで大きくないので、高低差のない場所で、60クラスのナマズなら、難なくこなしてくれますが、やはり、それ以上の大型のナマズや雷魚をメインで狙うのであれば、これではやはり荷が重い。

 

ですから、ブログ中で紹介している100均ルアーは、あくまでも一般的なナマズ釣りにおけるルアー選択肢のひとつとして紹介しているので、

 

特に、大型のナマズが生息する場所や雷魚に関しては、このような点を踏まえ、それに似合う専用のルアーや道具で臨んで欲しいと思っています。

 

DSCF4834

 

カバーゲーム

DSCF4871

今回は、ナマズではなく、雷魚の新規ポイントを開拓すべく、あちこちとクリークを中心に回りました。

 

DSCF4868

DSCF4836

DSCF4833

 

カバーに覆われたクリークは、ルアーマンにとっては、もう最高のロケーションです。

 

 

今日は、釣れなくても本望!

 

 

そんな気持ちで、最初はやっていたんですけど…。

 

 

やっぱり欲が出てきて…

 

DSCF4857

 

DSCF4858

DSCF4850

 

いい感じのサイズが釣れました♪

 

ナマズ釣り 桜の季節 

本日の福岡の気温は、17℃。 早いもので、明日から、もう4月に突入。
桜の花が五分咲きとなり、ここ筑紫野市のあちらこちらで、綺麗な花を咲かせ、道行く人々の目を楽しませています。rakuchara_19.gif

今日は、仕事が早く終わったので、早速、釣り具を用意して出撃開始。bou_29.gif

今回は、固定の場所以外に、更にいくつもの好ポイントを開拓する為に、地図を片手に車を走らせました。

しばらく行くと、アシなどの植物が生えるポイントを発見。橋の上から見下ろすと鯉がたくさん生息している様子。

あちらこちらに、波紋が広がり、大きな鯉が跳ねまわっています。
魚影も濃そう。

音を立てずにゆっくり水辺に近づいたつもりが、「ドテッ!!」枯れ草に足が取られ大きな音を立ててしまった。俺はじいさんか…(笑)

コイが慌てて逃げ回ったせいか、ご覧のように一気に水を濁らせてしまう。

お目当てのナマズは、普段は、比較的浅い所に多く生息します。
水深の基準は股下程度が良好。

中央には、植物が生えて中州を形成しているので、ここは間違いなく好スポットなのだ。

倒木や障害物は、ナマズポイントの定石で、高い確率でついている筈。

これらのゾーンを丹念にトレース。3投目でバシュー!!
しか~し、足元付近でバレる…。

そして、10投目くらいで、バシュー!!  やっと来ました!!

読み通り、50cmサイズのナマズをゲット。以外に引きが強く、グイグイ引きまくった。なかなか活きがいいねぇ~!
きっとエビや小魚などの餌が豊富にあるからなのだろう。

この日、2時間程度で、捕食音は、けっこうありました。まずまずです。

今回のヒットルアーは、ジョイントジッーバグ・ナマズリミテッド。
この河川は、かなり長い距離があるので、まだまだ開拓の余地ありです。

今年のナマズゲーム、ますます面白くなりそうな予感♪

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

春 鯰釣りのポイント

河川敷きを色鮮やかな黄色い菜の花が埋め尽くすこの季節。
冬を越し、魚たちが動きはじめる春。そろそろハイシーズン間近か。

ここは、大型河川へと注ぎこむ比較的、小さな河川ですが、毎年40~50㎝サイズの鯰がよくでました。

例年、この時期になるとコイやフナが顔を覗かせ、水面には魚の動きによっていくつもの波紋が見られます。

ここのナマズは、ストラクチャーとなっている水草やアシ、壁の隅に隠れているが、やはり肉眼では確認できません。


夕暮れ時にキャストして初めて、ナマズの生息がはっきりと確認できます。

水草のまわり。

アシのきわ。

水門からの流れ込み周辺などなど。

特に、川の蛇行の内側は、流れが緩くなりやすい。

更に、上流から下流に段差などがあると、その手前で進路を阻まれたナマズが、その周辺にある障害物などにたまる。

同時にエサとなる小魚もドン付きにたまりやすくい。ナマズがついてる可能性が非常に高い。

鯰は、回遊性が強いと言われている。冬場は下流域で越冬し、春とともに上流へ向かう。特に移動中の春と秋は、魚が溜まるスポットを見つけることで、連続ヒットを味わうことができる。

いったいどこで釣れるの?なんて聞くだけやぼです。なぜなら自分のポイントを探し出すことが、ナマズ釣りの醍醐味。

自分で開拓するから面白い!!


沖縄を除く、日本全国に生息するマナマズ。ぜひ身近な所で楽しみを見つけてみてはいかがでしょう。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

新春 ナマズ釣り

2011年になりました。正月の休みの間は、福岡は、ほとんど雪か雨の悪天候に見舞われ、積雪によって、山間や田んぼでは、あちらこちらと銀世界。例年よりもずいぶんと寒い季節になりました。

積雪の為、ナマズを釣りにいくタイミングがつかめません。
ほんとうに、マグレを期待するしかない! と冗談とは言い切れないくらいに、真冬の釣りは厳しい。
釣果もさることながら、寒さで体もかじかみ、心が先に折れてしまう。

しかし、その厳しい状況の中で得られる、一匹の成果は喜びもひとしお。
辛うじて晴天の日があったので、がんばって出撃しました。
久々に、ステテコ履いた(笑)

実は、年末は、雪が降っていたので、近くを選んで宝満川へコイ釣りに行ったが、とにかく風が強すぎて、寒さのあまり短時間でギブアップ。
マジで寒すぎです!!

ナマズをルアーで釣るとなると、更に難しくなる。せっかく釣りに行くからには、何とか釣り上げたい!! 狙うべき場所を考え、釣果的に脈のある農業用貯水池に決めた。

昨年夏に見つけて、70匹以上釣り上げた実績のある自称「なまず池」を頼りに新春の初ナマズを拝みに出かけた。

現地に到着した途端に、雪が降ってきた。筑紫野市内は、山からの吹き下りる風が冷たく、福岡市内に比べて、とにかく雪がよく積もる。帰りの心配をしなければならないくらいに降り出す。

路面凍結は恐ろしい。

あまり時間はない…。

到着してすぐに、水があまり動かず、温度変化のない場所でじっとしていて、北風や北西風を受けにくい場所。この風を避けることのできるナマズのいる場所を探してみた。
ここの池は、ワンド状の地形なので、北岸、風の影響のないポイントが狙い目だと思い、あちこち歩き回らず、ポイントを一本に絞ってキャスト。

ナマズの拠り所となるカバーを中心に、岩、倒木、テトラ、ブッシュ、枯れた水生植物などに付いていると信じて、ただひたすらキャスティングを続けた。

ゆっくりゆっくりと巻きながら…。

水面にモワッとした動き…。なんかいる…。

バフッ!! やっときました。

しかし、その後、鼻はズルズル、体の体調悪化。

ほんとの寝正月…。その代償は大きかった…。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ライギョ Game

水流が無いか緩やかで、ハスなどの水生植物が生い茂った水域に好んで生息するライギョ。

湖・沼・池・河川の中下流域などに多く生息する朝や夕方の薄暗い時間帯、または水が濁っている時に活発に活動する。食性は基本的に魚食性だが、他にも甲殻類、昆虫類、カエルなど水生動物のほかときには水鳥の雛やネズミなどの小動物など幅広く捕食する。

水底にじっと潜み、水中や水面を通りかかる獲物に飛びかかる。多くの文献等ではその姿形から獰猛というイメージもあるが、警戒心が強く臆病な面もある。雷魚の名の由来は、悪天候時に行動することから「雷を呼ぶ」と見られたからとも、獰猛な捕食行動が「雷が鳴るまでくわえた獲物を離さない」と見られたからともいわれる。

繁殖時には親が卵や稚魚を保護する。種によっては産卵の際に水草などを集めて巣を作るもの、卵や稚魚を口内で保護するものなどもいる(マウスブルーダー)。水草で巣を作る種類は水草がないと繁殖出来ないため、治水工事などで開発が進んで減少している地域もある。

日本にはカムルチー、タイワンドジョウ、コウタイの3種が分布する。これらはもともと東アジアに分布し、日本には人為的に導入された外来種である。ライギョは特にカムルチーとタイワンドジョウを指す呼称として用いられ、他にライヒー、タイワンなどとも呼ばれる。

導入当時には「チョウセンナマズ」とも呼ばれた。21世紀初頭の時点では、タイワンドジョウとコウタイは移入された区域からそれほど広範には広がっていない。(wikipedia 抜粋)

最近は、護岸工事などで激減しているライギョ。この辺りで釣れる場所も限られてくる。

カバーにびっしりと覆われた河川や池を見ると、なぜかワクワクした感じになるのは、ルアーマンなら誰しも体験すること。

ハードカバーで雷魚を釣る映像ってほんとたまりませんね。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズゲーム ヒートアップ!!


最近まで、宝満川を中心に釣りをしていたけれど、川の水位が1m以上下がり、まったく釣りにならなくなった。代わりに筑紫郡のダムや池を中心に探していましたが、大野城市にある牛頸ダムなどは、相変わらず釣り人が多くて落ち着かない。又、付近の池も、人はいないが魚が釣れない…。

 

そういった理由で、「人が知らない釣れるポイント」を探し求めて、地図を片手に付近をくまなく探しておりました。そしてやっと隣接する町にひっそりと佇む、人目につかないポイントを見つたのであります!!

池の全面を蓮が覆い、周りは木々に囲まれ、静かに楽しむことができる絶好のポイントです。
そして、この日、首を長~くして待ちわびていましたが、とうとうデカイやつがヒットしました。

久々に70㎝クラスのナマズです。ヒットルアーは、スミスの2010年発売のポッパー型フロッグ。K.O.Zポッパー。アシが生えた浅瀬の足元付近できました。陸に上げ、撮影しやすい場所に移動中にフックが外れ、証拠写真がとれなかったが残念でしたが、中々のファイトぶりでした。

写真は、次にヒットした60㎝クラスです。餌になる小魚やエビなんかも豊富に生息しているせいか丸々と太り、結構なウェイト。その後もナマズ特有のバキューム音が静かな池に鳴り響き、次々に猛烈バイト炸裂!!

うっひゃ~!!   まさに入れ食い状態。久々の感動を味わえたのであります!!
ここは、釣り人が足を踏み入れた様子はまったくないようなので、大物狙いにまだまだ期待ができそうです♪

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村