「キャタピー」タグアーカイブ

ナマズ釣り 田舎へ行く!の巻

今日は、1時間ほど車を走らせ、田舎まちへ行ってきました。
ここは、田んぼや畑が果てしなく広がる田園地帯。
窓を開けて走らせる車の中にも、心地よい風が吹き抜けてくる。

青空の下では、鳥たちが賑やかにさえずり、真っ青な空には、白い雲が広がる。のどかな田園風景の中にいると、川の流れのようにゆっくりと時が流れて行くようです。この場所は、ナマズが生息するには、かなりいい環境。

今回の釣行は、時間が許す限り、この辺一帯を隈なく探索することに!

最初は、歩きながらアシの周辺を丹念に狙い、まずは、ちょっと太めの60cmがヒット

 

そしてお次は、ナマズが最もつくやすい一級スポットの堰&水門周辺!

どこのエリアに行っても、だいたいナマズがつく場所というのは決まっている。

人によっては、ポイント、ポイントって騒いでいる人もいるけど、ナマズは、何も特別な場所にしか生息していない訳でも何でもない。

住宅街に流れるドブ川だっているし、田んぼの用水路でも野池でもフナやコイがいるような場所なら、大抵ナマズも同じように生息している。あとは、ナマズのつきやすい堰や水門を積極的に狙えば、釣れやすいってだけのこと。

ナマズ釣りは、もっと気軽で簡単なもの。

私の先輩に、年間400匹以上のナマズを釣る人がいるけど、うまい人は、特定の場所に執着せず新規開拓を欠かさない。その方曰く、ナマズを釣る秘訣は、とにかく身近な所を歩いて、気になる所はどんどん撃つ!って事。

自分もそう教わって、季節の移り変わりを目で楽しみながら、ナマズ釣りを楽しんできた。

初めての人でも、そうやって続けていけば、そのうちきっと貴重な1匹に出会えるはずです☆

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズ釣り ルアーの選択

最近、ブログ検索の内容を見ると、「鯰釣りでどのようなルアーを選択したらよいか」という事で訪問されている方が見受けられます。

 

人それぞれ好みもありルアー選びも様々なので、一概には言えませんが、今回は、個人的にどのようなタイプのルアーを選択しているかを、つたないブログではありますが、初めての方にお伝えしたいと思います。
ナマズは、水の流れのある所や、水草や障害物によくついています。これらの場所に向けて、ルアーを投げてアタックしてくる場合は、だいたいその辺りが、その鯰の行動範囲のようです。

 

ナマズ釣り専門の方ならよくご存知だと思いますが、うまく、フッキングしない場合、もう一度、同じ場所にルアーを通すと、再び同じ箇所でアタックしてきます。

その日、フッキングに至らなくても、翌日、あるいは、数日後など時間を空けて、再度、同じ場所を通すと、大抵、また何らかの形で同じような反応があります。

 

つまり何度もバイト(鯰がルアーに喰いつく)してくることによって、その辺りがナマズの隠れ家になっているケースを垣間見ることができます。

 

季節の変わり目や大雨での増水や濁流の時は、移動していますが、大半は、一定期間、その場所についている事が多く、そこを見つけると勝負が早いのです。

以前からこのブログでも、紹介している、フローティングミノーやペンシルベイトは、堰や流れ込みなどのピンポイントを狙う場合、ルアーが鯰の鼻っ面にくると、狂ったように喰いついてきて、かなり有効です。

しかし、先ほど述べたように、ナマズが付いている場所が特定できないと、ミノーやペンシルでは、引き波やポップ音が出ない為、ルアー自体のアピール度が弱く、ラトルが入っていたとしても、離れているナマズをひき寄せる程の機能を持ち合わせていません。
ナマズの居場所が特定できない場合や分からない場合、やはり、ジッターバグ、キャタピーなどのカップ付きのルアーか或いは、バタピー、どんぐりマウスなど両脇にハネがついたルアーが有効です。(もちろんオールマイティなルアーなのでピンポイントでも使えます。)

 

 

 

 

 

 

 

鯰は目が悪く、ゼロではありませんが、色の識別や形があまり認識できないと言われています。獲物を狙う際は、皆さん、お馴染のあの口ヒゲを使って、振動をキャッチし居場所を特定しているようです。
上記のルアー軍は、リールを引くことによって、水面に引き波を起こし、音を立てるので、水面下にいる鯰にその波動が伝わり、反応します。

 

つまり音によって、獲物を捉えるナマズの習性を上手く利用したのが、上記のルアーなのです。

私の場合は、広範囲を探る場合は、上記のルアー軍を使用します。

 

 

 
反対に鯰がついている場所が特定できている場合は、ナマジーやミノー、ペンシルを使用。

その場所でナマズが主食とする餌をイメージしてロッドアクションを付けます。

それからフラホッパーは、橋の上から流れ込みに落してやると一発でかかるケースが一番多いルアー。

 

後方部のスカートが水流によってヒラヒラと揺れるのが、かなり効いているようです。

 

ジッターステッィクも流れ込みにはかなり効果的ですが、使いこなすにはコツがいるので、初めての方でポイントが特定できている場合は、今述べたタイプがおすすめです。
これによってかなり釣果UPを図りました。

 

ポイントの状況を把握して、ルアーの特徴を知り、その場その場で使い分けると、まったく釣れなかったのに、いきなり釣れ出すこともあり、劇的な釣果UPも望めます。

 

ここでは、人気のあるトップウォーターのみをちょっとだけ触れてみましたが、他にもワームやスピナーベイトなどのルアーもナマズには有効なので、表層、中層、底狙いと自分好みの釣り方をマスターされると更にナマズ釣りが楽しくなります。

 
 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
 

ナマズ釣り 梅雨


福岡も梅雨に入り、週末はどしゃぶりの豪雨…。

雨が降って、川が濁ってしまうと、まったく釣れそうにない気がしますよね。

でも、これは、雨量の程度にもよります。

今回は、雨の日のナマズ釣りを検証です。

写真でも分かる通り、川は、茶色に濁り、流れは速いのですが、フナやコイなどの魚は、ときどき元気に飛び跳ねております。

こういった状態だったら、間違いなくナマズもイケます。

ルアーは、キャタピー。できれば、スローに通すことのできるように、狙うスポットの上流側に立ち、下流に向かって投げたい所ですが、あんまり流れが速い場合は、対岸へ向けてキャストし、中央を横断するように、ゆっくり引きます。

流れがある時に、あまり強くラインを巻き取ると、水の抵抗でルアーが立ちあがってしまい、上手く動いてくれなくなります。

又、ナマズが追いついても、流れによって上手く乗せる事ができません。なので、とにかく、水の抵抗に負けない程度にゆっくり巻いていくのがベター。

写真(赤色)の所で、ヒットです。

堰から流れる水の音がうるさくて、バイト音が聞きづらいですが、ヒット時には、ナマズが水しぶきを上げることで目視でも確認できます。

少々の流れがあっても、間違いなくナマズは餌を求めて回遊しています。

ヒットさせるコツは、ときたま、ルアーを止めてあげます。雨の時だけに限りませんが、流れのある時は、巻きっぱなしより、この止めた時に喰いつくケースが多いので、食べるタイミングを与えてやると効果的です。

62cmのナマズ。

まだまだ続く梅雨時期。色々とナマズ釣りの対策を練りながら楽しむのもいいもんです。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村